いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

四国旅行子連れ 赤ちゃん幼児連れモデルコース 香川のおすすめうどんは?

      2015/06/21

四国旅行

大阪・関西からは日帰りで気軽に行ける四国。

我が家は子供が産まれてからも、旅行にちょこちょこ行っています。

子連れで行く四国旅行、赤ちゃんや幼児がいてもおすすめのモデルコースや、香川のおすすめうどん店など、まとめてみたいと思います。

四国旅行を予定してる方、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

四国旅行子連れ(幼児、赤ちゃん)のモデルコース(1泊2日)

四国旅行は、子連れでは、子供が2歳半と私が妊娠半年の時と、子供が5歳、3歳の時に行きました。

我が家の場合、四国旅行と言えば、香川と徳島をめぐるコースが中心です。

香川のうどんがメインの場合は1泊2日、さらに徳島の方まで行く場合は2泊3日位で回ると無理がないです。

基本的にうどん屋はまばらで車でないと移動できませんから、車が無い方もレンタカー必須ですよ!

関東に住んでいるとこの辺りの距離感覚は全くわからないと思います。

四国旅行1泊2日の場合

1日目 香川中心にうどんと金比羅

香川でうどんツアー

金毘羅宮を参拝

金比羅さん近隣で宿泊

2日目 うどんと鳴門の渦潮見学

うどんツアー

徳島の鳴門(明石海峡大橋側)から淡路島経由で帰還

四国旅行、香川と言えば、うどんの食べ歩きを目的にしてる方も多いのでは?

お店などは、後ほど詳しく紹介しますが、うどんツアー、子連れでもお勧めです。

お座敷のお店も多いですし、取り分けもしやすく、何より美味しいので。

1日に2,3件行きましたが、麺好きの我が子たちは大喜びでした。

また、香川の観光スポットと言えば、金毘羅さんですが、こちらも子連れでもお勧めです。

2歳半位なら、ほぼ全部の階段を上りきれますよ。

子供って何故か階段が好きなんですよねー。

普段歩かない子でも、楽しそうに登りますよ。

まだ歩けないお子さんの場合は、抱っこ紐持参で行って下さいね。
(階段のみ、スロープ類はないので、バギーでは行けません。)

また、徳島の鳴門の渦潮は、世界でも3つしかない渦潮の一つなので、観光にはお勧めです。

満潮、干潮の時間を調べて、時間帯を選ぶと、本当にぐるぐると大きな渦が見えます。

渦の道(http://www.uzunomichi.jp/)なら、パノラマビューで渦を一望できますし、バギーでも渡れるので赤ちゃん連れでも安心です。

大人で600円程度ですが、海面から50m近い高速道路の下を歩いてガラス張りの床から真下に渦が見えます・・・高所恐怖症の人は絶対無理です。

迫力満点の渦を見たいのであれば、観覧船がおすすめですね!(http://www.uzusio.com/)。

渦潮の近くには、大塚国際美術館(http://www.o-museum.or.jp/)と言う西洋名画のレプリカを展示した美術館があります。

入館料は日本一高いと言われていますが、芸術好き・絵画好きの方は一見の価値がありますよ。

本物では出来ない名画と記念撮影なども出来ますし、是非、覗いて欲しい場所です。

鳴門から淡路島を通って帰る途中、時間があれば、淡路島公園(http://www.hyogo-park.or.jp/awajishima/)に立ち寄ると子供達は大喜びすること間違いないです。

立ち寄ると言うよりも、1日中遊べるので、日中日帰りならここを目的にしても良いでしょう。

帰る日に、早めに鳴門、淡路島に向かって、ここで1日過ごすと言うパターンもお勧めです。

スポンサードリンク

四国旅行子連れ(幼児、赤ちゃん)のモデルコース(2泊3日)

子連れで四国旅行、2泊3日の場合のおすすめなのですが

四国旅行2泊3日の場合

1日目

香川でうどんツアー

金毘羅宮を参拝

金毘羅さん近隣で宿泊

2日目

うどんツアー

徳島の大歩危小歩危へ

近隣渓流温泉宿で宿泊

3日目

祖谷渓観光(かずら橋)

