いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

風邪を治すための食事療法 喉の痛みを治すには?咳を止める方法

      2016/10/21

風邪がはやる時期になりました。
風邪を引いてしまっても、薬が飲めない、飲みたくないと言う妊婦さんや小さいお子さんにおすすめの食事療法による風邪の治し方をまとめました。

薬に頼らず、自然治癒力を引き出して風邪の対処をすると、どんどん体は強くなっていきますよ。
ぜひ、試してくださいね。

スポンサードリンク

風邪を治す食事療法

風邪を引いたら、まず食事は無理には取りません。
消化が体に負担をかけるので、基本的に寝て治します。

ですが、食物の力で自然治癒力を高めるために、食養生としての食事は取ります。
我が家の風邪を引いた時の基本対処は、、、

対処①大根湯を飲む

大根おろし(大根の上の方が良い)・・・山盛り大さじ3杯
生姜のすりおろし・・・大根の1割
しょうゆ・・・大さじ1
三年番茶・・・400ml
大根おろしとしょうがを器に入れ混ぜ、醤油を加えてから、沸騰した番茶を注ぐ。熱が高い時は全量、それほど高くない場合は半分を飲み干す。
解熱、発汗の作用があります。
高熱の場合は、飲んだあとに布団を頭からかぶって40分程くるまり、発汗を促します。

対処②大根とりんごのジュース

大根おろし・・・50ml
りんごジュース100%(できればストレートが良い)・・・100ml
混ぜ合わせて飲む。大根はビタミンcが逃げないように飲む直前にするのが良いです。
大根湯が飲めない場合や子供には、こちらを用意します。

対処③キャベツシップ

キャペツの葉をおでこに乗せる。ない場合は白菜、青菜類でも。冷却効果と解毒作用があり、冷えピタより断然気持ち良いです。
使ったキャベツは毒素を吸い込んでますので、食べれません。

 

まず、しっかり熱を出しきります。
熱が上がりきってから(手足が熱くなったかで判断しています、キャペツシップなどで熱を下げます。

我が家でやる風邪の時の食養生はこれが基本です。
私自身が寝込んでしまった場合は、残念ながら作ってくれる人がいないので(涙)、脱水予防をかねて、ストレートのりんごジュースに塩を入れて飲みます。

また、我が家はアロマも使いますが、
誰かが風邪を引いたら、
ティーツリー(免疫アップ、感染予防)
ラベンダー(解熱)
ユーカリ(咳止め)

をディフューザーで拡散するようにします。

回復力はそれぞれですが(6歳の長女が一番回復が早く1、2日、3歳は次女は熱は2日程ですが、完全回復までやや時間がかかり、常に寝不足の私は風邪を引く2、3日とやや長めです)、幼児2人の4人家族で、全員が風邪で倒れるということは今まで1度もないです。(上の子から下の子がもらうことは多いですが)
風邪を引いたら早めに治す、感染予防をしっかりとする、これができれば家庭内でも予防は十分できます。風邪治す食事

風邪の喉の痛みを治すには?

風邪の時、喉の痛みは辛いですよね。

薬以外で、風邪の喉の痛みを治す方法は

対処①黒豆の煮汁を飲む

鍋に黒豆1/4カップと水3〜4カップを入れて火にかけ、水が半量になるくらいまで煮詰める。小さじ1弱の塩を入れてから、煮汁を飲みます。1日150mlを2〜3回。
煮汁でうがいするのも効きます。

対処②生姜シップ

皮付きのまますりおろした生姜150g〜300gをガーゼなどの袋につつみます。大鍋に水を沸騰させ80度位まで冷まし、生姜を包んだ袋をつけながら生姜汁を絞り出し、そこにタオルを浸して絞り、幹部に温湿布としてはります。

 

個人的によくやるのは生姜シップ。痛みが和らぐので気持ちが良いです。

スポンサードリンク

風邪の咳を止める方法

熱などの症状は治まっても、咳だけ残ることはよくあります。

薬以外の咳を止める方法としては、簡単なのは玉ねぎを枕元に置くこと。
新鮮な玉ねぎを切って、枕元に置いておくだけなので、とても簡単です(部屋が玉ねぎくさくなりますが・・・)
咳には蓮根が効きます。
コーレンという蓮根の粉は自然食品店で売っているので、常備しておくと便利です。お湯にといて、葛湯や黒蜜を足して飲むと飲みやすいです。
また、梅干しの丸焼きをお湯に入れて飲むのも簡単で効果があります。

まとめ

スポンサードリンク

薬に頼らず、食事で風邪を治す方法はたくさんあります。
おばあちゃんの知恵袋ですね。
ですが、あなどるなかれ。
薬では治らなかったけど、飲んだら即効果があってびっくりしたと言う意見も多いです。ぜひ、試してみてくださいね。

 - 生活howto ,