いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

一人暮らしの女性がすべき防犯対策 防犯グッズ 100均一でも手に入る

   

一人暮らしを始める女性は必見!

普段の何気ないことが犯罪に巻き込まれる鍵になることも。
公開しないように、防犯対策は十分にしておきましょう。

スポンサードリンク

一人暮らしの女性がすべき防犯対策とは?

一人暮らしの女性のみなさん、
十分に防犯対策はしていますか?

ちょっとしたことから、犯罪に巻き込まれることも。
そういった小さなタネを作らないために、防犯対策をしっかりとしておきましょう。

女性がすべき防犯対策

部屋の中(インテリア)

・カーテンを透けない遮光カーテンで地味な色にする(女性っぽい色はNG)
・窓際にぬいぐるみ等可愛いものは置かない
・窓やベランダ前に物を置きすぎないようにする(侵入された場合の逃げ場がなくなるの大変危険)
・長期留守の際は、タイマー設定で電気やラジオをつけたりする

カーテンからは意外と中の様子がわかるので、女性が住んでいると思われないようにするのは大事です。
また、防犯となると、侵入を防ぐためにあれこれ考えますが、万が一の侵入の際に、逃げ場がないのは一番危険。
逃げられるように、窓やベランダを防ぎすぎないように気をつけましょう。
長期留守する場合、タイマー設定で電気がつくプログラムタイマーコンセントを設置したり、FMラジオのタイマー設定をして、人がいるように工作するのがおすすめ。
また、普段の帰宅が遅い方にもおすすめです。

 

玄関

・表札は出さない
・帰宅後はチェーンも必ずする。
・来客はインターフォンのみで対応。玄関先に出る場合も、チェーンはつけたまま
・ドアスコープのカバーをつける
・サムターン防止カバーをつける
・玄関受けを塞ぐ(覗き防止)

鍵の戸締りは必須。
ゴミ捨てなどのちょっとした外出でもしっかりと鍵は締めましょう。

セールスなども多いので、インターフォンがなった時に居留守をするのもありですが、空き巣は留守を確認するためにインターフォンを鳴らすため、そこで留守と判断されると、ベランダから侵入される可能性も。
インターフォンで応対した方が良い場合もあるので、そこは様子をしっかりと見た方が良いです。
また、インターフォンは女性とわからないように、低めの声で。

ドアスコープには覗き防止にカバー、空き巣防止にサムターンロックをつけましょう。

 

ベランダ・窓

・窓のサッシに補助錠を追加する
・洗濯は部屋干し。外に干す場合は、男性のYシャツなども一緒に干す

窓のサッシには補助錠を。(気休めの場合も多いですが、ないよりまし)
洗濯は部屋干しが基本。外で干す場合は、男性ものの下着よりもYシャツなどの方が目立つのでおすすめです。

 

その他(生活全般)

・ポストはロック付き。
・郵便物はためない
・ポストなどに何か記号のようなものが書かれていないかチェックし、書いてあったらすぐ消す(除光液などで)
・個人情報がわかる郵便物はかならず決してから捨てる
・自宅に入る際、周囲に人がいないのを確認してから入る
・防犯ブザーを持ち歩く

ポストの郵便物から個人情報を特定されることがあるので、ロックは必須。
また、捨てる時もかならず、わからないようにしてから捨てましょう。
またポストの表札にセールスや空き巣などが暗号のように書き込むことがありますので、見慣れないものが書かれていたら速やかに消すようにしましょう。

玄関に入る時に、押し入る強盗のケースも多いです。
帰宅時部屋に入る際は、周りを確認してから、速やかに入りましょう。

 

一人暮らしの女性の防犯グッズおすすめは?

一人暮らしの女性にオススメの防犯グッズ

・防犯ブザー

帰宅時の防犯用に。
何かあった時、声を出すのは難しいです。防犯ブザーも引っ張る練習はしておいた方が良いでしょう。

 

・催涙スプレー

帰宅時の持ち歩き、また自宅では枕元にあると、万が一の時に使えます。
撃退用に武器になるようなものは、奪われると逆に危険なので、催涙スプレーなどがオススメです・

・窓の補助錠
・サムターンカバー
・ドアスコープカバー

 

ホームセンターなどで、ドアの形に合わせて取り付けると良いでしょう。

スポンサードリンク

一人暮らしの防犯グッズ100均でもある?

100均で売っている防犯グッズは

・サムターンカバー
・ドアスコープカバー

窓の防犯フィルムもありますが、100均のだと、薄いのでさほど効果は出ないことも多いようです。
また、現状復帰も大変なため、気休め程度なので、貼るだけ大変かもしれません。

まとめ

女性の一人暮らし、防犯対策はややしすぎくらいで十分。
ちょっとそこまでだからと鍵をしなかったり、上の階だからを鍵を締め忘れたりすることで、狙われたりすることもあります。

スポンサードリンク

せっかくの一人暮らしを楽しむためにも、防犯意識はしっかりと持って対策をしましょうね。

 - 生活howto ,