いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

インフルエンザ予防マスクの効果はあるのか?マスクの正しい選び方と使い方

   

インフルエンザの流行シーズンですね。
小さいお子さんがいたり、受験生がいる家庭は、家庭へのウィルスは持ち込みには注意したいところ。
インフルエンザに予防に関する、クマスクの効果、選び方や、正しい使い方をまとめました。
パパママ必見、家庭でするインフルエンザの予防法、チェックして下さいね。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防にマスクの効果は?

インフルエンザの予防に関して、マスクの効果の有無は意見が分かれるところです。
実際、マスクの効果はあるのか、調べたところ、、、

効果なしという理由
・ウィルスは小さく、マスクを透過してしまうので、予防効果はない
・正しい付け方(隙間なくつける)をすることは無理なので、効果はない

インフルエンザのウィルスの大きさが問題のようです。
ですが、

効果ありという理由
・感染者の飛沫(咳など)を防ぐ効果はある
・ウィルスは単体で浮遊しているしているのではなく、埃や花粉に付着しているため、防御できる(防御すべきウィルスが大きくなるため)
・意識せずに口や鼻に触れることがあるので、それを防ぐことができる。
・乾燥を防ぐ

空気中に浮遊している単体のウィルスを防ぐことはできなくても、だいたいは埃などに付着しており、さらに感染者と接触する場合は効果は高いと考えられています。

インフルエンザの予防は、マスクだけしていれば大丈夫という訳にはいかなくても、一定の予防効果は得られると考えられます。
感染者が増え接触する可能性が出る流行時期には、着用しておいた方が安です。インフルエンザマスク

インフルエンザ予防のマスクの選び方

インフルエンザ予防マスクは、種類も豊富で値段の様々です。
高い方が良いとは思いますが「使い捨てにこの値段・・・」と躊躇してしまします。

インフルエンザを予防する場合のマスクの選び方のポイントは
N95などのサージカルマスクが望ましい
・値段よりもサイズがあっているかどうか(立体マスク、プリーツ式になっているものがおすすめ

マスクは密着していないと効果がないので、使い捨ての不織布マスクであれば、あとはサイズがあっているかで選ぶのが大事です。
経済的に使い続けられるものを選びましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防マスクの使い方

インフルエンザのマスクは、基本的に外出の度に変えます。
通勤時(行き)、勤務中、通勤時(帰り)の3枚が基本

マスクはしっかりと密着させてつけるのが大事です。鼻と顎の下までしっかりと覆うようにつけましょう。

使用済みマスクの捨て方、保管の仕方にも注意が必要です。
使用済みマスクは密閉して捨てましょう。玄関に入ったら外してビニール袋に入れ、口を縛ってからゴミ袋へ。これで家庭にウィルスを持ち込みを防ぐことができます。
また、未使用のマスクもむき出しで保管せず、袋に入れて保管するようにしましょう。外出時は替えのマスクはジップロックなどの袋に入れ、捨てる用のビニール袋も一緒に持ち歩くようにしましょう。インフルエンザマスク

まとめ

正しくマスクを使っていれば、インフルエンザの予防には効果を発揮します。
流行拡大の前に、マスクは用意して置くと安心ですね。

スポンサードリンク

あわせて、うがい、手洗いもしっかりしてインフルエンザを乗り切って行きましょう。

 - 生活howto ,