いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

加湿器で結露しないのは?結露が発生する原因と対策

   

加湿器、結露しない種類って???

冬の乾燥対策に必要な加湿器。
でも、使っていると、部屋の結露が気になるという方も多いですよね。

加湿しても、結露しないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。
結露が発生する原因を知って、正しく対策をしましょう。

スポンサードリンク

加湿器で結露しないのは?

加湿器でも、結露しない種類はるのでしょうか。

加湿器の種類は主に4つ。

スチーム式

水を加熱し、その蒸気で加湿するタイプの加湿器。
加湿能力が高いため、他の加湿器に比べて電気代がかかりますが、水を加熱するため衛生的なのと、フィルターなどの手入れが要らないので、メンテが楽です。
結露に関しては言えば、加湿能力が高い分、一番結露はしやすいです。(加湿量を調整して、低めに設定すればマシ)

 

 

気化式

スポンジのようなフィルターに水分を含ませて、風をあてて水を気化させて加湿するタイプの加湿器。
水分を自然に気化させるため、加湿量を調整する機能がなくても、部屋の乾燥状態で自動に加湿加減を調整するため、必要以上に加湿することが少なく、加湿器の中では、一番結露しないタイプと言えます。

 

 

超音波式

超音波振動によって水の分子を拡散させ、加湿します。
吹き出し口が熱くならずにサイズも小さいものもありますが、雑菌やカビが繁殖しやすいため、除菌、殺菌機能がないものは、避けた方が良いのがデメリット。
結露に関しては、スチーム式と同じく、加湿量を調整できない場合は、結露しやすい加湿器と言えます。

 

 

ハイブリッド式

水を加熱し、フィルターを通して、気化させて加湿させます。スチーム式と、気化式の合わせ技、ですね。
一定の加湿ができれば、水の加熱をやめて、気化式に戻るため、必要以上の加湿はしなくなります。この点では、気化式と同じく、結露しない加湿器と言えます。
他に比べると、本体ややや高めなものが多いです。

 

 

加湿器の種類の中では、気化式もしくはハイブリッド式が結露しない、と言えます。
ただし、「絶対」とは言えず「他に比べて結露しない」という程度。

加湿して水分を放出させている以上、結露する条件が揃えば、どれだけ加湿量が少なくても結露はします(結露する場所は加湿器の利用有無に関係なく結露します)。
つまりは、加湿器を使っても結露しないようにするには、加湿器の種類にこだわるよりも、結露する原因と知り、結露対策をとるのが一番効果的です。

 

加湿器で結露が発生する原因

まずは、加湿器を使うと、結露する原因を整理しましょう。

結露する原因は

  • 室内の湿度が高すぎること
  • 外気温との差が激しいこと

の二つ。
夏場に、冷たいジュースの缶を冷蔵庫から出して少し置いておくと、水滴がつきますよね。これが、わかりやすい結露の原理。


スポンサードリンク

加湿器を使って出る結露の対策

加湿器を使いつつ、結露を対策するには、

  • 湿度をあげすぎないこと
  • 外気温との差を作りすぎないこと

がポイントになります。

結露対策① 湿度

室内のちょうど良い湿度は、50%です。
ウィルス等は湿度50%以下だと繁殖しやすすくなります。ですので、乾燥対策、風邪予防を考えて加湿するなら、なおさら湿度は50%以上じゃないと効果が見込めません。
しかし、高すぎるのはNG。高湿度の60%以上の高湿度の部屋は、カビやダニが繁殖します。
健康のために加湿しているのに、逆に高すぎると、健康を害する恐れがあるのです。
夜、寝室の部屋に濡れタオルを干してみて、朝触って乾いていなかったら、湿度は十分です。加湿器を使う必要はありません

加湿器を使う場合は、ウィルス繁殖を抑え、カビ等が発生しないようにする、ちょうどよい湿度、50%を目安にをしましょう。
湿度調整は、加湿器についているもので確認するよりも部屋で室温計でチェックするのがおすすめ。

夏場の温度調整など、年中使えるので、使い出すとなくてはならない感じになりますよ。
インテリアになじみやすいものを選ぶのと良いでしょう。

 

結露対策② 外気温差を低くする

結露しやすい場所は、ダントツ窓やドア、玄関など外気に触れる場所です。
結露がひどいなと感じる場合は、窓の横の壁や、押入れも結露していないかもチェックしておいた方が良いでしょう。
もし、窓やドアなど以外で結露が発生している場合は、加湿は一切禁止して、部屋を断熱して温めないと、カビだらけになる可能性がありるので注意が必要です。

【かなり結露がひどい場合(窓やドア以外の場所も結露する)】

  • 加湿器等は使わない
  • ファンヒーターなどの燃やす系の暖房器具は控える
  • 換気扇フル稼働(換気扇の対角線上にある窓などを少し開けると効率が良い)

湿度は十分あるため、加湿するものは一切止めることです。(加湿しすぎになる)
インフルエンザ等のウィルスが気になる場合は、マスク等で喉を潤しましょう。

換気して部屋の湿気を逃すために、換気は必須。換気扇はフル稼働、さらに、部屋の窓を開けるなどして、空気の入れ替えをします。

これでダメなら、結露しやすい場所を中心に温めるようにしましょう。
結露しやすい場所に断熱シート等を貼り、外気温を伝わらないようにしてから、エアコンなどで部屋を温めます。

【窓などが結露する場合】
窓やドアなど、外気に触れている部分が結露するのは通常よくあることです。
加湿器を利用すれば、水蒸気が増えるため、結露はしやすくなります。それを加湿しながら結露を防ぐには、

  • 加湿器を部屋の真ん中におく
  • 窓に断熱シートを貼る
  • 厚手のカーテンを取り付ける

外気の冷気を遮断するのがポイントです。

また、ウィルス対策として、就寝中に加湿器をつけて寝ている方もいますが、かなり乾燥しない限りは、暖房をつけていない場合は、加湿は不要です。
部屋の温度が下がると、湿度が上がるため、加湿器をつけると湿度オーバーになります。

 

加湿器を使っても結露しない方法まとめ

スポンサードリンク

加湿器を使っても結露をさせないためには、「湿度設定」をしっかりとして加湿しすぎないこと、さらに断熱をして部屋の温度をあげることが大事です。
湿度計で測ってみると、意外と加湿しすぎだったというのに気づくこともあります。
数値で見てみるとわかりやすいので、測ってみるのもおすすめですよ。

 - 生活howto ,