いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

一人暮らしの調味料 最低限必要なもの&追加すると便利なもの一覧

   

一人暮らしの調味料、無駄なく必要最低限で揃えるとしたら、何が必要かまとめました。
さらに、一通り揃えた後、あると便利な調味料も。

一人暮らしの自炊生活も、これでばっちり。
ぜひ、参考にしてみてくだしさいね。

スポンサードリンク

一人暮らしの調味料 最低限揃えるなら??

一人暮らしの調味料、まず最低限のものを揃えたいなら、

  • 砂糖
  • 醤油
  • コショウ
  • めんつゆ
  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • ほんだし
  • オリーブオイル

これだけは最低限揃えて置かないと、何か作ろうかなという時に調味料がなくて困ることが多いです。

まず、

調味料の基本の塩、砂糖、醤油、コショウ。

砂糖は和食系の煮物などには必須、さらにコーヒー、紅茶にも使いますよね。
醤油は納豆や卵がけご飯には必須、さらにかければ美味しくなる万能調味料です。
塩、今日は、炒め物、煮物、さらにドレッシング類を作るのにも、使います。
美味しい塩(ハーブソルトとか岩塩とか)にオリーブオイルだけでドレッシング代わりになります。

一人暮らしの自炊で凝ったものを作らない場合でも、この調味料類ははないと、困るというレベル。
一人暮らしをしたならまずは最低限揃えましょう。

 

そして

一人暮らしの救世主的調味料のめんつゆ

めんつゆは、そばうどんを食べるのにも使うのはもちろん、簡単に煮物を作る時にも便利な調味料。
料理をするという場面では、醤油よりも必須の調味料かもしれません。
忙しくて料理の時間が取れない一人暮らしの救世主的に調味料なので、ぜひとも揃えましょう。
活躍度が高いので、自分の好みの味のめんつゆをあれこれ探しておくのがおすすめです。

 

さらに

洋食なら使うケチャップとマヨネーズ。

マヨネーズは野菜に野菜にかけるだけでも使います。
ケチャップはオムライス、ナポリタンなどのパスタには必須。さらにスープに入れてミネストローネをを作ることもできます。

 

味の調整にほんだし

和食を作るなら必須のほんだし。
めんつゆでも煮物は作れますが、めんつゆだと甘くなりすぎることも多いです。
自分好みの味に調整をするなら、ほんだしで出汁をとって、塩、醤油、みりん(めんつゆで代用)を足して作るのがおすすめ。

 

一人暮らしの調味料はどこまで必要??

一人暮らしの調味料、まずは必要最低限を用意しましょう。

たとえ自炊をしないとしても、砂糖、塩、醤油、コショウ、めんつゆ、までは絶対置いておいた方がよいです。
買って家で食べる場合、付属のタレやあったとしても、足りなかったり、ちょっとしたことで追加したりする場面は必ずあります。

あと、卵焼いたり、サラダを食べたりなど、焼いて食べるだけ、切って食べるだけの簡単調理をする可能性があるなら、ケチャップ、マヨネーズ、オリーブオイルまでは必要
味が足りないという時に、足せば満足する調味料は助かります。

さらに、切って煮込んだり、するなら、出汁は必要なので、和食の出汁のほんだし、洋食の出汁のコンソメ、中華の出汁の鶏がらスープのもと、ここまで揃えれば、大体のものは作れます。
和食の煮物は、ほんだしに、塩、醤油、めんつゆ(みりんがあればみりん)。
洋食のスープは、コンソメに塩、コショウ。
中華スープは鶏がらスープに塩、コショウ、あればごま油。

ひとまずここまで揃えておけば、一通りのものは作ることができますよ。

一人暮らしでどこまで自炊をがんばるか、で調味料をどこまで揃えるか判断すると良いでしょう。
節約を考えてある程度するなら、最低限の調味料+和洋中の出汁の素は揃えておく方のがおすすめです。


スポンサードリンク

一人暮らしの調味料 あると便利なもの

必要な調味料(最低限+和洋中の出汁の素)を揃えたら、一人暮らしの調味料、あると便利なものもおいておくと、自炊で怖いものなし(笑)。

便利なのは

  • オリーブオイル
  • ごま油
  • ソース(ウスター、中濃ソース、お好みソースなど)
  • 味噌
  • しょうが
  • にんにく
  • オイスターソース

炒めたりするのに使うサラダ油と違い、風味づけ、ドレッシングにもなるのが美味しいオイル類。
オリーブオイルはイタリアンには必須、ごま油は中華ではほぼ必ず使います。

酢は、酢の物、煮物、サラダのドレッシング、また夏場の傷み防止にご飯に酢を少量混ぜたりなど、少量でも意外と便利な調味料
ドレッシングは市販品もたくさんありますが、オリーブオイルに塩、コショウ、酢でイタリアンドレッシング、ごま油に醤油、酢で和風ドレッシングになります。
混ぜ方次第で、好み、その日の気分で味を変えられるので、大きな瓶を買うよりおすすめ。
あれこれ瓶を買うとそれだけで場所を取りますし、意外と使い切らずに残ることも多いので(汗)。

ソース類は、関西ならお好みソース、関東なら中濃、ウスターソースが活躍するかな。
そのまま使うのもありですが、洋風の煮込み(ビーフシチュー、カレー、トマトベースのシチュー)に入れると味に深みが出ます。
トマト缶+コンソメにソースとケチャップで味を足すと、深みのあるトマトシチューになります。

味噌は味噌汁はもちろん、味噌炒めに使ったり、マヨネーズを足してディップでそのまま食べたりとあると活躍します。
発酵食品なので、体にもとても良い、万能調味料。

しょうが、にんにくは、中華には必須の組み合わせ。
肉に下味をつけるときにもよく使います。
スープに足すのも、味に変化がついておすすめです。

調味料としておいておく場合は、市販のチューブタイプのでも良いですし、粉末のパウダーでも代用は可能。
生の生姜とニンニクを買ってきて、すりおろしやにみじん切りをした後に冷凍保存もできます。
中華好きならあると便利な調味料がオイスターソース。
ごま油にニンニク生姜を炒めて香りを出してから、肉や野菜を炒め、オイスターソースと醤油で味付けすると、中華炒めの出来上がり。
ご飯にも合うおかずが簡単に出来上がります。

一人暮らしの調味料まとめ

一人暮らしの調味料、参考になりましたか??

せっかく揃えるなら、調味料はちょっといいものを揃えるのがおすすめです。
塩なら天然塩、醤油は本醸造、オリーブオイルもエキストラバージンオリーブオイル、など。
品質の良いものは、そのままシンプルに使うだけで美味しいです。

野菜を茹でてオリーブオイルに塩で食べるだけでも、美味しい天然塩なら、それだけでご馳走。
美味しい料理を作れば、さらに自炊への意欲も湧きますよ。

スポンサードリンク

ぜひ、記事を参考に、一人暮らしの準備してくださいね。

 - 生活howto ,