いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

岸和田だんじり祭の観光プラン 楽しみ方は?見物スポットはどこ?

   

関西在住なのに、まだ見たことがない岸和田だんじり祭。
今年は、岸和田だんじりを見に行こうと思い、色々と調べました。

だんじりデビューおすすめの楽しみ方、見物スポットなどをまとめましたよ。
岸和田だんじりに行きたいなぁと思っている方、是非、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

岸和田だんじり観光プランを立てよう!

岸和田だんじり祭、いつあるの?と調べてみると、9月、10月、さらに試験引き、宵宮、本宮とあり、初めて行く場合はいつがおすすめなの?と迷ってしまいます。
まず、9月祭礼と10月祭礼の違いをまとめてみました。

9月祭礼(春木地区・旧市)
10月祭礼に比べて規模が大きい(特に旧市)出店がたくさん。駅から近い。
10月祭礼
9月に比べて規模は小さいが岸和田(山側)のあちこちでやっている。地区によっては出店がほとんどない。

TVで放映される岸和田だんじり祭は9月祭礼の旧市地区のことをさすようです。
TVで見るような迫力のある派手なだんじりが見たいなら、9月祭礼、混雑なくゆっくりとだんじりを楽しみたい場合は10月祭礼や9月祭礼でも春木地区に観に行くのがおすすめだそうです。

岸和田だんじりの楽しみ方

岸和田だんじりを楽しみ方といえば、やはり「やりまわし」の見物ですよね。
【「やりまわし」が見れる時間】

宵宮
曳き出し(午前6時〜7時半)
午前曳行(午前9時半〜11時半)
パレード、午後曳行(午後1時〜5時)
灯入曳行(午後7時〜10時)
本宮
宮入(午前9時半〜12時半)
午後曳行(午後1時〜5時)
灯入曳行(午後7時〜10時)

※9月祭礼の宵宮、本宮が有名ですが、本宮2週間前、宵宮前日に行う試験曳行(午後2〜4時)や10月祭礼でもだんじりを見ることはできます。

上記日程のうち、さらにおすすめの時間帯があります。

岸和田だんじりおすすめの見物時間帯
宵宮曳き出し(朝5時半頃〜)
宵宮の駅前パレード(午後1時〜)
本宮午後の曳行(16時頃)
両日の灯入曳行(夜19時~)
宵宮の朝一番と本宮の夕方(午後曳行の最後辺り)は、最初と最後ということで、皆気合も高まって迫力があるそうです。駅前パレード参加するだんじり全てを見ることが出来る唯一の機会。また、灯入れ曳行昼間と違った風情があるとのことで、こちらも屋台と一緒に楽しみたいところですね。

予定を立てる際、可能であればこの時間帯で見物ですると、岸和田だんじりらしい迫力あるやり回しを見ることが出来ると思いますよ。

スポンサードリンク

岸和田だんじりの見物スポットと注意すること

岸和田だんじりの見どころである「やりまわし」を見物すなら、
カンカン場、岸和田駅前が有名ですね。また、宵宮のパレードの場合はアーケードも見物スポットです。
こちらは人気の見物スポットなので、朝早くから場所取りをしないと見るのは厳しいです。(このスポットで見物する場合は開始前の2〜3時間前からの場所取りが必要

そこで、初心者におすすめなのが、
カンカン場の左側「船津橋」、その下「らんかん橋」、カンカン場右の「北町」交差点、その下「菊右衛門橋」(通称:武部)でのやりまわし、だそうです。
また、「やりまわし」ではなく、直線にはなるけれど、カンカン場ずっと左手の「疎開道」での見物もおすすめ。道沿いに立ち並ぶ民家や地元のお年寄りが見物する景色とあいまって、町民文化であるだんじり祭の風情が味わえます。

岸和田だんじりといえば、9月祭礼の岸和田地区でのだんじりが有名ですが、穴場として、同日の春木地区のだんじりか、10月祭礼を見るのをおすすめされている地元の方も多いですね。
混雑が苦手な場合は、こちらでの鑑賞が良いかもしれません。岸和田だんじり

まとめ

スポンサードリンク

岸和田だんじりは9月祭礼の場合、残暑が厳しいですので、熱中症対策はしっかりとしましょう。(暑さと人出の多さで暑さが増します)
また、だんじりは過去見物人を巻き込んだ事故も起こっている、危険と隣り合わせの祭でもあります。警備や誘導に当たっている祭礼関係者の言うことには従って、安全に楽しく見物してくださいね。

 - イベント ,