徳島の鳴門(明石海峡大橋方面)から淡路島経由で大阪・関西へ帰還

1日目と3日目は、1泊2日と同じ流れです。

2日目に、香川の琴平から、徳島へ抜けていきます。

2時間もあれば十分回れるので、我が家では、旅館のチェックイン時間の3時に合わせて、午前中にうどん屋ツアーをしてから徳島へ向かいました。

夏など、川遊びが出来る時期などは、早めに祖谷渓に向かっても良いと思います。

また、祖谷ふれあい公園(http://www.miyoshinavi.jp/03asobu/detail.php?genr=102&uid=SS000050)には、アスレチックやミニコースターがあり、子連れにはお勧めです。

徳島、大歩危小歩危・祖谷渓では、観覧船がお勧めです。

渓谷は本当に美しいので、癒されますよ。

また、小さい子供は落ちる危険があるので渡れませんが、かずら橋も是非チャレンジしたいところです。

かずら橋から少し下ったところから、川岸に降りれます。

水が透明で本当に美しいので、見るだけでも癒されますが、夏には川遊びも出来るようですよ。

我が家が行ったのは春だったのですが、次回は夏に来たいと思っています。

2日目は徳島に行きましたが、次は愛媛方面まで足を伸ばして3泊で道後温泉や、高知の方まで足を伸ばすことを考えています。

四国旅行

四国 香川うどん子連れのおすすめ

香川のうどん店、有名店ははずれなく美味しいです。

もう、後の違いは麺の太さや細さ、コシの感触、出汁の味の好みだけで、本当にどれも美味しいです。

子連れで行った有名うどん店

※食べログ上位店なので、味はどこも美味しかったです。子連れ目線でのコメントのみ書いてます。

長田in香の香

テーブル席のみ、大きなとっくりで出汁を出してくれます。
広い店内で居心地◎

蒲生うどん

席数は少なく、店の中ではなかなかタイミングが合わないと食べられない。
食べるのは主に外のベンチかたんぼのヘリに腰をかけてのんびり。
美味しいけど、子連れにはやや食べづらい。

山越うどん

店内は広いが、混雑してるので屋根付きの外の席で食べる。
テーブルはなく、大きな畳席(?)で食べるので、子連れにはやや食べづらい。
ただ、席は広いので蒲生よりはマシ、子連れもかなり多め。

中村うどん

テーブル席。
子供用の椅子ありで食べやすい。

竹清

狭い店内で、休日などは、混雑して立ち食いになる。
混雑時は幼児連れはちょっと避けた方がいいかも。
混雑してタイミングが合わないとうどん食べ終わってもてんぷらがまだ・・という場合が・・
駐車場が少ないので、周りで探すのに一苦労した。

うどん一福

座敷あり、乳児用のテーブルにひっかけるタイプの椅子もあるので、どの席でも大丈夫。
子連れもかなり多い。
比較的駐車場台数も多く待てばすぐに入れる

谷川米穀店

狭い店内で、テーブルがなく、椅子で器をもって食べる場合もある。
子供が食べ終わるのを待っていた人が席を空けるように言われていたので、子連れにはちょっとゆっくりしないかも。
山の中でポツンと離れてある店なのでヘッジが立てずらい。
営業時間はもともと短いのに、麺切れも早く実質1時間程度しか営業してないことも・・

四国旅行

まとめ

関西からは近く、グルメ、観光、温泉も揃ったお勧め旅行地の四国。

子連れでも、楽しい場所がたくさんあるので、定期的に訪れたい場所です。

小さい子供がいると、大人だけと違って、気軽にとは行かないけれど、それでも楽しい思い出が沢山出来る旅行になるよう、記事の情報が参考になればなぁと思います。

家族の楽しい思い出が増えますように。

スポンサードリンク

Have a nice trip!!

 - 旅行・スポット