いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

北海道旅行冬の服装は?あると良い持ち物は?靴はどうする?

      2016/10/21

寒くない本州から北海道旅行を予定している方必見。
北海道旅行を楽しむための服装、持ち物、靴はどうすれば良いかをまとめました。

寒さに凍えるとこなく、快適に楽しむ北海道旅行情報、ぜひチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

北海道旅行冬の服装は?

北海道旅行、冬に行く時は悩むのは服装ですよね。

寒いから防寒対策をしっかりと言われても、どれくらいの防寒が必要なのか迷います。
札幌などの街中にふさわしい格好を、観光客の体験談や道民のみなさんの助言からまとめました。

北海道旅行冬の服装のポイント
・アウターは東京などと同じダウンコートでOK
・インナーに着込みすぎない(3〜4枚でOK)
・温度調節出来る服装
・足元を冷やさない(ズボンの下にタイツがおすすめ)
・首元を冷やさない

寒い寒いと行っても、旭川などの雪深いところでなければ重装備にしなくても大丈夫です。アウターはダウンコートで十分です。
札幌などでは地下街で移動がほぼ可能、さらにお店などでは暖房が効いているので、かなり暖かいです。
ですので、脱げないような厚着は、お店や電車で大変な思いをすることになるので、温度調節が可能なようにしておくことが大事です。
重ね着と言っても何枚も重ねる必要はありません。
肌着、薄い長袖(ヒートテック)、厚手の長袖(裏毛のトレーナーやセーター)などで、大事なのは、空気を遮断すること。
襟元、袖口、裾、トップスとボトムスの境目などから空気が入ってくることを防げば、枚数を着込まなくても温かくなります。逆に、何枚かさねても、隙間があると寒くなります。
首元はマフラー、袖口は手袋、ボトムの裾はブーツイン、アウターがロングであれば完璧です。北海道旅行冬

北海道旅行冬の持ち物は?

北海道旅行冬に行く場合、あると良い&必須の持ち物をまとめました。

北海道旅行冬の持ち物
・手袋
・マフラー
・カイロ
・耳まで隠れる帽子(帽子&耳あて)
・そこが厚い靴(できればブーツ)
・リュックやショルダーバック

手袋、マフラー、帽子は必須です。
カイロは外歩き中に寒い場合使用します。
とはいえ、外歩きで寒さを感じたら、すぐお店などに入って暖を取るようにする方が良いです。
カバンはリュックやショルダーバックで両手が空くようにしておきましょう。
転んだ時に受身が取れるようにするため、かつ尻もちついた時にカバンがクッション代わりになることもあります。

スポンサードリンク

北海道旅行冬の靴はどうする?

北海道旅行冬に行く場合、忘れてはいけないのが靴の問題。
雪と氷を歩くのに、普通の靴ではダメです。

北海道民は冬は靴も「冬靴」に衣替えします。
冬靴とは、「滑らない」「染みない」「あったかい」靴のことで、靴底に滑り止めがついている靴のことをいいます。
見た目が普通の靴でも、裏を返すと靴の滑り止めついた靴を必ず履いています。

冬の北海道へ行く場合、靴の対策は、
・付け外し可能な滑り止めを購入し、普段の靴に付ける
・到着してから、現地の靴修理店で滑り止めをつける
・北海道で靴を買う

のいずれにかになります。

それぞれの詳しい対応や、転ばないための歩き方などはこちらを参考にしてくださいね。
北海道旅行冬の靴はどうする?雪で靴が滑らない方法と歩き方

まとめ

北海道旅行、札幌市内など街歩きなら、格好は重装備じゃなくても大丈夫。
子供はスキーウェア着ていますが、大人はほとんど見かけません。
とはいえ、北海道民は冬は出歩かないから、軽装でいけるというのもあります。
外歩きがっつりの場合、やや着込んでおいた方が良いですよ。

スポンサードリンク

楽しい旅行になりますように。いってらっしゃ〜い。

 - 旅行・スポット ,