いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

水着胸が大きく見えるのは?色 盛り方で簡単に谷間を作る

      2017/05/17

水着胸が大きく見えるのは?色 盛り方で簡単に谷間を作る水着を着た時、胸を大きく見える方法があるって知っていますか??

ちょっと工夫と、水着の選び方で、
小さめ胸でも盛って、谷間だって作る方法まとめました。

水着を買う前に、ぜひチェックしてみて!!

スポンサードリンク

水着胸が大きく見えるのはどれ?

水着を購入する際、胸が大きく見えるものを選べば、
小さめ胸でも、大きく、さらに形良く見せることは可能です。

胸が大きく見える水着はビキニの形に気を付けましょう。

胸が大きく見えるのは、

・ホルターネック
・三角ビキニ

この条件が当てはまっている水着がおすすめです。
理由は
「胸を寄せることができる」
「谷間を強調できる」

です。
ボリュームがないのに、寄せれないという場合は、パットを入れればOK!
また、ビキニの真ん中をちょっと寄せて縫い付けると、寄せやすくなります。
ワイヤー入りは、胸が小さすぎる場合はカパカパ隙間になるので要注意。
隙間ができないか確認をしましょう(パットを入れて調整できるならOK)。
隙間なくジャストなら、ワイヤー入りは胸の形を綺麗に見せるので、胸も大きく見せるやすく選択肢に入れるのはありです。

逆に胸が小さく見えてしまう水着は、バンドゥータイプ、チューブタイプのもの。
扁平っぽく見えるので、大きく見せるのには不向き
フリルたっぷりの水着で「胸を隠す」という着方にするならありですが、大きく見せたい場合には、選択肢から外すのがベターです。

 

胸が大きく見える水着の色は?

胸が大きく見える水着、色選びも重要です。

おすすめの色は、
白や薄いピンクなど肌に近い色、
もしくは
ビビッドな暖色カラー。

柄もはっきりとしたものがおすすめです。
大きなリボン、フリルがあるとなおよし。

全体的に、はっきりと目立つ色柄が胸を大きく見せるにはおすすめです。


スポンサードリンク

水着を着た時の胸の盛り方

水着を着た時、胸を盛るなら、パットを入れるのはもはや常識。

おすすめなのはやはりヌーブラビーチ。

水着専用ヌーブラは、剥がれにくいし、水着でも見えにくいサイズ感が絶妙。
種類が豊富なので、ベーシックなのはヌーブラビーチプラス。
ヌーブラビーチだけで水着の胸を盛る、谷間メイクをするなら、これがおすすめですね。

やや胸の外側、下側につけて、ぐっと上と内側に寄せてるとボリュームアップ、谷間ができます。

胸が小さいけど、どんなことしても盛りたい!!!
という場合は、極厚パット+ヌーブラビーチのダブル使いも良いですよ。

水着はワイヤータイプのホルタービキニ、ワイヤータイプにはパットがついていることも多いので、ここにパットを入れます。
サイズによっては極厚パットに変えてもOK。
さらに、ヌーブラビーチをつけてボリュームアップした胸にこのパッド入り水着を着てみてください。
ほぼ、間違いなく、盛れます。

水着の胸の盛り方のポイントは「パットはやや下、外側につけて、水着を着た時にぐっと寄せる」です。
水着は濡れると緩むので、小さめ、着る時は紐をきつめにしましょう。

あとは、やっぱり内側からのケアもするのもおすすめですね。
早いと数日でサイズアップしますし、サイズアップまでいかなくても、ハリが出たら盛りやすくもなります。

水着胸が大きく見えるのは?色 盛り方で簡単に谷間を作るまとめ

スポンサードリンク

これで水着を着た時の胸は絶対大きく見えるので、完璧!
せっかくの夏、水着では胸はじゃんじゃん盛って、楽しんでくださいね。

 - ファッション・美容 ,