いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

卒園式と入学式を同じ服にする時のおすすめの色、印象を変える着まわしのコツ

      2017/10/26

卒園式と入学式を控え、同じ服で出席しようかなと思っているママさんにおすすめ!

普段来ないスーツ類を何着も買うのは無駄だし、出費は抑えたい・・・・。
そんな悩みを解決する、同じ服でも印象を変える着回しのコツなどをまとめました。
ぜひ、卒園式入学式の服選びの参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

卒園式と入学式を同じ服にする時

幼稚園や保育園の卒園式と小学校の入学式の服装、同じ服を着たら、まずいかなぁ。。と悩むことありますよね。

でも、「卒園式の後の入学式は数週間後だし、できればスーツは1着だけで済ませたい」と私は思います(笑)。

ただ、服装のマナーとして「卒園式はお別れの意味があるので黒っぽい色、入学はお祝いのため明るい色にする」と言われているので、1着でどちらにもふさわしい印象にするにはどうしたらいいのか、、というのが問題になってきます。

そんな時は以下をチェックしてみましょう。

同じ服で印象を変える方法

  • どちらも使えるスーツの色を選ぶ
  • インナーを変える
  • ボトム(スカートの色や素材)を変える
  • アクセサリー、カバン、髪型を変えて印象を変える

スーツは白や黒よりも、グレーやネイビーなど、合わせ方次第でトーンを変えられるものを選ぶと、インナーを変えるだけで印象を変えやすいです。

また、服だけではなくアクセサリーやカバン、さらに髪型まで気をつけると、印象をかなり変えることができます。

例えば、

卒園式には落ち着いた雰囲気になるように、アクセサリーはパールなどで控えめに、カバンや靴は黒、髪もダウンやハーフアップ

としたり、

入園式は華やかさを添えるため、アクセサリーには明るいカラーのコサージュ、カバンと靴もパステル系、髪はふんわりとアップ

としたりなど。

また、卒園式は寒いのでジャケットを着ていることが多いですが、入学式は温かい日が多いので、ジャケットを脱ぐことも多かったりします。インナーに白系の明るめの色を持ってこれば、それだけで印象は明るくなります。

さらに、アクセサリーやカバンと靴は多くの人が変えますが、髪型まではノーチェックのママさんは多いです。ですが、髪型の印象はかなり強いので、同じ服でも、手軽に印象を変えるには、ここにチャレンジしてみるのがおすすめです。

不器用だから、無理〜って人は、こんな部分ウィッグ使いはどうでしょう?

髪をゴムでまとめてつけるだけです。
ママらしい落ち着いた雰囲気にするなら、やや低い位置につけるのが良いですよ。

また、バナナクリップはミディアムの長さがあれば簡単にまとめられますし、すっきり顔周りを明るくするのでおすすめ。

卒園式には落ち着いた色、入学式には華やかなカラーにするのがおすすめです。

 

ちなみに、「卒園式と入学式同じ服を着たって人はどれくらいか?」という質問には、当サイト調べによると、卒園式と入学式に、同じ服で参加した人、別の服で参加した人は「半々」でした。

個人差、地域差もちろんありますが、やはり数時間の式のために2着の出費は抑えたいと考えるのは普通のことですし、「主役は子供。親の服装なんて気にしてる人なんていない。周りのママの服装なんて誰一人として覚えていない」という意見も多かったです。

つまり、同じ服でも気にするのは本人のみ、ということに(汗)。

同じ服だと気づく人は少ないので、すごい頑張らなくても大丈夫(笑)。ただ、ちょっとの工夫で、同じ服でも印象を変えることができるので、ぜひ試して見て下さいね。

 

卒園式と入学式の服装でおすすめの色は?

卒園式と入学式を同じ服装にしようと考えていて、スーツ選びをする場合、おすすめはどんな色なのでしょうか?

ずばり、おすすめは、グレー。

卒園式は「黒のスカートで落ち着いた雰囲気」で、入学式は「明るめのパステルカラーのスカート」で、とすると、同じ服でもイメージが変わります。

ジャケットの形はノーカラーが特におすすめです。

テーラードはビジネスっぽくなり、セレモニーに雰囲気が似合わない場合があります。
その点、ノーカラージャケットは、インナーの形を選ばず、どんな形のワンピースやスカートでも合わせやすいです。また、流行に関係なく、数年後、下のお子さんの卒園、入学にも使えるのもおすすめの理由。

セットアップだと、迷うことなく着こなせて便利。

春にジーンズを合わせてもおしゃれになりますよ。卒園式や入学式だけじゃなく、普段使いも出来ますので、持ってて損はない1着です。

スポンサードリンク

卒園式と入学式印象を変える着まわしのコツ

卒園式と入学式に同じ服を着まわしても、おしゃれに見えるコツがあります。

ジャケットはダーク系を選ぶ

卒園式と入学式印象を変える着まわしポイント①。

卒園式は寒いのでジャケットを閉じて着ることが多いです。そのため、ジャケットの色の印象は強く出ます。逆に、入学式は温かくてジャケットを脱いだり、前を開けて着ることが多いので、ジャケットからの印象は薄いです。
白っぽいジャケットを閉じて着る場合、黒っぽくするのは難しいので、ジャケットのカラーがメインに出る卒園式に合わせて、色はダーク系を選ぶと良いでしょう。
また、一番のおすすめはグレーです。

 

入学式のインナーやスカートには柔らかい素材を選ぶ

卒園式と入学式印象を変える着まわしポイント②。

入学式に春らしい素材を合わせると、柔らかな印象になります。ジャケットだけ卒園式のものと同じにして、スカートやインナーをシフォン素材にしたりするのもおすすめです。
ジャケットがダーク系でも、スカートやインナーが明るい柔らかいものにするだけで、かなり明るい印象に変わります。

 

コサージュで変化をつける

卒園式と入学式印象を変える着まわしポイント③。
同じスーツでも華やかさを出すために明るめのコサージュをつけると印象は変わります。卒園式にはダーク系、入学式の時は明るめパステルカラーなど、使い分けると良いですよ。

また、意外と知らないコサージュがのつける位置。
胸あたりにつけるのではなく、鎖骨あたりにつけるのがバランスもよく綺麗に見えます。

 

地域差はありますが、入学と卒園だと、卒園の方が厳かなセレモニーの雰囲気が強いです。(卒園はブラックフォーマル指定のところもありますしね)
卒園と入学の服を1着揃える場合は、卒園式に合わせた方が失敗がありません。
入学式は手持ちの服を追加しての着まわしで対応しましょう。

 

卒園式と入学式を同じ服にする時 色と着まわしのコツまとめ

卒園式、入学式の服装、同じ服でもおしゃれに決まりそうでしょう?

スポンサードリンク

我が家もまさしく今年は卒園と入学の年です。
店舗でたくさん着倒してお気に入りの1着を探しに行ってきますよ〜(笑)。
みなさんも良い1着が見つけてきてくださいね。

 - ファッション・美容 ,