いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

伊勢子連れ旅行記(近鉄切符編) 鳥羽水族館編 伊勢神宮参拝編

      2015/06/18

伊勢旅行子連れで伊勢旅行行ってきました。
大阪から近鉄電車に乗って、1泊2日の家族旅行(夫婦、3歳、⒌歳)です。

私の目的は伊勢神宮参拝、子供の思い出作りに鳥羽水族館に行った旅行記です。

スポンサードリンク

伊勢子連れ旅行記(近鉄電車切符編)

年末に、伊勢に旅行へ行きました。
旅の目的は伊勢神宮参拝です。

車がない我が家は、レンタカーか電車かを迷い、安くでいける近鉄特急を選択。
難波から伊勢はだいたい3000〜3500円で2時間ちょっと
子連れでも、大阪から気軽にいける旅行スポットだと思います。
また、お得な切符も種類豊富に出てますね。
伊勢神宮参拝切符は6600円で往復特急券に伊勢のフリー区間&パスが乗り放題だし、
まわりゃんせは、9800円で切符プラス観光施設の入場料付きです。

伊勢神宮参拝と鳥羽水族館には行くのを決めていたので、まわりゃんせを買っても良かったのだけれど、
まわりゃんせで行くなら、もっと観光施設をがっつり周りたいと思ったので、こちらは次回にまわしました。
使うなら、メリットを思う存分使い倒したい性質なのです(笑)。
志摩スペイン村、鳥羽水族館、真珠島、二見シーパラダイスなどの観光施設が無料なので、アクティブに回りたい場合は絶対おすすめチケットです。
幼児はまだ移動に何かと時間がかかるし、活動時間が短いですが、大人と同じように動ける小学生連れには特に良いと思います。

ちなみに、我が家が選択したチケットは、
近鉄の株主優待乗車券を、チケットショップで購入するというもの。
この乗車券に、特急券を追加します。
相場は、だいたい1500円前後なので、鳥羽まで乗車する場合は、600円程割引になります。
もっと遠くに行く場合はさらにお得になるので、時間はかかるけど名古屋へ行くときに使うなんかも良いですね。

スポンサードリンク

我が家が行った時期には伊勢神宮参拝切符がなかったのですが、あればそっちでも良かったなぁと思います。
バスも無料だし、トータルすると参拝切符の方が安かったはず。

伊勢子連れ旅行記(鳥羽水族館編)

1日目はのんびり出発だったので(難波10時頃発)、まずは鳥羽へ向かいました。
伊勢旅行でおすすめといえば、鳥羽水族館ですが、入館料が2500円と結構高い
また、伊勢にはもう一つ水族館、二見シーパラダイスは半額の1260円なので、迷うところ・・・。

鳥羽水族館、二見シーパラダイスの口コミ
鳥羽水族館は、高いけど、施設が綺麗、展示もたくさんあり(展示数は日本一だそうです)値段の価値はある。
二見シーパラダイスは、施設は古いが、他にはない動物との「近さ」「ふれあい」が魅力。安いのも良い。

とのことでした。
我が家は、水族館にはしょっちゅう行っているので、展示が綺麗な鳥羽水族館よりかは、二見シーパラに行こうかなと思っていたのですが、調べると、電車の場合交通の便が悪い。
バス利用って子連れの場合は結構めんどくさいんですよね(ちなみに下の子のバギーは持参していたので)。

ということで、渋々(笑)駅から近い鳥羽水族館へ行くことにしました。

鳥羽駅から歩いて5分程度なので、すぐですね。
入ってみて、展示を見て、値段の高さに難癖つけてたことを詫びましたよ(笑)。
すっごい良い!
展示がほんとに見やすくて、よく考えらてるなーと。

さらに、セイウチのショーを見て、このクオリティの高さにひれ伏しました(笑)。
伊勢に行ったら、絶対行くべき、セイウチ(鳥羽水族館)見るべきです!!!

ショーに出てる飼育員のトークがすばらしい
セイウチの芸がすばらしい、しかも目の前、さらに触れます。
大きな動物が苦手だと触るのは厳しいかもしれませんが、動物好きな上の子はしっかり触ってましたよ。
こんな貴重なこと、なかなか出来ませんもんね。
水族館好きな知人が「鳥羽水族館が一番だよ」と言うのが納得です。

繁忙期は、ショーは立ち見で全然見れないことも多いそうなので、スケジュールをチェックして早めに行くことをおすすめします。

他アシカショーもありましたし、3時間の滞在では全然時間足りませんでした。
(海⚪︎館は1時間で見終わってしまいますが)

風が強く寒かったので、ミキモト真珠島なども見ることはせず、1日目の観光はこれで終わり。
とはいえ、海女さんの素潜りは、私が子供の時に見て「??」と思った記憶があるので、もともとブランには入れずですが。
鳥羽水族館だけでも半日、他にも回るなら鳥羽だけで1日は必要ですね。

