いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

夏の弁当作りにはランチジャーが便利!使い方と弁当が傷まない工夫

      2017/03/27

夏のお弁当にも、ランチジャーはお勧め!

真夏のお弁当対策、結構大変ですよね。
食中毒は心配だし、いつも以上に手間はかかるし、夏の期間はお弁当なしにすると食費にも響くし、
まさに三重苦!!

そんな夏のお弁当作りの悩みを解決する便利アイテムのが、ランチジャー。
夏のお弁当作りに便利なランチジャーの使い方お弁当を傷ませない工夫、まとめました。

スポンサードリンク

夏のお弁当作りにはランチジャーが便利

夏のお弁当作り、気になる食中毒対策にも、ランチジャーが使えます。

夏のお弁当作りは、時間も手間もかかりますよね。
おかずは完全に冷ましてから、作り置きのおかずも一度熱を通して冷ましてから入れないとダメなので、
いつも以上に時間も手間もかかり大変。

そこで、おすすめなのが保温式のお弁当、ランチジャー。
ランチジャーとは、ご飯、汁物、おかずを入れることができる保温性のある弁当箱。
保温できるのは、ご飯と汁物で、おかずは保温対象外です。

「えー、おかずが普通と変わらないなら、あんまり意味ないんじゃない??」

という声が聞こえてきそうですが(汗)、、、、

そんなことはありませんよー。

ランチジャーは、ご飯、スープなどを出来立てのアツアツの状態を保つことができます。
メーカーにもよりますが、6時間程は大丈夫。

アツアツなので、腐る心配もありません。
(保証されている時間内の利用で)

夏場のお弁当は、
・炊きたてのご飯
・具沢山の汁物
・手間のかからないおかず

で乗り切ると、かなり楽です。

我が家では、主人のお弁当を通常のお弁当箱からランチジャーに切り替えたのですが、
汁物でかなりお腹が膨れ、満足感も増すので、おかずが少なめでも問題ないようでした。
汁物は、カレーなどの煮込みなどもおすすめですよ。

作る方としては、ランチジャーのお弁当作りは、かなり楽です。
汁物は前日に作っておいても良いですし、朝のお味噌汁、さらに、時間がない時はカップスープで乗り切る時も(笑)。
おかずの量が減るので、おかずを冷まして入れる、の作業が大幅になくなるので、時間も短縮されます。

とはいえ、ランチジャーも万能ではないので、食中毒対策はしっかりしましょう。

 

夏弁当、ランチジャーの使い方

・ご飯、スープはアツアツで入れ、すぐ蓋をする
・おかずは冷ましてから
・ご飯は炊き込みご飯類は避けた方が良い(メーカーより)
・6時間以内に食べる
・ランチジャーを高温や直射日光に当たる場所には置かない

さらに、夏にランチジャーを使うなら、気をつけたいのがメーカー。
ランチジャーはホームセンターなどでも販売されていますが、
「安いと全然使えなかった」
という声が多い商品です。

長い目で見ても、象印、サーモスのランチジャーがおすすめです。


スポンサードリンク

夏ランチジャー使い方

夏こそランチジャーの活躍の時、夏におすすめの使い方があります。

ランチジャーは、あつあつのご飯やスープを、食べる時まで熱く保つ
「熱いものを熱いままで」のイメージ強いですが、

その逆もしかり。

つまり、
「冷たいものを冷たいまま」で食べることもできます。

夏のランチジャーのおすすめの使い方が、実はこの「冷たいものを冷たいままで食べる」という方法。
ランチジャー愛用者からもおすすめなのが、

「素麺や、うどん、などの冷やし麺弁当」

冷たく冷やしてランチジャーにつめれば、食べる時も冷たいので、美味しいです。
食欲のない時でもさっぱり食べられるので、良いですね。

冷たいものを入れる時も、キンキンにしっかりと冷やしてからランチジャーに入れるのが、ポイントですよ。

夏弁当傷まない工夫

夏のお弁当を傷ませない、食中毒対策の方法とご紹介します。

夏のお弁当対策

・詰める時は熱を通し、しっかり冷ましてから詰める(ランチジャーの場合は温かい物はアツアツのまま)

・味つけは濃い目に

・おかずの汁けはよく切る

・炊き込みご飯は避ける

・お弁当箱を酢でひとふきする

・おにぎりはラップで包んで握る

・プチトマト、ミニゼリーを凍らせて保冷剤代わりにする

・市販のワサビシートなどを使う

私は子供のお弁当(幼稚園)は、夏場はおにぎりとおかずをわけれるように、おにぎりケースと小さいタッパーにおかずを詰めています。
おかずの汁気がご飯にいって、それがご飯が痛む原因になることが多いので、いつものお弁当箱はお休みです。

市販のシートは、幼稚園児には食べる時に邪魔になるので、使ってません。
その代わり、酢でお弁当箱をひと吹きしています。
食中毒対策として、ご飯の痛み防止にも酢を入れると良いですし、簡単なのでおすすめです。

夏の弁当作りにはランチジャーが便利!使い方と弁当が傷まない工夫まとめ

夏のお弁当作り、いつもよりさらに憂鬱になりがちですが、
私は、ランチジャーに変えて、かなり楽になりました。

食べる方も、
「アツアツで美味しい(冷たくて美味しい)」
と喜んでいますしね。

スポンサードリンク

お安くはない値段ではありますが、長い目でみると、良い買い物だなと思います。
毎日のお弁当作りに、悩んでいるなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょう??

 - 生活howto , ,