いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

節分を子供に説明する 豆まきの説明 分かりやすい例を紹介

   

節分子供2月といえば節分。
豆まきをする家庭も多いですよね。
でも、そんな時に
「なぜ、豆をまくの??」と聞かれて、子供に説明できなくて困ったなんてことありませんか??

スポンサードリンク

節分を子供に説明するなら?

節分とは「季節を分ける」と言います。

春夏秋冬、四つの季節がある日本は、それぞれの季節が始まる日を
「立春、立夏、立秋、立冬」
と呼び、この季節の前日を節分と呼びます。

節分は1年に4回ありますが、
「春の始まり=一年の始まり」
に当たる立春の節分は、1年で一番重要とされ
そして、2月2日の今の節分として残りました。

子供に説明するには、

・節分とは春の始まりの前日で、春は1年の始までとても大事な日
・良い一年になるように、悪いものをはらい、良いことを招く行事を行っていた

この2点を説明してあげると良いでしょう。

 

私が幼稚園の娘に説明した時の会話↓

明日から春が始まるの。春は1年のスタートの日だから、とても大事。
だから、良い一年になりますように〜って、豆まきとかをするんだよ
「明日から春なの??寒いじゃん!!!」
昔はこんな寒くても春って言ってたんだよ。
ふうーん

 

大まかな説明ですが、理解はしてくれたかな??


スポンサードリンク

豆まきの説明 子供編

子供に節分を説明したら、
次は決まって「なんで豆まきするの??」と言われます。

季節の変わり目は、悪いもの(病気や厄災)などが起こりやすいと言われています。
(季節の変わり目は、体調を崩しやすいのも納得しやすいですよね)
悪いものとは、魔物、つまり鬼。

豆は、「魔を滅する」という意味があり、
また、鬼は穀類を嫌うと言われていたので、

鬼が嫌う豆を払い、福を招き入れる意味を込めて、豆まきをします。

子供に説明する時は、

豆は悪魔とかの鬼を、「メッ!!!:することができるんだよ。鬼は豆が嫌いなの。

というと、ものすごく分かりやすかったようです(笑)。

 

まとめ

季節の行事ごとは、小さい頃にちゃんと由来を説明してあげると、よく覚えているものです。
由来がわかると、行事の楽しさアップにつながるかも?

スポンサードリンク

豆まきの前に、しっかりと子供に教えてあげてくださいね。

 - イベント ,