いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

肌荒れを治す方法と食べ物。すぐに効果を出したい時にやるべきこと

   

肌荒れを治す方法をお探しの方に。
今すぐツルツルの肌にするのに効果的な方法をご紹介します。

早ければ、翌日には効果が出ます。
イベント前に、にっくき肌荒れを治しましょう。

スポンサードリンク

肌荒れを治す方法

肌荒れを治す方法はいくつかあります。

  • 食生活を見直す
  • 化粧品を変える
  • 生活習慣を変える(主に睡眠)

肌荒れをしている原因によって、どれが効果的かは変わってきます。
肌荒れを治すのに、効果がある順序を考えると、食生活の見直し、生活習慣の見直し、化粧品の順ですね。

では、詳細を見ていきましょう。

肌荒れを治す方法① 食生活

肌は体の状態(内臓)を表しているため、食生活が乱れていると肌荒れしやすく、また、いくら化粧品等で外側からケアしても、なかなか効果は現れにくいです。(大きなマイナスを埋めることができない)
肌荒れを治すには、まずは食生活の見直しを。

肌荒れしやすい(腸に悪いもの)を一旦除去しましょう。
例えば、

  • コンビニ、インスタント食品、ファーストフード
  • スイーツ類(砂糖を避ける)
  • カフェイン類を避ける

コンビニ、インスタント食品類は、食べない方が良いのは明白ですよね。添加物たっぷりで食品の栄養素してはほぼほぼないに等しいです。
コンビニのサラダや栄養補助食品も同じですよ。カットサラダの野菜は鮮度を保つために、漂白剤などの薬品につけています。見た目は野菜ですが、ここにも不要な添加物がたっぷり(汗)。
栄養補助食品も、栄養素よりも、添加物の方が多いので、食べない方がましです。

スイーツ類は、ケーキ、菓子類、パンなども含みます。
糖分は肌を整えるミネラル分の吸収を阻害させます。肌の老化にも繋がりますので普段から控える、たまの楽しみとして、食べる程度にするのが一番です。
カフェインも同じです。

肌荒れを治すには、まずは、肌荒れの原因となる食べ物を避け肌ることが第一。自分で思っている以上にマイナス要因は大きいので、肌に良いものを探すよりも、悪いものを止めた方が早く改善されます。

肌に良い食事は、季節の旬の食材を使った和食がおすすめです。
ご飯に味噌汁に、適量のタンパク質(卵、豆腐、魚、肉)は日本人が誇る美肌フードです。特に味噌汁は発酵食品。発酵食品は腸内環境を整え、肌を美しくします。積極的に摂取すると良いでしょう。

野菜は旬のものを食べることで、肌荒れを治すには、一汁三菜のバランスよい食事を心がけましょう。ビタミン類を効率的に摂取できます。タンパク質は体重をgに換算した量が1日の必要摂取量です。足りなくなると、肌は乾燥して荒れやすくなるので、しっかりと取るようにしましょう。

 

肌荒れを治す方法② 生活習慣

寝不足だと、肌荒れします。
仕事などで色々難しいかもしれませんが、週1日で良いので、9時に寝るようにすると、肌荒れはかなり改善されます。
その際、ポイントがあり、寝る2時間前までに食事は済ませておくことと、スマホなどのブルーライトもカットすること。
満腹だと眠りが浅くなります、またブルーライトも脳を刺激させ、質の良い睡眠を邪魔します。
子供の就寝時間に合わせて、9時に寝るようになってから、びっくりするほど肌が綺麗になった友人がいます。
彼女に聞くと、夕方から携帯やPCなどを見ない生活に切り替えたそうです。

 

肌荒れを治す方法③ 化粧品類を変える

食生活もそこそこ気をつけていて、寝不足でもない。化粧品が合わなくなってきて肌荒れをする場合もあります。
年齢や季節によって、肌が敏感になる場合もあります。ですが、だからといって、すぐに敏感肌用化粧品に変えるのはNG。
まず、洗顔の回数ですが、1日に何回していますか??
皮脂分泌の多い10〜20代の場合は、朝晩の2回でも良いですが、皮脂分泌が落ち着いてくる20代後半からは夜だけで十分です。1日2回は洗いすぎ。自分の肌から分泌される皮脂は最高のバリア。洗いすぎると、そのバランスを崩して肌荒れを引き起こしやすくなります。
もし、洗いすぎの場合は、洗顔回数の見直しをしましょう。
過剰洗顔、過剰なケアも肌荒れを引き起こします。
肌荒れがひどい場合は、濃厚な化粧品よりも、シンプルなケアに切り替える方がおすすめです。

手作り化粧水の作り方

  1. ペットボトルなどの容器に、尿素50g、水200mlを入れ、振って尿素を溶かす
  2. 1.にグリセリン小さじ1を入れる

さっぱりとした使い心地なので、シートパックがおすすめです。
冬場は物足りないので、この後にホホバオイルなどを追加すると良いでしょう。

私は、もう5、6年この手作り化粧水ですが、化粧品売り場の肌年齢でチェックしたら、年齢-5歳以上のことが多いです。使うと色白になったという口コミもありますので、紫外線効果も期待できますよ。

 

肌荒れを治す食べ物

肌荒れを治す食べ物、まずは肌荒れを起こしやすいものを食べないのが大前提。
マイナス状態でプラスを入れても、結果はでませんからね。

肌荒れを治すのに効果的な食べ物は、発酵食品。

  • 味噌
  • ぬか漬け
  • 塩麹
  • 甘酒
  • ヨーグルト
  • キムチ

発酵食品は、腸内環境を整えます。
腸がきれいになると、肌が綺麗になるのは容易に想像できますよね。

発酵食品は、日本のものがおすすめです。日本人にはやはり日本食が合うからです。
味噌汁を毎日飲む、さらに、糠や塩麹でつけたお肉やお魚を食べる。甘いものが食べたくなったら、甘酒を飲む、果物を入れてスムージーにするのもおすすめです。

腸内環境が整うので、便秘も改善されます。
お腹がへっこんで、肌荒れも治り、一石二鳥の食べ物ですよ。


スポンサードリンク

肌荒れを治す すぐに効果があるのは?

肌荒れを治す、すぐ効果を出したい場合は、最強におすすめなのがこちら。
Lypricel:高濃度ビタミンサプリ

ビタミンC点滴と同様の効果があるとの口コミも。
私も愛用してますが、飲んだ翌日の肌のツヤと透明感が全然違います(驚)。あと、体が疲れにくいのも感じますね。
効果の高さと即効性は、高価な美容液よりも、はるかにあります。

ただし、、、味はめちゃマズです(涙)。
私は、喉の奥の方にいれ、炭酸水で一気に流し込んでいます。

イベントなどで、肌荒れをいますぐ治す方法を探してる、とう方には、とにもかくにも一番おすすめです。

肌荒れを治す方法 まとめ

肌荒れを治す方法、参考になりましたか??

スポンサードリンク

時間がない場合は、ご紹介したサプリで乗り切るのがおすすめですが、一番はやはり生活の見直しです。
効果が長く、肌だけではなく、体調を整えるのにも関わってきますからね。
ぜひ、できるところから初めて続けてくださいね。

 - ファッション・美容 ,