いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

足立花火大会2017年は?スポット場所取りは?屋台の場所は?

      2017/06/20

足立花火大会足立花火大会は、12000発の打ち上げと観客60万人となる、都内屈指の花火大会です。

都内外からも見に来る、隅田川や東京湾花火大会とは違って、落ち着いて見る事が出来る意外と穴場な花火大会なので、ゆっくりと見たいカップルやファミリーにお勧めです。

花火を見たいけど、混雑がすごいとちょっと、、、と躊躇してる方には、行きやすい花火大会と言えるでしょう。

今回は、足立花火大会の2017年情報、おすすめスポットをご紹介します

スポンサードリンク

足立花火大会2017年

足立花火大会2017年開催情報

開催日 2017年7月22日(土) ※隅田川の花火大会の1週間前の土曜日に開催されるよう2013年から変更になりました。
打ち上げ 19時30分~20時30分
場所 荒川河川敷 尾竹橋通り西新井橋から千代田線鉄橋間

足立花火大会スポット場所取りは?

足立花火大会の観覧スポットは、荒川の南側、北側に分けられます。

南側

東武・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住」より徒歩15分
日暮里・舎人ライナー「足立小台」から徒歩約25分

北側

東武「小管」・「五反野」・「梅島」から徒歩15分

会場は朝から場所取り可能です。
足立花火大会で比較的すいている穴場は、会場北側です。
・扇大橋・西新井駅間の河川敷
・梅島、西新井橋周辺

など。

こちらは、穴場と紹介され、公式HPでも空いていると紹介されていますが、いまだに空いておりお勧めです。場所取りは15時頃でもOK、場所にこだわらなければ16時以降でも座る場所を見つけることが可能です。

足立花火大会の会場南側、北千住側は、混雑するので、14時頃からの場所取りが良いでしょう。
この付近でも比較的すいているのは虹の広場付近です。

会場からは少し離れますが、南千住の汐入公園も静かに鑑賞することが出来ます。但し、ナイアガラなどは見えななります。

上記のお勧め場所は、駅から遠いので、空いているようです。また、大きな河川敷なのも、場所取りが楽な理由です。

スポンサードリンク

足立花火大会屋台の場所は?

足立花火大会では、屋台は沢山出ています。
北側の会場よりも、南側、北千住側より河川敷に向かって歩いていると沿道に沢山出ています。
また、付近の商店街でも屋台はもちろん、イベントも行っているので、立ち寄ってみるのもお勧めですよ。

足立花火大会で屋台を出店している商店街
【関原不動商店街】
梅島、西新井駅付近。多数の模擬店を出店

【柳原商栄会】
北千住駅、京成関屋駅、東武牛田駅徒歩10分。沖縄エイサーパレード、プレゼント抽選会など

【千住旭町商店街】
北千住駅付近、東口学園通り。先着でキラキラ(光る棒)をプレゼント。 北千住からの帰宅の場合、混雑を避けるために、花火後に寄って時間調整にも便利。

足立花火大会2017年は?スポット場所取り屋台まとめ

足立花火大会は、会場も広く、混雑の多い都内の花火大会にしては、穴場な花火大会と言えるでしょう。駅からは歩きますが、屋台も沢山出ているので、花火も夏祭りも楽しめて一石二鳥♪

ただ、去年は大雨でも決行しましたし、会場の河川敷は風が強く「夏なのに寒かった」と言う声もありますので、防寒対策として羽織れる物があると良いかもしれません。

スポンサードリンク

今年は、足立花火大会デビューしてみてはいかがですか?

 - イベント ,