いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

トウモロコシの茹で方甘いのは?水からとお湯から違いは?

      2016/10/20

とうもろこし茹で方とうもろこしのおいしい季節です。
甘いとうもろこしをより美味しく食べる茹で方とは??
水からとお湯から、その違いもまとめました。

スポンサードリンク

とうもろこしの茹で方甘いのは?

夏!
とうもろこしの季節ですね。

旬の野菜はそのままでも十分おいしいですが、せっかくなので、もっともっと美味しく食べたい!
とうもろこしの甘さをもっともっと感じたい。

そんな場合におすすめのとうもろこしの茹で方は、
ずばり
「水から茹でて、3〜5分」

水から茹でると温度が上昇する過程で、でんぷんが糖分に変化して甘くなります。
この糖化作用で、とうもろこしが水分を取り込み、ぷっくりジューシになるのです。

スポンサードリンク

 

とうもろこしの茹で方水からお湯からの違いは?

「とうもろこしの茹で方を調べてたら、お湯からが良い、水からが良い、と両方の意見がありどっちなの??」
という意見があります。

お湯からと水から、どちらの茹で方ももおいしいです(笑)。

では、なぜ意見が分かれるかというと、それは仕上がり具合に差がでるから。

とうもろこしの茹で方
水から茹でる  → ぷっくりジューシーな甘い仕上がり。
お湯から茹でる → しゃっきりとした歯ごたえの良い仕上がり

ジューシーな甘さが良いなら水から、しゃきしゃきとした野菜の新鮮さを楽しみたいならお湯からがおすすめです。

また、茹で時間はとうもろこしの産地にもよりますが、最近一番多い品種の多いスーパースイート種で3〜5分。
茹で過ぎると、歯ごたえが悪くなるので注意しましょう。

まとめ

とうもろこしを茹でると糖分が逃げるという話もありますが、実験してみると、蒸す、茹でる、レンジで糖度に差はないそうです。

それよりも、とうもろこしを美味しく茹でるには、何より鮮度が大事!!
収穫してから食べるまで短ければ短い方が良いので、買ったら早めに茹でてください。

スポンサードリンク

買ってきたらすぐに茹でて冷蔵保存するか、それでもダメな場合は皮をつけたままラップをして、冷蔵庫に立てて保存するようにしてくださいね。

 - 生活howto ,