いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

風邪の時に食事しないのはいいの?風邪に効くのは?胃腸にきた場合は?

      2015/11/01

風邪の季節です。
体調を崩していませんか??

風邪をひいてしまった時の食事、どうしようかなぁと悩む人も多いですよね?
風邪を早く治すためにどういった食事が良いのかまとめました。
看病している方、ぜひ必見ですよ。

スポンサードリンク

風邪の時に食事をしないのはいいの?

風邪をひいた時「少しでもいいから食べて」「なんでもいいから食べて」と食事を取らせる人は多いです。
病院で処方された薬がそもそも「食後」となっているため、何かしら食べてからじゃないと飲めない、というのも理由ですが・・・。

まず、今の体調不良がウイルス性の風邪の場合は、処方された薬(抗生物質)を飲んでもあまり意味がありません。
抗生物質とは、細菌に効果のある薬なので、感染症の際には効果を発しますが、ウイルス性の風邪には処方する必要もないのです。
ちなみに、ウイルス性の風邪にはインフルエンザも入ります。

ウイルス性の風邪の診断をされた場合、対処療法(薬も飲まず寝て治す)が一番体にも負担がかからず効果があります。
日本の医者は抗生物質の処方をしすぎと海外では評価されています。(患者側も症状をすぐに抑えたがり、薬を求めるのも原因ですが)
風邪をひいた時は、薬で症状を抑えずに、しっかりと症状を出し切るのがおすすめです。

では、風邪をひいた時の食事ですが「食事をしない」のはいいのでしょうか?
答えはOK。さらに言えばgoodです。
食事を消化するのは体のエネルギーを使います。
ウイルスを戦っている時にエネルギーを必要としている時に、無理に食事をして消化にエネルギーを使うのは逆効果
食欲がない場合はもちろん、風邪の時は食事はしない、もしくは消化の用意ものだけを口にしてしっかりと寝るようにしましょう。
(水分不足には気をつけて)風邪食事

風邪の時の食事で効くのは?

風邪に効く食事とはどういったものでしょう。
先述した通り、無理に食事を取る必要はありませんが、食べられるなら、消化がよくビタミンCが取れるものが良いでしょう。

・おかゆ
・煮込みうどん
・野菜スープ

などがおすすめ。

果物は体を冷やすので、取りすぎには注意しましょう(特に南国フルーツ、バナナなどはNG)。りんごを少量、もしくはすりおろして温めたりして食べるようにしましょう。

また、絶対おすすめしないのは、アイスクリーム、ゼリー、プリン、などの口当たりよく甘いスイーツ。
食べやすいからと、子供なんかには特に与えがちですが、糖分は体のミネラル分を奪います。
風邪でしんどいからと言って甘やかしは、風邪の治りを悪くさせるので逆効果。ここはしっかりと本当に体に良いものを選んで食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

風邪の時の食事胃腸にきた場合は?

風邪の時の食事で胃腸にきた時、ノロ、ロタなどの胃腸炎の場合は、脱水だけならないように気をつけて、食事は無理して取る必要はありません。
下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスが出切らないので飲まない方が良いです。
対処療法のみになりますが、ここでしっかりと体からウイルスを出し切りましょう。

少し食べれるようになってからは、消化のよいおかゆなどを少量ずつ取るのが良いです。
梅干しなども胃腸の働きを助けるので梅粥などはおすすめですね。

果物はりんごを温めたりしたものであれば良いですが、みかんなどの柑橘類はNGです。他、乳製品も胃腸の調子が悪い時は避けた方がよいです。風邪食事

まとめ

風邪の時の食事の基本は、無理して食べない。
食べれる時はお粥と少量の野菜。

我が家は風邪の後に食欲が戻ってきた時は、鍋をよくします。
温まりますし、お野菜もたっぷり食べられますからね。

甘いスイーツや、体を冷やす果物は、その時はお休みです。

スポンサードリンク

風邪は体のデトックス。しっかりと熱、ウイルスを出し切ると丈夫な体になります。
熱も丈夫な体を作るギフトと思ってしっかりとかかりきりましょう!

 - 生活howto ,