いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

宴会が苦手な人におすすめの宴会の過ごし方 少しでも楽しむ方法

      2017/02/09

宴会、が苦手な人、いませんか?。

宴会が苦手だけど、少しでも楽しむにはどうしたら良いのでしょう?

スポンサードリンク

宴会が苦手な人はどうすると良い?

宴会が苦手、
飲み会が苦手、
お酒を飲むのも、雰囲気も全部が苦手、という方もいますよね。
でも、忘年会、新年会、歓送迎会で、絶対出席という宴会は年に数回はあります。
そんな方に、ポジティブに宴会を乗り切ってもらう方法↓

社会勉強と思う

宴会が苦手といっても、宴会参加は避けられない場合も多いです。

また、社会に出て、仕事をするのは、できることだけをするわけではないですよね。
飲み会もそういった苦手な場面を乗り越える、社会勉強のひとつと思うと、人生経験を積むチャンスになります。

 

違う自分を演じる

宴会が苦手な自分とは違う自分になる、というのも手です。

お酒が入るを気が大きくなります。宴会の場自体がそういった雰囲気になるので、それを楽しむのも一つ。
いつもと違う自分を演じるのも新しい人間関係を築くチャンスになります。

 

聞き上手になる

面白いことを言おう萎縮してしまい、宴会が苦手と感じるなら、相手の話を聞いてあげる側に立ちましょう。
きき上手はコニュニケーション能力としては一番高いと感じてもらえます。
ニコニコと、聞いてるふりをして、聞き流しつつ、たまに相槌を打てば、あなたの印象もよくなるでしょう。

 

苦手、嫌だと思い続けていると、苦しいだけで現状は改善されません。
腹をくくって参加する以上
「何かを得てやろう」という気持ちで参加するのが、おすすめ。

宴会の場についたら、宴会モードスイッチなるものをオンにして気持ちを切り替えるのをイメージするとわかりやすいですよ。


スポンサードリンク

宴会での過ごし方、楽しむには?

宴会が苦手でも、過ごし方を工夫すれば、楽しむことはできます。

それは、社会勉強、コミュニーケーション力向上の場と割り切って参加すること。まず、気持ちの切り替えが大事。

それでも、ちょっと。。。という方の場合は、下記の宴会の過ごし方を試してみてはどうでしょう?

宴会での過ごし方 幹事の手伝いをする

宴会で話すのが苦手〜という人には特におすすめの過ごし方です。

幹事は宴会当日も結構忙しいもの。
空いたグラスを集めたり、ドリンクの追加を聞いたり、やることは結構ありますので、その幹事のお手伝い役をやりましょう。

やることがあれば、時間は早く過ぎますし、
幹事にも感謝され、手伝っている姿を見かけた人からは「気の回る子だな」と評価されます。

動きやすいように席は入り口近くに座るようにしましょう。
奥へ行くと動きづらく、孤立しやすくもなります。

あとは、適当に会話をして。
話は基本話している人の目を見て相槌をうてばOK。
苦手な相手なら、そこは相手との共通点を見つけるようにしましょう。
ゲームのように、
「あ、こんなとこあるんだ、同じだな〜」
と思うところを探すと、自然と相手への印象は変わります。
あなたが相手を苦手と思う度合いが低くなれば、相手への接し方が変わり、相手もあなたへの評価も高まり、人間関係が円滑に運びます。

宴会が苦手な人の過ごし方&楽しむ方法まとめ

宴会が苦手でも、過ごし方、視点を変えれば楽しむことはできます。

人間、「嫌だ」と思っていると、嫌なところばかり目がついてしまいますが、
視点を変えれば、見えてないものも見えてきます。
そうなると、苦手を克服するのは簡単。

スポンサードリンク

これは「我慢」とは違う、処世術。
あらゆる面でも役に立つので、ぜひ、これを機会に試して見てくださいね。

 - 生活howto ,