いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

アトピーにも使える無添加化粧水の手作りレシピ 無添加化粧水で乾燥肌対策

      2016/10/21

化粧水無添加涼しくなってくると、普段大丈夫でも、肌の乾燥が気になってくる、と言う方も多いですよね。
私は、アトピーだったのですが、今はだいぶ改善しました(食事が荒れると、痒くなることはまだありますが)。

食事はもちろんですが、変えたのは化粧水。化粧水ジプシーをしていた中、アトピー持ちだった友人に「これなら安心」と教えてもらった無添加化粧水を今でも愛用しています。
アレンジも効くので、自分の肌の状態に合わせて対策がしやすいですよ。
今の肌の状態に悩んでいるなら、是非、一度試して見てくださいね。

スポンサードリンク

アトピーにも使える無添加化粧水の手作りレシピ

アトピー持ちの私が愛用している無添加手作り化粧水、その名も「美肌水」。
過去、健康雑誌にも取り上げられたので、アトピー肌や敏感肌の人の間では結構有名みたいですね。
さて、その作り方ですが、

美肌水の作り方
材料
グリセリン … 小さじ1(5ml)
尿素 … 50g
水道水 … 200ml
作り方
1. 空き容器に水と尿素を入れ、よく振る
2. 尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く振って出来上がり

これは原液なので、顔に使う場合は原液を水道水で10倍に、体に使う場合は原液を水道水で5倍に薄めて使いましょう。
原液は冷蔵庫に保存して半年持ちます。

私は50ml容器を1週間くらいで使い切るくらいバンバン使っています。おすすめなのは、ローションパックですね。肌の透明感が増し、しっとりします。

完全無添加なので、赤ちゃんにも使えますよ。
子供のオムツかぶれに使った時、使ったお尻の周りが白くなったのにはびっくり!まさに「美肌水」と感心した覚えがあります(笑)。
我が家は、ビワの葉やドクダミの葉ローションも手作りしているので(ビワの葉をホワイトリカー(35度以上の蒸留酒であればOK)につける)、それを足したりも。どくだみやビワの葉は肌のかゆみにも効果があるので、あせもなどで湿疹が出たりかぶれた時などには美肌水と混ぜて使っています。

100mlでも原材料費数10円なので、思い切り使えます。
安いプチプラ化粧水よりもはるかに安く、効果も高いので、手作り化粧水はおすすめです。

スポンサードリンク

無添加化粧水で乾燥肌対策

すずしくなってくると肌が乾燥してくる人も多いですよね。
そんな場合は、無添加手作り化粧水をアレンジして、乾燥肌対策をしましょう。

一番簡単な方法は、グリセリンを少し多めにすること。乾燥がひどい時期は、お風呂に直接入れると言う人もいます。手作り化粧水を作るのに買ったけど、なかなか減らないので、消費(?)にもなるし乾燥肌対策にもなるし、おすすめですよ。

または、美肌水に、保湿効果のある物を追加する。はちみつは美肌、保湿効果が高いのでおすすめです。パックもおすすめです(はちみつパックはタレントのIKKOも愛用してるそうです)
悩みに応じてアロマオイルを追加したり、フローラルウォーター(アロマオイルを精製する時に出るアロマオイルと同等の効果のある液体)で原液を割るのも良いです。
この場合のアロマオイルやフローラルウォーターはできるだけ質の良い物を選びましょう。
プラナロムや、フィトサンアロームなど、フランスで医療現場で使われているレベルのブランドがおすすめです。

まとめ

スポンサードリンク

CMなどがバンバンされている高価なブランドの化粧品は、値段の8割以上が広告費と言われています。つまり、値段に見合う成分はとても少ないんですね。
さらに、色々な物が添加されている物も多いので、肌を綺麗にするつもりが、実は負担をかけていることも多いです、
長く使える物は、シンプルで安心な物なんですよね。
アトピーや乾燥肌の場合、この時期は憂鬱ですが、肌に優しい無添加の化粧水で乗り切って下さいね。

 - ファッション・美容 ,