いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

セーターの毛玉ができにくい素材と洗い方。毛玉の簡単な取り方

   

セータの毛玉、できにくいのはどんな素材??
毛玉を作らず、きれいに長く着る洗い方、さらにできてしまった毛玉を簡単に取る方法などもまとめました。

お気に入りのニット類、長持ちさせて大事に着ましょうね。

スポンサードリンク

セーターの毛玉ができにくい素材

セーターの毛玉、できにくい素材とはあるのでしょうか??

実は、「素材だけでは決められない」というのが回答。
すみません、、、回答になっておりませんが、実際は素材だけではセーターの毛玉の出来やすさは判断できないんです(汗)。
セータの毛玉のできにくさは、素材だけではなく、素材の混紡の比率、糸の撚り方などが、関わっています。

例えば、冬のセーターの素材と言えば、多くがウール、もしくはアクリルです。
どちらも毛玉は出来ますが、ウールは毛玉が出来ても、自然に脱落するため、大量に毛玉ができることは少ないです。
アクリルは、ウールと違い、毛玉が自然と脱落することはないので、大量に毛玉ができることがあります。

ということで、素材だけでいうなら、ウールの方が毛玉ができにくい素材と言えます。

しかし、ウール素材でもアクリル素材よりも毛玉ができやすいケースもあります。
ウールのざっくり編みのセーターと、アクリルのハイゲージニットを比較すると、アクリルのハイゲージニットの方が毛玉はできにくいです。
これは、糸の撚り方が原因。
ゆったりふんわりと編むよりも、しっかりと密集させて編んだセーターの方が毛玉はできにくいです。
簡単な見分け方として、「手触りがツルツルとしているセーターは毛玉になりにくい」と言えるでしょう。

ということで、毛玉のできにくいセータを選ぶなら、「ウール素材のハイゲージニット」が一番です。

混紡素材のざっくりローゲージニットはどうしても毛玉になるので、毛玉を取る必要があることは覚悟しておいた方がよいでしょう。

 

セーターが毛玉にならない洗い方

では、お気に入りのセーターが毛玉にならないための手入れ、洗い方をご紹介しましょう。

セーターの毛玉を作らない洗い方

  • 洗濯前後にブラシをかける
  • セーターを裏返し、ジャストサイズの洗濯ネットに入れる
  • ドライマーク用の洗剤で洗う
  • 水をたっぷり使って洗う
  • 洗濯機を使う場合は、ドライや手洗、弱水流などのデリケートコースで洗う(一番は手洗い)
  • 仕上げに柔軟剤をつかう

洗濯前後、できれば、着用後のケアとしてブラッシングするようにするのがおすすめです。
ブラシは馬毛のものがカシミアなどのデリケートな素材にも使えるので、おすすめ。

着用後にブラシをかければ、毛玉になる前にケアできるし、洗濯の回数を減らし、毛玉を作らない対策にもつながります。

セーターの毛玉は摩擦が原因。
洗い方も、より摩擦、刺激が少なくなるように気をつけると良いでしょう。
裏返して、ネット内で動かないようにジャストサイズのネットにいれて、できれば、手洗いで押し洗い、洗濯機ならドライコースで洗うようにすると、摩擦がすくなく、洗濯によって毛玉ができることを防ぐことができます。


スポンサードリンク

セーターに出来た毛玉の簡単な取り方

セータの毛玉の簡単な取り方。
どんなに気をつけていもて、セーターの毛玉を完全に防ぐことは難しいです。

そんな時に役立つ、毛玉の簡単な取り方。

簡単で早いのは、毛玉取り器!!!

毛玉を取る方法、ハサミでちょきちょき、T字カミソリで剃る、など色々ありますが、実際に試した結果、広範囲を確実に取るには、器械を使うのが一番です。
毛玉取り器は100均でもありますが、100均のは電池式。電池式はすぐ電池が切れるし、パワー不足なため、コンセントタイプがおすすめです。

毛玉取り器を使う前には、ブラッシングをしましょう。毛の絡みをのぞき、毛玉を取りやすくします。
毛玉取りを使っても、なんか綺麗にならないなという場合は、ブラッシングで解決することも多いです。毛玉ではなく、繊維の毛羽立ちなどは、ブラッシングで解決するので、ぜひ、ためしてみてくださいね。

余談ですが、、、簡単な毛玉の取り方で、スポンジでなぞって取るというやり方がたまに紹介されていますが、試した結果、全く取れませんでした・・・。
また、この方法は、セーターをスポンジでなぞる、すなわち摩擦を起こしているので、毛玉を引き起こし、逆効果になるので、注意しましょうね。

セーターの毛玉ができにくい素材と洗い方と取り方 まとめ

セーターの毛玉ができにくい形、毛玉を作らないケア、洗い方は参考になりましたか??

毛玉が出来たら、取るを繰り返すよりも、できないようにケアするのもとても大切ですよ。
ぜひ、洋服にブラッシングの習慣を取り入れてみてくださいね。
一手間を加えることで、セーターも長持ちし、さらに愛着が湧くようになります。

スポンサードリンク

おすすめですよ。

 - 生活howto ,