いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

赤ちゃんあせもかゆみ対策 化粧水作り方 ベビーパウダー

      2016/05/06

赤ちゃんあせも赤ちゃんのあせもに悩んでるママいませんか?
たかがあせも、されどあせも。
赤く炎症して痒そうにしているのを見るのは辛いですよね。

管理人は、出来るだけ薬には頼りたくと思っているので、病院は受診のみして、薬は使わずに、自然な方法で治せるようにケアしています。

赤ちゃんに優しい方法でケアしたい自然派ママにお勧めな赤ちゃんの
あせも対策、まとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんあせもかゆみ対策

我が家には二人の子供がいますが、上の子は肌トラブルがほとんどにないのに対し、下の子は乳児湿疹も出て、夏はあせもで真っ赤になったりと、肌が少し弱めです。
我が子の場合、あせもは、真夏の汗だらだらの時期より、暑くなってきたなぁと言う6月下旬頃から出てきます。
あせもかな?と思ったら翌日には、背中やうなじ、おでこ周りが真っ赤になり、痒くて寝苦しそうにしています。

そんな赤ちゃんのあせものかゆみ対策におすすめなのが、ビワの葉と、どくだみの葉
両方ではなく、手に入る方の片方で大丈夫。かゆみが強い時はどくだみの葉の方が効果が高いですが、においが気になるので、ビワの葉の方が使いやすいかもしれません。

我が子はかゆみが強く出るタイプなので、どくだみの葉を軽く茹で、その煮出した汁をスプレーします。葉をお風呂に入れるのも良いですよ(お風呂に入れる場合は、どくだみはにおいが強いのでビワの葉がお勧め)。
それでも痒い時は、葉をガーゼに包み、かるく揉んで、ガーゼに汁を滲ませて背中に乗せる(湿布)しています。

これで赤ちゃんのあせもは、かゆみも赤みも引いて、だいたい治ります。

スポンサードリンク

赤ちゃんあせも化粧水の作り方

あかちゃんのあせもに効く化粧水の作り方をご紹介します。
漬け置き後、1カ月から使えるようになります。アトピーの肌荒れにも効果が高いと言われていますし、ママの美白化粧水としても効果バッチリなので、作っておくと便利ですよ。

材料
ホワイトリカー(アルコール35度以上のもの)

ビワの葉

作り方
1.ビワの葉の洗い、細かい毛をたわしでこすり取る

2.日陰で葉を乾燥させる(5日程度)

3.瓶にビワの葉を入れ、アルコールを注ぎ、1か月程おく。

4.化粧水として利用する場合は精製水で3~4倍に薄める。(薄めた物の保存は3,4日)

保湿としてグリセリンを入れても良いです。
アルコールに対し、アレルギーがある場合は、煮出してその煮汁を使うのが良いでしょう。その場合、2週間程度で使い切って下さい。

ちなみに、作る時の量は適当です(笑)。
瓶にギューギューに押し込んで、浸かるようにアルコールをそそいでいます。赤ちゃんあせも

赤ちゃんあせもベビーパウダーの作り方

赤ちゃんのあせもにベビーパウダーの使用は賛否両論分かれますよね。
私は市販品は使わないので、コーンスターチと重層で作り手作りベビーパウダーの方法を紹介します。

ベビーパウダーの作り方
コーンスターチ6、重層4を混ぜ、すりつぶす。

好みで精油を1,2滴たらすのもOK。(赤ちゃんのあせも対策の場合、ラベンダーがお勧め)

これを患部にポンポンとはたくことで、汗の中和と殺菌効果があるそうです。

もっと手軽な方法で、片栗粉をはたく、という意見もありましたよ。

赤ちゃんあせも

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの肌も体も、成長するにつれてどんどん強くなっていきます。けれど、薬を多用すると、その成長をその邪魔しかねないので、治癒力を伸ばす方法でケアして行けたらよいですよね。

スポンサードリンク

赤ちゃんのあせもケアの参考にしてもらえたら幸いです。

 - 生活howto ,