いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

日焼け後が赤みを取るには?顔のケアのやり方とおすすめの化粧水

   

夏ですね。
楽しいイベントが多い季節ですが、日焼け対策を忘れてしまって、「日焼け後の顔が赤い(涙)」と困っている方もいるのでは?

痛いしかゆいし、お仕事がら顔が赤いのが困るって方もいますよね。
少しでも元に戻るように、日焼け後の顔のケアをご紹介します。

スポンサードリンク

日焼け後の赤みを早くとるには?

日焼けは軽度の火傷です。
赤みがひどい、かゆみがひどい場合は、皮膚科を受診して治療するのが一番早いです。
たかが火傷と思わず、早めに皮膚科の受診をしましょう。

受診が出来ないので、自宅で日焼け後の赤みを取る場合は、対処法は火傷のケアと同じです。
ケアは日焼けした日の当日にしましょう。早ければ早いほど効果はあります。
効果が出るのは、日焼けの程度にはよりますが、根気よく続けるのが大事
早ければ一晩で赤みは治りますので、しっかりとケアしていきましょう。日焼け顔

日焼け後の顔のケアのやり方

自宅でする日焼け後のケアを紹介します。

⑴冷やす

濡れタオル、保冷剤、氷、水風呂、方法はなんでも良いので、幹部の熱が冷めるまでしっかり冷やしましょう。
あれば、紅茶パックを冷やして肌にあてたり、全身日焼けした場合などは、紅茶風呂なんかもおすすめです。

⑵保湿

皮膚の水分が奪われているので、化粧水で保湿しましょう。化粧水を冷やして肌につけると幹部を冷やすこともできるのでおすすめ。
日焼けがひどい場合は、少し保湿したぐらいでは足りません。塗って、乾いては塗っての繰り返しをする、もしくはローションパックでずっと保湿するようにしましょう。
(コットンがない場合は、ティッシュに化粧水をしみこませ肌につけるのでも良いです)
水分の補給をしたら、クリームやオイルをつけ水分を肌に閉じ込めます。

⑶体内からケアする

⑵までは肌の外的な対応ですが、治りが悪い場合や、赤みやかゆみが治った後のシミなどを対策したい場合には、体の中からの日焼けケアが必要です。
ビタミンA,C,Eを充分に摂り、肌の生まれ変わるのを待ちます。

日焼け後のケアにおすすめ食材
【ビタミンA(ベータカロチン)】にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、ウナギ(摂りすぎに注意)など
【ビタミンC】ジャガイモ、ブロッコリー、ニガウリなど(柑橘類は、控えた方が良い)
【ビタミンE】ナッツ類、大豆、油脂類など
ュウリやレモンパックは、含まれているソラーレンという物質が肌に残りそのまま紫外線に当たるとしみの元になると言われているのでおすすめしません。

日焼け後の肌の赤みやかゆみを取るには、⑴、⑵がまず重要です。
ひどい日焼けの場合、ちょっとやそっとでは熱は引きませんが、根気よく冷やして保湿をしましょう。
また、ケアをしている間は、紫外線に当たらないように注意しましょう。

スポンサードリンク

日焼け後におすすめの化粧水は?

日焼け後の化粧水は色々売っていますが、火傷している状態なので、肌につけるのはシンプルなものがおすすめです。
(肌にひんやりとするローションもたくさんありますが、成分は好ましいものではありません。また、ひどい日焼けの場合はヒリヒリと痛みが増す場合もあります)

ドラッグストアでも取り扱っていておすすめなのが、アベンヌウォーター。
ノンアルコールで、肌が弱くても使えるので、安心です。

他にも資生堂の「ドゥーエ」、NOVなどの皮膚科のお医者さんおすすめブランドの物がありますが、アベンヌウォーターが一番値段が手頃だと思います。

保湿したら、オリーブオイルや馬油などのオイルで与えた水分に蓋をすると完璧です。日焼け顔

まとめ

日焼け後の顔の赤みや、皮めくれは、気になりますが、直後のケアすればちゃんと治りますよ。
一番は、日焼けする前に日焼け止めを塗るなどの、事前の対策ですけどね。

スポンサードリンク

しっかりケアしてくださいね。

 - ファッション・美容 ,