いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

シミを消す方法簡単なスキンケアでお金をかけずに綺麗になる

   

シミ消す方法シミで悩んでいる方に。
とっても簡単なのに、気になるシミを消すことができるスキンケア方法。
びっくりするくらい綺麗になれますよ。

スポンサードリンク

シミを消す方法簡単にできて効果が高いのは?

シミを消す方法はお金がかかるものと思っていませんか?
そんなことはありません。

高いエステは不要。
日々できることでシミを消しましょう。

シミを消す方法① 睡眠

ゴールデンタイムの睡眠は肌に良いのは有名な話ですが、実践している人は結構少ないです。
しかし、どれだけ高い化粧品、エステをかけてもこの時間に寝てない人はシミ消しにの効果は望めません。
理想は9時就寝。
仕事などで難しい場合でも、せめて週に1度は9時に寝る習慣を取り入れましょう。
ちなみに、私はアラームやスケジュールに「寝る!!!」と入れています(笑)。

 

シミを消す方法② ブルーライトを避ける

紫外線がシミを作るのは周知の事実ですが、PC、スマホのブルーライトもシミに影響があることが昨今の研究で明らかに。
「紫外線よりも肌の奥まで届き、色素沈着を起こす」と、紫外線より影響は実は大きいこともわかってきました。
PC、スマホにブルーライトカットのフィルムを貼る、またスマホの使用はほどほどにするのも大切です。
特に就寝前2時間はPC、スマホ、TVは避けるようにすると、肌には絶大な効果があがります。
寝る前はスマホ、PCは2時間使用をやめる、ということを徹底した友人は、びっくりするくらい肌が綺麗になっていました。
睡眠と合わせると、下手な美容液やエステよりもはるかに効果が高いです。

 

シミを消す方法③ 食生活

体はあなたが食べたものからできています。
外から働きかけるよりも、食べるものを気をつけた方がシミを消すのは早いです。
シミを消すのに何かを食べるというよりもまずは「不要なものを食べない」というのが大事です。
美肌のために食べてはいけないもの
・インスタントフード全般
・ファーストフード
・スイーツ類

インスタントフードとはお湯を注いですぐできるというもの以外にも、◯◯の素などや、添加物が含まれている調味料類(めんつゆ、ソース類)なども含まれます。
お醤油、味噌は大豆と塩から出来ていますが、食品表示をみると、アミノ酸やらいろいろ含まれているなんちゃって醤油、味噌もスーパーに多く並んいます。
シンプルな製法でつくられた醤油や、味噌に変えるだけで、添加物の量は減らすことができます。
あれこれ全部変えるのは大変ですが、まず、調味料を無添加に変えることからはじめてみてはいかがでしょう?
また、お砂糖類は体のミネラル分を奪い、シミ、しわ、たるみの原因となり、肌を老化させます。
シミが気になるなら、控えた方が良いです。

美肌に良い食べ物
・旬の野菜
・体を温める食べ物
・発酵食品

旬の野菜は栄養価が高いです。ミネラル分を豊富なので、その時期の美味しい野菜をシンプルな調理法で食べましょう。
体を温める食事は、体の免疫力を高め、肌の機能も高めます。
生姜、根菜類をスープにするのがおすすめ。
また、発酵食品は日本古来のもの、味噌、ぬか漬け、塩麹、甘酒などがおすすめです。ヨーグルトも発酵食品ですが、基本的に日本人には乳製品は体質的に合わないので、肌のためにわざわざ取るのは不要。
ヨーグルトを食べるなら、お味噌汁を飲んだ方が効果が高いです。
朝には白湯を飲み、食事にはおたたかいお味噌汁に、ご飯(雑穀、玄米ご飯がなお良い)、少量のお漬物、という日本の食習慣が肌にも一番良いです。

 

この3つを気をつければ、濃いシミだっていつのまにか気にならなくなりますよ。


スポンサードリンク

シミを消すスキンケアのやり方

シミを消すには日々のスキンケアにも気をつけましょう。

日々のスキンケアで見直しが必要なのが、肌への刺激を与えていないかのチェック。
目の下の頬骨の高くなった部分に茶色いシミや赤みある場合は無意識のうちにこすっているので、タオルで顔をふくときやパッティング、また日常の頬杖などに注意しましょう。
また、ファンデーションをブラシでつけているという場合も注意。
ブラシでつけるパウダーファンデが流行ってから、肌トラブルを訴えて皮膚科へ通う人が増えたという話もあります。
ブラシメイクは肌に負担をかけるので、シミを消したいなら、ファンデのブラシ使いはやめた方が良いです。

シミを消すのにおすすめなのが、タオルスチーム。
血行、リンパの流れをよくするので、肌のトーンが上がり、シミを消すのにのも効果的です。
やり方は、

スチームタオルケアのやり方
①スチームタオル(レンジでチン、タオルを丸めて中心に50度前後のお湯を注ぎ、湿ったらタオルを逆巻する)を顔全体に20秒当てる。
②タオルを温め直して、目と鼻、口周りを軽く抑えるようにふく。
③タオルを首に当て、耳をひっぱたりもみ、その後、耳の下から首筋をふく。

朝にやると洗顔料での洗顔は不要で、その後すぐに保湿します。

時間にして2、3分。
肌の透明感があがり、シミも薄く消えていきます。
朝の週間にすると、1、2週間ほどで効果が上がりますよ。

スキンケアもやり方次第。
高価な化粧品も使い方が悪いともっている高価を発揮することが出来ないので注意です。

保湿の際に、保湿の際に、シートパックを追加するのもおすすめです。
ここで、シミケア美容液を追加したりするのも良いです。


効果を高めたいからといって、シートパックは長くおいておくのはNG。
時間は2分、5分以上おくと逆に乾燥するので逆効果です。

何事もやりすぎないのが大事ですよ。

 

まとめ

出来たシミは消せないとは言いますが、、、
努力で改善はできます。

スポンサードリンク

エステなどではなく、自分でするケアは一生ものです。
日々の生活をの見直しはシミに限らず、体全体のケアにもつながるので、ぜひこれを機会にやれることからやってみてくださいね。

 - ファッション・美容 ,