いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

幼稚園お弁当箱アルミプラスチックステンレスおすすめは?サイズは?

      2016/10/20

幼稚園入園おめでとうございます。
入園準備でお弁当箱選びをしているママさん、素材やサイズ選びに迷っていませんか??

幼稚園で指定されることもありますが、どういった素材や形が使いやすいのか、さらに子供にとってちょうど良い量のお弁当箱選びは初めてだと結構悩みます。
買い替えてもいいしとも思いますが、意外と値段もするものなので、できれば長く使って欲しいし。。。
そんなママさんに、幼稚園児のお弁当箱の選び方のポイントをまとめました。
お買い物前にぜひ確認してくださいね。

スポンサードリンク

幼稚園のお弁当箱アルミ プラスチック ステンレスおすすめは?

幼稚園のお弁当箱選び、まず悩むのは素材ですよね。

お弁当箱の素材は、大きく3つに分かれます。
アルミ、プラスチック、ステンレス。

それぞれの特徴はこちら。

アルミ

保温庫がある幼稚園の場合、アルミ指定の園は多いです。
アルミは一般的に、軽く、熱や電気を伝えやすく、また細菌に強いので衛生的。(表面に酸化膜ができるので、自分でキズを修復し、酸やアルカリから守ります。)

プラスチック

軽く、値段的には3つの素材の中で一番安いです。また、種類も豊富。
熱には弱いので、保温庫に入れて温める場合は、不向きです。

ステンレス

軽くて、丈夫で衛生的。3つの素材の中で一番高い。

 

まず、アルミとプラスチックの違い見ていきましょう。
アルミは、軽くて衛生的です。
蓋はカパっとかぶせるタイプなので、幼児でも開け閉めが簡単です。(その分、汁物の場合、こぼれやすいので詰めるおかずには注意が必要。)

プラスチックは種類が豊富で、値段も安いです。
蓋は、パッキンタイプ、タッパータイプが主流で、汁物がこぼれにくいメリットはありますが、子供にとっては開け閉めが難しいので、練習しておくと良いでしょう。
(持って行く時はお母さんが閉めて汁物はこぼれなくても、食べた後にちゃんと閉めれず、蓋が開きっぱなしで汁がこぼれていたなんて場合も多い)
また、ゴムパッキン部分は汚れがたまりやすく、漂白をキチンとしないと不衛生になるので注意。

アルミのお弁当箱は長持ちします。
我が家は週1お弁当で、3年間使いました。
同じ使用頻度でも、プラスチックは1年位なので、長く使うならアルミがおすすめです。
ただし、サイズ選びに迷ったり、キャラクター重視で買い替えを予定しているなら、プラスチックを選ぶのも良いですね。
その時は、入園前に蓋の開閉の練習はしっかりとしておきましょう。幼稚園お弁当サイズ

幼稚園のお弁当箱アルミとステンレスどっちがおすすめ?

金属製のお弁当箱で、迷うのがアルミとステンレス。

この2つの素材の違いってなんなのでしょうか??

アルミは、ステンレスよりも熱伝導が高く、保温庫に入れた場合は早く中身まで温めることができます。
取り出した後はお弁当が冷えるのも早いので、火傷の心配が少ないです。
アルミは有害物質が溶け出すのが心配との声はありますが、アルミの融点は660度と高温なので、保温庫に入れたりする程度であれば問題はありません。
直接火にかける調理器具でなければ、心配する必要はないです。

この結果から、幼稚園児のお弁当箱として考えるなら、ステンレスよりもアルミが扱いやすいでしょう。

スポンサードリンク

幼稚園のお弁当箱サイズは?

幼稚園のお弁当、素材の次はサイズ選びに迷いますよね。

サイズの目安をまとめました。

幼稚園児のお弁当箱サイズ選び方
年少女の子、少食の場合 : 300ml前後
年中〜年長、食は普通 : 360ml
年長男の子、よく食べる : 450ml

慣れない環境での食事で、思ったより子供食事は進みません。

お弁当の量は、家での食事の7割程度にしておきましょう

年少さんや食が細い場合は、280ml位で良いでしょう。
360mlは年中頃でちょうどよく、年長になるとやや少なめといった感じになります。
我が子は年少から360mlを使っていましたが、1学期のはじめの数回は残したものの、その後は毎回完食していまいた。
年少のうちはあまり詰めないようにし、年長になるとぎゅうぎゅうに詰めてちょうど良い〜気持ち少なめ(別添えのデザートでカバー)な位でした。
よく食べる子は450mlがおすすめです。
友達の大きな男の子は、450mlでもデザート別だそうです。

量が足りなくなったら、買い替えても良いですが、お弁当箱にはおかずだけ入れておにぎりだけ別出しにしたりして長く使うこともできます。(保温庫の場合は無理かもしれませんが)
個人的には、我が子2人とも360mlで3年間使えたので、極端に食が細い子でなければ、360mlで3年間使えると思います。
食が細い場合は、280ml、よく食べる子なら450mlで、詰め方に工夫すれば同サイズ3年間使えますよ。

まとめ

スポンサードリンク

お弁当グッズ、細々と買い揃えると結構良い値段に・・・。
毎日とかじゃなければ、長く使えるものが良いですもんね。
記事を参考に、お子さんにあったお弁当箱を選んで下さいね。

 - 生活howto ,