いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

箕面の紅葉を子供と一緒に 紅葉シーズンの箕面の混雑は?カフェのおすすめは?

   

関西でも紅葉の名所として有名な箕面。
子供でも紅葉狩りをしやすい場所なので、ご家族でもお出かけはおすすめです。

紅葉シーズン中の混雑状況や、おすすめのカフェ情報など、まとめました。
是非、チェックしてみて下さいね。

スポンサードリンク

箕面の紅葉を子供と見に行こう!

箕面は大阪の北にある紅葉の名所です。

最寄りは阪急箕面駅。
箕面駅を出てすぐ滝道へと続く道があり、箕面の滝までは緩やかな坂道となっており、距離は約3キロ、大人で片道40分程度です。
箕面の駅前から滝道へは一般車は通行不可となっています。車で行く場合は、滝の上の大日駐車場に車を止めて、下に下って歩くか、箕面駅付近の駐車場に止めて滝道を歩くかのどちらかになります。
滝道は、道幅は割と広く、坂も緩やかなので、ベビーカーや車椅子でも行くことは出来ます。逆に、大日駐車場から滝へ降りる道は急でベビーカーや車椅子は無理、足が悪い場合も大変だと思います)

滝道まで行く途中に、昆虫館や、龍安寺というお寺と寺の前に広場があるので、子供はそこで遊ばすのも楽しいですよ。
昆虫館は、土日は塗り絵などの子供向けのイベントもしていますし、小さい子供でも楽しめる施設です。トイレも綺麗ですし、オムツ替えも出来ます。
3、4歳位の小さい子供でも、ここ位までの往復なら余裕。(地元の幼稚園児の遠足コースにもなっています)
途中に抱っこやおんぶは無理と言う場合は、ここで引き返すのもありかもしれません。
せっかく箕面に来たのだから、滝と紅葉の風景は是非見ておきたいと思いますが、往復の距離を途中でぐずりそうな場合は、ベビーカーを持参か抱っこは覚悟しておいた方が良いでしょう。箕面紅葉

紅葉シーズンの箕面の混雑は?

紅葉シーズンの箕面は混雑の程度はどの位でしょうか?

まず、駐車場ですが、滝の上の大日駐車場は紅葉シーズンの土日なら午前9時、平日なら午前11時頃までには停めておいた方がよいでしょう。
駅前の駐車場も午前中には埋まるので、出遅れてしまった場合は、阪急石橋、池田近辺に車を停めて電車で移動した方が良いかもしれません。

電車の混雑は、満員ですが、ぎゅうぎゅうになるほどではありません(休日は臨時電車も出ます)。
通勤電車に慣れているのであれば、十分「余裕」と感じる程度でしょう。

ゆったりと紅葉を見ながら滝道を歩くのも気持ちが良いので、個人的には電車利用がおすすめです。

スポンサードリンク

紅葉狩りの後に箕面でカフェのおすすめは?

紅葉狩りの後に、おすすめのカフェをご紹介します。

箕面駅と滝道の間にある店は、
橋本亭
カジカソウ
ゆずりは
山本珈琲店

が有名、カフェもランチも出来ます。
箕面駅よりなので、車で行って、滝の上の大日駐車場に車をおいた場合は逆方向になるので行くのは無理かもしれません。

個人的には、橋本亭は奥の座敷のカウンター席からは箕面川の紅葉が眺められ、おすすめです。
どの店も紅葉シーズンはとっても混むので、ランチやカフェタイムを避けて入店した方が良いでしょう。(山本珈琲店は席数が多いので、少しマシかも)

箕面駅付近には、飲食店もたくさんあります。
カフェですと、
フクロウカフェクルー
カフェサルンポワク
ミルフィーユ
アビエント

あたりがおすすめ。
ミルフィーユはケーキ屋、アビエントはパン屋で、イートインができるようになっています。

箕面駅から国道171へ向かう途中、市役所近くに
ル・グリニョタージュ
というケーキ屋さんがあります。こちらのケーキは絶品。ドリンクはポットサービスなのでお得です。ソファ席でとてもゆったりできますよ。
箕面駅から少しかかりますが、徒歩でもいける範囲です。

車の場合などは、ロマンチック街道へ抜けると飲食店も多いです。カフェならムッシュマキノがおすすめ。
また、箕面駅から東へ向かい、箕面キューズモールに行くと雪の下があります。
パンケーキの有名店ですが、大阪の扇町本店よりも店がゆったりとしていて雪の下唯一の子供入店可能店なので、こちらも人気です。箕面紅葉

まとめ

いかがでしたか?

スポンサードリンク

箕面の紅葉はアクセスも良く、子連れにはとてもおすすめですよ。
美しい秋の景色を是非、楽しんでくださいね。

 - 旅行・スポット ,