いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

赤ちゃんの薬の飲ませ方 母乳育児中や粉薬でも飲める方法

   

赤ちゃん薬飲ませ方風邪のシーズン。
病院を受診して薬ももらったし一安心、と思ったのに、
せっかくの薬を赤ちゃんが飲んでくれない(涙)

そんなママにおすすめ、赤ちゃんへの薬飲ませ方まとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの薬の飲ませ方

離乳食の始まっていない、ミルクや母乳だけしか飲んでいない赤ちゃんに薬を飲ませるのって、大変ですよね。

薬が好きな子もいますが、そうでないと大変。
私もあれこれ試行錯誤した経験があります。

月齢の低い赤ちゃんの場合の薬の飲ませ方には、ちょっとしたコツがいります。
基本的に薬はシロップが多いので、シロップをあげる場合のやり方ですが、

おすすめの薬の飲ませ方① スポイト

①赤ちゃんの体を少し起こし、口の端からスポイトを差し込む
②舌の下、ほっぺの奥など、できるだけ喉に近い場所に薬を入れる
③吐き出しそうな場合、に顎の下(首と顎の間の柔らかいとこ)を手早く2回ほど指先で揉んでごくんと飲み込ませる

口を閉じて開けないようなら、ほっぺたを両端で挟み、口を尖らせると良いでしょう。
薬は口の真ん中だと舌で押し出そうとするので、端から、できるだけ奥へ入れるのがポイントです。

スポイトは病院でももらえますし、ドラッグストアでも売っています。

 

おすすめの薬の飲ませ方② スプーン

スプーンであげる場合も、口の端から薬を入れるのがポイント。
また、スポイトでもダメな時、スプーンに薬を塗り、赤ちゃんがあくびをした時にひょいと口の中に入れるなどの裏技も。
どうしてもダメな時は是非試してみてください。

 

赤ちゃんの薬の飲ませ方母乳しか飲まない場合

母乳育児中の場合、母乳以外飲まなかったり、哺乳瓶などをうけつけないことも多いです。

母乳に混ぜて薬をあげるのはダメとはよく言いますね。
母乳を飲まなくなると言いますが、個人的には母乳を嫌がることはないと思います。
それよりも、母乳を混ぜたところで、味的に赤ちゃんは飲まないですね。
混ぜることで量が増えて、余計大変にもなります。

私も完全母乳育児でしたが、基本はスポイトで喉の奥へ薬を流し込み、口直しで母乳を飲ませる、という方法でした。
薬は嫌がりますが、とりあえずごくんと飲み込ませて、その後母乳で口直ししたら機嫌悪くなることも、母乳を嫌がるということはありませんでした。

あとは、逆に、薬を粉薬にした方が飲ませやすかったという赤ちゃんもいます。
お薬の種類は医師に相談すると変えてくれることもありますので、伝えてみるのも良いでしょう。


スポンサードリンク

赤ちゃんの薬の飲ませ方粉薬の場合

処方されたのが、粉薬の場合、水にとかして練って、ほっぺの内側の奥に塗る方法が一般的です。
母乳育児で、他の水分を受け付けない時、スプーンやスポイトなどではダメでも、
粉薬を口の中に塗って、母乳を飲ませて流し込むように飲ませたら大丈夫だったということも。
薬を口に入れる時は嫌がりますが、入れて仕舞えば、後はすんなりいく赤ちゃんも多いので、試してみると良いでしょう。

練る方法以外は、一般的にはとかしてスポイトであげる、です。
シロップ薬と一緒に処方された場合、混ぜても大丈夫か薬剤師に確認をしましょう。
2種類飲ませるのが大変な場合は、混ぜて1回の方が楽ですし、混ぜても大丈夫なケースも多いです。(要確認)

赤ちゃんの場合、特に月齢が低ければ低いほど、スピード第一の飲ませ方がおすすめです。
そこそこ月齢が進みみ、1歳過ぎになりいろいろと食べれるものも増えた場合は、
こちらの方法を試してみてくださいね。
子供が薬嫌がる時 薬を飲まない時におすすめの飲ませ方

まとめ

赤ちゃんが病気、心配ですよね。
でも、赤ちゃんは、熱を出すたびに体は強くなるものです。
ママはどーんと構えて、看病してくださいね。

スポンサードリンク

お大事に。

 - 生活howto ,