いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

花見 夜にするのは寒い? 服装と持ち物のおすすめは?

      2017/02/09

花見を夜に予定しているみなさん、寒いんじゃないかな〜と心配していませんか??

夜の花見の寒さ対策。
花見にぴったりの服装と持ち物など、ご紹介します。

スポンサードリンク

花見を夜は寒い?

花見を夜にすると、寒いですか??

その答えは、、、

昼間暖かくても、夜は寒い!!!

花見の時期は、夜になるとかなり冷えて、かなり寒い日も多いです。

都内だとだいたい15度位が平年の気温ですが、
太陽の暖かさがないと、体感はかなり冷えます。
さらに、そこに春の嵐などで風が吹くと、花見どころじゃなくなることも・・・。

ですので、花見を夜にする場合は、しっかりと防寒対策をしていきましょう。

花見を夜にするときの服装は?

花見を夜にする時の服装って、意外と迷います。

防寒対策必須だからって、花見の夜にダウンを着込んだ冬の服装は、ちょっと恥ずかしかったり(汗)。

 

花見を夜にする時の服装、
春らしくおしゃれに見えて、寒さ対策にも良い格好にするには

・宴会をするならパンツスタイル
・足もとを温める
・ヒートテックなどを着る
・インナーダウンを着る
・冬用の厚めのストールをまく

などのポイントで、花見にぴったりの春のおしゃれをしつつ、防寒対策を。

花見宴会などで座るなら、動きやすさと防寒を兼ねて、パンツスタイルがおすすめです。
また、靴も脱ぐので、そこも考えて服装を選びをしましょう。
夜は、足元から冷えが来ます。
靴下、タイツは厚めの物がおすすめです。

春のニットで薄着でもヒートテックを着れば、防寒対策になります。
また、ダウンはちょっとと思うなら、インナーダウンを着込むと良いでしょう。
春のアウターにもぴったり、花見にぴったりの軽やかさを出しつつ、防寒もばっちりです。

ストールは、大きめで冬用の厚めウールがおすすめ。
使わないならしまっておけば良いですし、巻いても、膝掛けにしても、色々使えます。

靴は、パンプスでも良いですが、花見の場所によってはヒールが埋まってしまうこともあるので、ピンヒールは避けた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

花見を夜にするときの持ち物は?

花見を夜にする時の持ち物は、防寒対策を考えて用意しましょう。

花見宴会で、地面に座るなら、お尻の下に引くものがあると違います。夜
はとても冷えるので、厚手の大きめのストールを腰全体に巻くと良いですね。
また、花見の最中、足元の冷えは夜はかなりくるので、レッグウォーマーも持ち物に追加するのがおすすめ
ストールなどで足元を隠しているので、レッグウォーマーをしていても目立ちません。

あとは、カイロ。
着込むのが嫌なら、必須です。

貼るカイロは、上半身なら肩甲骨に左右2枚、
下半身には臍下を前後に2枚はると、血行がよくなり、体全体温まります。
普通のカイロは揉まずに温まったら、ポケットに入れておくのが一番効率よく温める使い方。

花見を夜する時の持ち物で、あると便利なのが、暖かいお茶。
自販機等で買えるかもしれませんが、すぐ冷えてしまうので、水筒に入れてもっていくと、ほっとします。
体から温めるのはかなり効率が良いので、おすすめです。

ぜひ、試してみてくださいね。

花見夜にするのは寒い?服装と持ち物まとめ

花見を夜する場合は、寒いと思って間違いありません。
花見らしい服装で、オシャレはしたいけど、寒いのを我慢していては楽しむことはできません。

備えあれば憂いなし。

スポンサードリンク

夜の花見は、服装と、持ち物で防寒対策は万全にして楽しんで来てくださいね。

 - イベント ,