いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

子供の虫刺され対処法 搔き壊しをさせない方法 跡を残さないケア

   

楽しい夏、だけど虫刺されなどの肌トラブルで気が気じゃないというママもいるのではないでしょうか。

子供は特に刺されやすく、肌が弱いので、虫刺されでも甘くは見れません。
早めの対処法が基本、搔き壊しさせずに、跡を残さないために正しいケアをしましょう。

スポンサードリンク

子供の虫刺され対処法

子供の虫刺されの対処法の一番大事なポイントは、刺されたらすぐケアすること。

子供の虫刺されの対処法
・刺されたら、幹部をすぐ洗い冷やす(服などに虫がついている可能性もあるのでシャワーをあびるとなおよい)
・どの虫さされか分からない場合や、腫れが出てきた時は、皮膚科を受診する
・かきこわさないように薬を塗る

虫刺されと侮るなかれ、ちょっとでも気になったら皮膚科を受診しましょう。
夏の皮膚トラブルは虫刺され以外にも色々とあり、さらに対応する薬は違います。
虫刺されと思っていたら「水いぼ」で、水いぼの治療には逆効果になる虫刺されの薬を塗っていた、なんて話もあります。
自己判断は禁物です。虫刺され子供

子供の虫刺され搔き壊しさせないためには?

子供の虫刺され、搔き壊してしまうと、とびひになる可能性があるので、要注意です。

まずは、子供の爪は短く切りましょう。
そして、かゆみ止めの薬はこまめに塗るようにしましょう。
搔き壊しさせないために、シールタイプのかゆみ止めや、薬を塗ったらガーゼとシールでカバーしたり、手足なら軽く包帯を巻くと良いでしょう。
ただし、蚊による虫刺されの場合は、こまめに薬を塗った方が効果的だそうです。

あとは、言い聞かせも重要。
「痒い痒いが治らないから、取っちゃダメだよ」など、搔き壊ししないように、子供自身にも気をつけさせましょう。
2歳位なら理解はできますので、根気よく言い聞かせましょう。

夜寝ている時は体温が上がり、かゆみがますので、エアコンの設定を少し涼し目にし、痒がる前に薬を塗り直してあげると良いでしょう。

スポンサードリンク

子供の虫刺され跡を残さないためには?

子供の虫刺された跡を残さないために、確実なのは、「さされたらすぐケアをすること」だそうです。
かゆみが出て、腫れが出てきた時にケアすれば、跡はほとんど残らないそうです。
搔き壊しして、雑菌などに感染すると、それが跡となります。つまり、虫刺され跡は、虫刺された跡の搔き壊し等による2次感染です。

跡ができてしまってからは遅いですが、さらにそれを放置して、市販薬などや自宅ケアなどではなかなか解決も難しいです。
その跡が何によってできたものなのか、シミになってからどれくらい時間がたっているのか、さらに個人的な体質なども含めると、個々に解決方法が違うので、虫刺され跡ができてしまった場合は、皮膚科の受診をした方が良いでしょう。虫刺され子供

まとめ

子供の虫刺されの対処法についての記事、いかがでしたか?
刺された後の対応について主に書いてきましたが、一番の対策は、虫刺されを予防すること。

・虫除けスプレーをこまめにする(子供にも使えるディート不使用の物を選びましょう)
・長袖を着る(子供は嫌がるかもしれませんが)
・こまめにシャワーを浴びる

スポンサードリンク

などして、虫除け対策を十分にしてくださいね。

 - 生活howto ,