いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

ハロウィン男の子に簡単な仮装は?衣装を100均で揃える。手作りする場合は?

      2015/08/17

ハロウィンの衣装を出来るだけ簡単に済ませたいと思っている男の子ママさんにおすすめ。

普段着を使った簡単ハロウィン仮装、100均アイテムの使い方、不器用ママでも絶対できる手作り衣装などをご紹介。
1日だけのためにお金はかけるのは嫌だけど、それなりにハロウィンらしくしたい願望、叶えます!

スポンサードリンク

ハロウィン男の子に簡単な仮装は?

ハロウィンパーティーやイベントにお呼ばれしたけど、仮装はどうしよう・・・。
たった1日のために、高い衣装を揃えるのは嫌ですよね。
そこで、男の子におすすめの、普段着をアレンジした簡単ハロウィン仮装をご紹介します。

ハロウィン簡単仮装① ドラキュラ

白シャツ+黒ズボン+蝶ネクタイ+黒マント
蝶ネクタイは紙で作っても良いし、黒マントは黒ゴミ袋でもOK。
さらに、髪の毛をオールバックにセット、牙をつけて(スーパーのお肉や魚のトレイで作れます)、唇に赤いリップを少しつけてあげると、かなりリアルに。

ハロウィン簡単仮装② ミイラ男

白Tシャツ+白ズボン+白い布
白い布の代わりにトイレットペーパーでもOK。ただし、落ちてゴミになりやすいので、場所や着る時間などを確認した上で判断を。
白い布は余裕があれば、紅茶で染めると、雰囲気がさらに出ます。きつく巻きすぎると動きにくいですが、緩くしすぎて布が垂れていたりすると、ひっかけて危ないので注意。
長い布で全身を巻くのでなく、短い布で何回か巻く方が良いでしょう。

ハロウィン簡単仮装③ おばけ

普段着+大きめの布
白、黒、紫などの布に、お化けの顔(目と口)を書いて、頭からかぶる。(子供の腰や膝が隠れるくらいの長さになるように)

ハロウィン簡単仮装④ 海賊(船長)

白シャツ+ダボっとしたズボン(赤、黒、茶色など)+ベスト+帽子+ブーツ(黒か茶色)+剣
ベストをジャケットなどにするとさらに、船長感が増します。
帽子は黒の画用紙で作って、真ん中に白でドクロマークを。さらに、黒眼帯があると雰囲気がアップします。

ハロウィン簡単仮装④ 海賊(手下)

ボーダーTシャツ+ダボっとした黒ズボン+バンダナ+剣
ボーダーTシャツは、白シャツでもOK。雰囲気が足りないようなら、腰に布を巻いたり、ベストを着せると雰囲気アップ。(赤、黒、白の組みあわせがおすすめです)
おどけた海賊風に口の周りを囲むヒゲを描くのもかわいいです(ヒゲを書いたマスクを付けるのも簡単なのでおすすめです。)

ハロウィン簡単仮装⑤ ピーターパン

緑のパンツ+黄緑色の半袖Tシャツ+茶色のベルト+茶色のブーツ+どんがり帽子
この色のパンツとシャツがあれば、他の簡単仮装より被らないのでおすすめ。
シャツの袖と裾にフェルトなどで装飾(裾のフリフリを付ける)すれば、雰囲気がアップ。ベルトは100均で、とんがり帽子も画用紙で作れます。

ハロウィン簡単仮装⑥ かぼちゃ

無地シャツ+パンツ+マント+帽子
オレンジ色のジャックオランタンのマントをつけ、帽子をかぶれば、それだけでハロウィ〜ン。
マントや帽子は作ってもよし、100均でもあります。他、ネクタイなどのアクセサリーもありますので、つけるのもおすすめ。

 

衣装は「服」と決めつけなければ、ハロウィンの仮装は簡単、どの衣装だって作れます。
仮装の雰囲気を出すには色選びが大事。あとは小物を足せば、雰囲気は出せますよ。ハロウィン男の子

ハロウィンの衣装(男の子)を100均で揃える!

昨今の100均は商品充実。
ハロウィンの仮装だって、100均で十分です。

100均に売っているハロウィン仮装アイテム
・とんがり帽子
・マント
・アフロかつら
・マスク
・サングラス
・ネクタイ
・カチューシャ
・アクセサリー
・ステッキ
・メイク用ペイントペン(ミラクルペイント)
・フェイスデコシール

ハロウィンパーティのレベルにもよりますが、本格的な物でなければ、とんがり帽子にマントで十分だったりします。
メイク用品も揃っているので、ほっぺなどにシールを貼るのもパーティーっぽくなりますね。

100均商品は回転が速いので、出遅れるとすぐ売れ切れになるので要注意です。
また、商品も毎年同じ物ではないので、これが欲しいと思っていてもないこともあります。9月頃から店頭に並び始めますので、気に入った物はすぐに購入した方が良いです。
10月後半には、すでに店頭はクリスマス仕様になっています。

スポンサードリンク

ハロウィンの衣装(男の子)を手作りする

どんな不器用ママでも簡単にできるハロウィンの衣装の手作りの仕方をご紹介。
男の子の仮装にぴったりですよ。

光るマント

黒い生地のマントに、夜光塗料(暗闇で光るおもちゃ)のゴーストやクモを貼り付ける。
そのままマントを使うとかぶるし、一工夫したい時にオススメです。
マントのデコは、100均一でハロウィンのフェルトマットを切って貼るのも、超簡単です。

コウモリの衣装

マントの裾をギザギザに着る。両サイドの端にリングをつける(着る時に中指にはめる用)

ガイコツの衣装

骨の模様を白フェルトで作り、黒いTシャツ、スボンに付ける。
前面だけでもOK、余裕があれば、背面も。Tシャツはパーカーでも良い。

 

ミシンがなくても余裕で作れるものを集めました。簡単でしょ??

まとめ

子供の成長は早いです。
イベントは楽しみたいですが、来年も着れない1日だけの衣装なら、賢く普段着と100均、手作りで乗り切ってしまいましょう。

スポンサードリンク

お子様と楽しい日になりますように。

 - イベント ,