いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

バーベーキューの美味しい肉レシピ 下ごしらえの仕方と肉に合うタレ

   

バーベキューにぴったりの美味しい肉レシピ。

脱マンネリバーベキュー!!
今度のバーベキューでは、いつもとはちょっと違ったお肉を味わってみませんか??
下ごしらえ、肉につけて食べるタレも、用意はとっても簡単!

試してみれば、バーベキューのレパートリーも広がりますよ。
ぜひぜひ、お試しあれ〜。

スポンサードリンク

バーベキューのおすすめ肉レシピ

バーベキューのおすすめ肉レシピをピックアップ!

まずは、牛肉!!

バーベキュー肉レシピ① 簡単ローストビーフ

バーベキューと言えば、塊肉ですよね。
牛ロース塊肉を豪快に炭火で焼いて放置するだけで、ローストビーフができます。見た目も豪華、付け合わせの野菜と一緒に食べても美味しい、パーティーバーベキューにもぴったりのメニューです。

作り方
①塊り肉に、ガーリックパウダー、マジックソルトを適量揉み込む。
②肉を網の上に起き、表面が軽く焦げ目がつく程度に焼く。(1面5分程度)
③全面焼き目をつけたら、アルミホイルに2重で包み、網の炭のないところに置いて30分
④さらにタオルに包んで30分放置する

牛肉は菌がつくのは表面のため、中は生焼けでも問題なく食べられます。
さらに50度もあれば、菌は死滅するので、時間をかけて熱を通すローストビーフは、見た目が赤くても火は通っているので、問題ありません。
とはいえ、やっぱり心配という方は、③の時に炭で焼くと良いでしょう。(ただし、火を通しすぎると、硬くなるので注意)

食べるときは、市販のローストビーフのタレや、ポン酢などでもOKです。

 

バーベキュー肉レシピ② 簡単スペアリブ

豚肉と言えば、スペアリブ。
油の多い豚肉は、バーベキューで網焼きにすると、余分な油が落ちて美味しいです。
これは下味をつける必要があるので、事前準備がものがいうメニューです。

(材料)
豚スペアリブ 700g
玉ねぎ 1個
はちみつ、酒、醤油 各大さじ3

作り方
①ジップロックに肉を入れ、玉ねぎのすりおろしを入れ、よく揉み込む。
②他調味料を入れ、揉み、空気を抜いて半日漬け込む。
③肉をよく焼く。

豚肉じゃなくても、鶏肉でも合います。
ポイントは玉ねぎのすりおろしを揉み込んでから、調味料を入れることと、空気を抜いて漬け込むこと。
できれば半日漬け込むのがおすすめ(時間がないときは30分でも味はそれなりにつきます)。好みでにんにくのすりおろしを足しても美味しいですよ。

 

バーベキュー肉レシピ③ タンドリーチキン

チキンは色々なバリエーションができるバーベキューレシピとして使うには便利な肉です。
塩胡椒だけして炭火で焼けば十分美味しいですが、趣向を凝らした変わり種として作るなら、タンドリーチキンがおすすめです。

(材料)
鶏もも 2枚
プレーンヨーグルト 1/3
にんにく 1/2かけ
しょうが 1/2かけ
カレー粉 大さじ1弱
ケチャップ 大さじ2
レモン汁 大さじ1/2
サラダ油 大さじ1/2
はちみつ 小さじ2
塩 小さじ1/2
胡椒、タバスコ 少々

ジップロックに調味料を混ぜ、食べやすい大きさに切った肉を漬け込む(2〜3日)

材料はちょっと多いですが、美味しいです。
漬け込み時間は2日以上は置いた方が肉が柔なくなって美味しいです。
焦げやすいので、気をつけましょう。アルミホイルで蒸し焼きにしても良いです。