後ろ髪引かれるまま、早めの夕食を食べに、駅に向かいました。
夕食は駅前にあるビル、鳥羽一番街にてとりましたが、
こちら、なんと閉まるのが17時半!!
営業時間をチェックしておらず(ってか、そもそもそんな早いとは思わず)、閉店ギリギリに入店してしまいました・・・。

鳥羽水族館からは、水族館から駅に向かって歩いて、交差点を左手に進んだ道に飲食店が並んでいるようなので、
夕食の場合はそちらの方がゆっくり食べれると思います。

鳥羽一番街はお土産屋もあるので、もっとゆっくり見たかったなぁ〜。
食べた手ごね寿司は美味しかったです。

伊勢旅行

伊勢子連れ旅行記(伊勢神宮参拝)

旅行2日目は伊勢神宮参拝です。

早朝参拝しかったので、伊勢市からすぐのホテルをとりました。
我が家の子供達は朝はすんなり起きるので、この日も、6時過ぎに起床。
食事なしの素泊まりプランだったので、身支度を整えて、7時に下宮へ向かいました。

下宮参拝は、
御正宮 → 多賀宮 → 土宮 → 風宮

の順に参拝します。
子供の足でも1時間かからない位で回れました。砂利道なのでベビーカーは厳しいと思います。

下宮を参拝してから、我が家は朝ごはんを食べに行きました。
(それまでに2歳の下の子はお腹が空いたとふてくされてましたが。)
朝食は、伊勢神宮らしく、あそら茶屋でみそぎの朝粥を。
雰囲気もよく、とても美味しかったです。粥はお代わりできるので、子供と分けても満腹になります。

その後、ホテルに戻り、チェックアウトしてから、内宮へ向かいました。
内宮行きのバスはたくさん出ているので、困りませんね。
昼少し前の参拝ですが、やはり伊勢神宮の清々しさは格別。
凛とした気持ちになります。

子連れで行く場合、参拝マナーを覚える良い機会になるかと思います。
御手水での清め方、御参道は端を歩くこと(真ん中は神様の道)、鳥居の前で挨拶すること、お参りは二拝二拍手一拝。
近所の神社では、ちゃんとやっている方は少ないですが、さすが伊勢神宮、周りもちゃんとやってます。
お手本があると、子供も当たり前のようにしてくれます(笑)。

内宮参拝は
御正宮 → 荒祭宮 → 風日祈宮 → 子安神社

の順に参拝します。
子連れで回って2時間ちょっとで回れたと思います。
こちらは階段も多いので、ベビーカーは下宮よりもっと大変。

そうそう、伊勢神宮参拝で思ったこと、
「小銭、5円玉をたくさん用意しておくんだった・・・」
お賽銭は気持ちですが、やはり「ご縁」の5円玉でしたいですもんね(笑)。
あと、神宮内の写真撮影ですが、御正宮の階段下まではOKとされておりますが、個人的には宮に入ったら写真は控えるのが良いかと思います。
神は「神様の社、すなわち家」。
誰だって、お客さんが家に来て、家中を写真撮られたら嫌ですもんね。

参拝が終わって、清々しい気持ちになったところで、おかげ横丁へ。
食べようと決めていたのは、
赤福、豚捨のコロッケ、伊勢うどん、
の三つ。

赤福は定番ですが、やはり本店で食べるともっと美味しいです。
赤福餅と冬なのでぜんざいを頂きました。夏は赤福氷がありますね。

豚捨のコロッケは、コロッケはそんなに好きではないですが、これは何個も食べたい位美味しかったです。
行列はなく買えましたが、年末の混雑時に行った友人は10m位は並んだそうです。

そして予想以上に美味しかったのが、「ふくすけ」の伊勢うどん
うどんと言えば、さぬきうどん、コシが強いのが好みなので「柔らかい伊勢うどんなんて邪道」と思ってたんですが、
鳥羽水族館並みの感動で(笑)、めちゃくちゃ美味しかったです。
食べ歩きでお腹も膨れてきてたので、普通サイズを子供と分けたのですが、もっと食べれば良かったと後悔。
そして、もう一回注文するには、お店が混雑しているので、諦めました・・・。
冬休みと言えど平日でしたが、ここは20分程待ちました。
やはり人気店ですね。

その後、下宮行きのバスに乗り、駅に向かい近鉄電車に乗って帰宅しました。
帰りはガラガラ、子供達の席もとってゆったり帰ることができました。

伊勢神宮参拝は子供にとっては「?」と言った感じですが、それでも漂う雰囲気の良さ、景観の素晴らしさは感じるようで、
また行きたいと言っていました。(後のおかげ横丁食べ歩きにつられてる部分も大きいですが)伊勢旅行

まとめ

いかがでしたか?
子連れで伊勢旅行は、電車旅行の中でもかなり楽でした。
目的を絞って、ゆったりスケジュールだったのもありますが、これなら年に1度はお伊勢参りが出来るんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

次回は、子供メインで、まわりゃんせを使い倒した旅行にしたいなー。

 - 旅行・スポット ,