いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

修学旅行キャリーバッグの大きさは?レンタルは?荷物の詰め方のコツは?

   

修学旅行の準備でキャリーバッグの大きさなど、悩んでいませんか?
あまり使わないならレンタルをするというのも手ですよね。

初めて使うなら、なおさら上手な荷物の詰め方のコツも知っておきたいところ。

楽しい修学旅行になるように、是非、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

修学旅行キャリーバッグの大きさは?

修学旅行は学校指定を除いては、メインの大きなバッグと、手荷物を入れるセカンドバッグの二つを持っていくところが多いようです。
また、中学生や高校生はキャリーバッグが主流。
キャリーバッグの大きさ選びの参考となる容量は以下の通りになります。

旅行とカバンの容量について
• 1~3泊 : 25L~30L

• 4~5泊 :35L~55L

• 6泊~1週間 :55L~70L

高校の場合、修学旅行で海外へ行くケースも出てきますが、一番多いケース「国内3泊4日前後の修学旅行」を想定してサイズを選ぶとすると、おすすめなのは40lのキャリーケース。
3泊分の荷物なら余裕ですし、また、機内持ち込みも可能なので、荷物の紛失の心配もありません。
ただし、お土産を沢山買う予定があったり、普段から荷物が多く、荷物の整理が苦手な子の場合は敢えて少し大きめに60リットルのキャリーケースを選択すると良いかもしれません。修学旅行キャリーバッグ

修学旅行バッグのレンタルとどっちが良い?

修学旅行のキャリーバッグやスーツケース、あまり使う予定がない場合、レンタルするのもあり。

値段の相場は、だいたい1週間で5000円程度です。(荷造り、旅行期間、荷ほどきを考えても1週間レンタルが無難)

兄弟姉妹がおり、今後も使う予定がある場合は購入とレンタルに大差はありません。
また、衣替えの際に着ない服を詰めて衣装ケース代わりにしたりするなどの工夫をすると、収納場所も作れることもあります。

スポンサードリンク

修学旅行の荷物の詰め方のコツは?

荷物をコンパクトに、使いやすくするためのキャリーバッグの荷造りのコツを紹介します。

服のたたみ方

服はシワにならないように、きれいに畳みましょう。
くるくるの海苔巻きのように巻くとコンパクトになり、隙間も埋めやすくなるのでおすすめです。

液体類の入れ方

化粧品類、ヘアケア類は液体が漏れないようにビニール袋で2重にしましょう。できればジップロックがおすすめです。
ポンプボトルで、上にキャップがない物の場合、圧力で液漏れする場合があるので、ポンプの部分に輪ゴムを巻きつけストッパーにするなどの工夫をしておきましょう。
容器が大きい場合は、100均などで売っている小分けのボトルに詰め替えるのがおすすめです。
さらに、荷物を少なくする場合は、使い切りのサンプル商品などを利用するのもあり。

壊れやすいもの入れ方

壊れやすい物(ドライヤーなど)はタオルに包んで保護してから詰めましょう。

 

荷物は分類して、同じ物を集めて小袋にまとめておくと、探しやすくなりますし、忘れ物をしにくくなります。

次に、キャリーバッグへの詰め方をご紹介します。

キャリーバッグの詰め方
①柔らかい衣類、タオル類を周りに敷き詰める(クッションの役割にする)
②重い物はバッグの下の方に詰める
③壊れやすい物は、タオルなどで保護してバッグの真ん中に
④余った物で隙間を埋める

お土産を考慮に入れて大きなキャリーバッグやスーツケースを選んだ場合、行きは荷物が少なく、隙間が多くなります。その場合は、両面に分けて詰めるよりも、片面にピッチリ詰めたほうが崩れにくく安定するので、まずは片面を埋めるつもりで詰めていきましょう修学旅行キャリーバッグ

まとめ

スポンサードリンク

いかがでしたか?
修学旅行のキャリーバッグの準備、荷物の準備はこれで大丈夫ですよね。
荷造りなども、結構頭を使うもの。これも修学旅行での大事な経験です。是非、楽しみながらやってみてくださいね。

 - 生活howto ,