いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

日焼け止め赤ちゃんには必要?赤ちゃんの紫外線対策 お出かけ時は?

   

赤ちゃん紫外線対策紫外線が気になる時期。
月齢の低い赤ちゃんの紫外線対策ってどこまでしたら良いのか気になっているママへ、0歳赤ちゃんの紫外線対策法をまとめました。

これってどうなの?の疑問、しっかりお答えしていますよ。

スポンサードリンク

日焼け止め赤ちゃんには絶対必要なの?

紫外線は年々強くなっていく昨今。
紫外線対策は赤ちゃんでも必須!!!
と言われているものの、どうしたら良いのか迷ってしまいますよね。

日焼け止めって塗った方がいいの?
塗るなら、どれ位の頻度でしたら良いのか?
肌に悪くないのかなぁ、、、など。

初めての育児なら、なおさら心配は尽きません。

赤ちゃんに日焼け止めは必要か?

答えは、低月齢特に半年以内であれば、不要です。
これは、紫外線対策が不要というわけではなく、歩き出す前の低月齢であれば、皮膚に塗って紫外線対策をしなくても、日よけや服などで紫外線対策が十分できるからです。
赤ちゃんに安心と謳っている日焼け止めクリームの中には、肌の弱い赤ちゃんにつけて良いとは言えない成分が驚くほど入っていることはザラ。
皮膚に負担をかける日焼け止めで紫外線対策をするよりも、他の方法で防止した方が赤ちゃんのためになります。
(赤ちゃんにも安心な日焼け止めに関しては、こちらを参考にしてください)

アウトドアなど特別な事態以外は、赤ちゃんの日焼け止めは必要なし。
赤ちゃんの紫外線対策は、基本的には日焼け止め以外の方法で行いましょう。

赤ちゃんの紫外線対策はどうする??

では、赤ちゃんの紫外線対策はどうした良いのでしょうか??
紫外線がきつい「午前10時から午後3時」の間の外出は控えるのが一番有効です。
夏は熱中症の心配もありますから、散歩は朝と夕方がおすすめです。

室内での紫外線については、よほど日差しが入るというわけでなければ気にしなくてもOK。
日差しがきつい場合は、レースの遮光カーテンで紫外線対策をすると良いでしょう。

とはいえ、日焼け止めは小さい子でも必要ですが、日光をあまり浴びないでいるとビタミンDを体で合成できなくなります。
ビタミンDはカルシウムの吸収に必要ですし、ビタミンDが不足すると、体の免疫力が下がります。
日本人は、世界的に見てもビタミンDが不足気味なのは、紫外線への過剰な対策が原因とも言われています。

あまり神経質になりすぎず、紫外線対策は適度にするという心がけが必要です。

スポンサードリンク

赤ちゃんのお出かけ時の紫外線対策は?

日差しの強い時間帯にお出かけする場合は、以下の方法での紫外線対策がおすすめです。

赤ちゃんとのお出かけする場合
・ベビーカーのサンシェードをつける
・UVカット効果のある帽子や長袖、レッグウォーマなどを着せる
・抱っこの時にはママが日傘を指す

ベビーカーのサンシェードは、これくらい大きいのがおすすめ。

横からの日差しもばっちり遮ります。
下から吹き抜ける風じゃなければ、強風でもめくり上がることは少ないです。

抱っこの時は、ママの紫外線対策もかねて日傘がおすすめ。
これは、かなり良いですよ。

紫外線をシャットアウトするので、さすだけでも涼しいので、真夏のお出かけも快適ですよ。

まとめ

赤ちゃんの紫外線対策は、基本的に低月齢の赤ちゃんには日焼け止めは不要、他の方法で行いましょう。
サンシェードや、日傘、UVカットの洋服などで十分です。

スポンサードリンク

また、神経質になりすぎずに、全て日光を遮ろうとするのも問題が出ますので、注意してくださいね。
何事も適度にするのが一番ですよ。

 - 生活howto ,