バーベキューの肉レシピインパクトもあり、美味しいのは塊肉の調理です。
炭火でじっくり焼くととても美味しいですよ。

もし、塊肉がない場合は、串ざしにして、焼く(串は100均で売っています)のがおすすめです。
また、薄切り肉の場合は、野菜に巻いて(アスパラ、ナスなど)から焼くなども食べやすいので、バーベキューの肉レシピにはおすすめ。
さらに、巻くのも厳しい細切れの場合は、野菜やきのこと一緒にホイル焼き、などにすると良いでしょう。

 

バーベキューの肉の下ごしらえ

バーベキューの肉の下ごしらえ、ちょっとした工夫で美味しく食べるコツはこちら。

・肉は常温に戻す(焼く30分前には外に出す)
・塩胡椒は焼く直前に降る

さらに、バーベキューのお肉を簡単に柔らかくするのにおすすめの下ごしらえ。

下ごしらえ① 焼肉のたれにつける

一番簡単な下ごしらえで、少人数向けの調理法です。アメリカ産の安めのお肉などにも、おすすめ、臭みが消えて、柔らかくなります。

 

下ごしらえ② ビールにつける

たくさんのお肉の下ごしらえする場合におすすめの方法。また、全ての肉の味が同じになる(焼肉のタレの味)のを避けたい時にもおすすめです。
常温に戻したお肉を、ひたひたになるくらいにビールに肉をつけ、15分。
ビールの水気をしっかりと拭き取り(厚めのクッキングペーパーでの拭き取りがおすすめ)、塩胡椒してから焼く。

 

下ごしらえ③ マリネ液につける

自家製の簡単マリネ液につければ、味付け不要、柔らかいお肉になります。
①より少人数ではないけれど、そこそこの量のお肉を味付け付きで下準備したい場合におすすめの方法。

マリネ液(ポン酢80cc、はちみつ大さじ2〜3、酒大さじ2、好みで大根おろし大さじ3、生姜大さじ1)に肉をつける(500〜600gが適量)。
20分ほどつける方が良いですが、時間がない場合は、マリネ液を何回か肉にからめて焼くだけでもOKです。

 

肉の量や、好みの味付け、下ごしらえにかけられる時間なども考慮して、どの方法で肉を準備するから決めるとよいでしょう。
牛肉の場合は、あまり長いと肉の旨味も出てしまうので、漬けおき時間は30分程度までがおすすめです。
スペアリブ、タンドリーなどの場合は、半日以上つけた方が美味しいです。


スポンサードリンク

バーベキュー肉に合うタレは??

バーベキューのお肉に合うタレ、いつもと趣向を凝らしたものにするには、どんなものが良いでしょうか。

わさび醤油

塩胡椒でシンプルに焼いたお肉におすすめ。
わさびと醤油で、大人の味に。

 

ネギ塩タレ

・長ネギみじん切り 10cm
・ごま油 小さじ2
・レモン汁 小さじ2
・塩 小さじ1/3
・胡椒 少々

チキンなどの淡白なお肉にもおすすめのネギ塩タレ。
このままご飯に食べても美味しいです。我が家では、この3倍量は作っています(笑)。
好みでごま、一味、ラー油などを足してアレンジしても美味しいですよ。

 

味噌ベースのバーベキューのタレ

・味噌 100g
・砂糖 35g
・酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・にんにく(すりおろし) 1〜2かけ

材料を全部混ぜるだけ。
味噌ベースでしっかり味で美味しいです。

 

お肉の下ごしらえで味をつければ、わさび醤油やポン酢でも美味しいです。
しっかり味ならバーベキュータレでがっつりがおすすめですね。

バーベーキュー肉レシピまとめ

バーベキューにおすすめの肉レシピ、参考になりましたか??

バーベキューらしさを味わうなら、大きめ塊肉がおすすめです。
手間がかかる??と最初は思いましたが、やってみると結構簡単。ですので、我が家では今や塊肉料理はバーベキューの定番になりました。
切り分けてお野菜と一緒にパクッと食べるのもおすすめです。

スポンサードリンク

ぜひ、記事を参考に、美味しいバーベキューを楽しんでくださいね。

 - 生活howto ,