いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

浴衣着付け必要最低限なのは?必要なもの女性の場合 代用するには?

      2017/05/16

これさえ揃えれば浴衣の着付けが出来る、必要最低限のもの一式をご紹介します。
さらに、あると良いもの、ない場合に代用する方法も合わせてご紹介。

浴衣を買おうと思っている着物初心者のみなさんにもおすすめ。
これで、浴衣のお出かけはばっちりですよ!

スポンサードリンク

浴衣着付け必要最低限はこれで十分

浴衣の着付け、必要最低限だけを揃えたいのに、
浴衣を揃えようと思ってセットを調べたり、美容院の予約をした後に持ってくるもの一覧を見てみると、
何やらわからない単語を見つけたりしませんか??

浴衣って、浴衣本体と帯だけじゃダメなの???

着物初心者あるある、です(笑)。
和装に詳しいと、あれこれあった方が良いものなど言うのですが、分からない人からすると、必要最低限だけ知りたいですよね。
そこで、浴衣の着付けをする際に、これさえあれば十分な必要最低限のものだけをまとめました。

浴衣の着付けで必要最低限にそろえるべきもの

・浴衣
・帯
・腰ひも2本
・下着(上はスポーツブラやブラトップ、ショーツはラインのでないものがベスト)
・下駄

まず浴衣を着るためには浴衣本体と、浴衣を止めるための腰ひもが2本は必要です。
(腰の部分で1本、胸の下で1本結んで止めます)
浴衣の下に着る下着は、浴衣用じゃなくてもOK。
ただし、胸はボリュームが出ると綺麗に着れないので、寄せて上げるタイプのブラではなく、スポーツブラかブラトップなどにしましょう。
下着のラインが出るのも良くないので、ラインのでにくいボクサーパンツ系かTバッグなどを選ぶと良いでしょう。

着崩れ防止などのためにタオルで補正する方が良いですが、一応、上記を最低限揃えれば浴衣は着ることができます。

 

浴衣で必要なもの女性の場合

浴衣の着付けに必要最低限必要なものに加えて、さらにあると便利(あった方が良い)ものもそろえると、女性は着姿がきれいになります。

できれば必要最低限に追加して欲しいのが、下半身用の肌着。
浴衣の色によっては、肌着をつけてないと加減等で足の形が透けて見えたりするのもあり、そういう場合はこの肌着も必要最低限のものに入ります。

この浴衣の下に着る肌着は、和装用でなくてもOK。
ひざ下まで隠れるスリップ、ペチコート、ステテコなどで代用可能です。
個人的におすすめのがステテコ。
汗も吸い取りますし、浴衣が足にまとわりつかないので、足さばきも軽くなり動きやすくなります。

次にあった方がよい良いのが、補正用のタオル。
・スポーツタオル2〜3枚
・(腰ひも1本)

体と凹凸をなくすと浴衣は綺麗に着れるので、スポーツタオルを胴回り(胸の下から腰骨の間)に巻くことを補正と言います。
タオルによる補正は汗を吸い取るので暑さ対策にもなり、タオルの上部分に巻く帯の着崩れ防止にもなります。
着姿も綺麗になるので、できればやった方が良いです。
タオルだけ巻きつけることもできますが、腰ひも一本使って止めた方が着崩れしにくく、浴衣の着付けもしやすいので、補正する場合はタオル2〜3枚と腰ひもはセットで追加した方が良いでしょう。

個人的には、この二つは必要最低限のものとして含めた方が良いと思います。

浴衣の着付けこれだけあれば完璧

・浴衣
・帯
・腰ひも3本
・タオル2〜3マイ
・下着(上はスポーツブラやブラトップ、ショーツはラインのでないものがベスト)
・ステテコ
・下駄

さらに、人によっては必要と言うものもまとました。

・帯板(前板)
帯の間に入れて、帯に張りを持たせるのが帯板ですが、帯自体がそれなりにしっかりした素材の場合はなくてもいけます。

・伊達締め
浴衣の腰ひもの上に止める幅の広い紐。着崩れ防止で使いますが、浴衣程度なら腰紐で十分。わざわざ揃えなくても良いです。

・コーリンベルト
浴衣は腰の部分で腰ひも1本で止めて、その後襟を整えてから胸下のところで腰ひも1本で止めますが、この胸下の腰ひもの代わりに使うのがコーリンベルト。
ゴムなので楽ということですが、腰ひもで十分なので、わざわざ揃える必要はないです。あれば使えば、というような感じ。

・衿芯
襟の部分に入れる細長い板のようなもの。
着物の場合、長襦袢(着物の下に着る着物の形の下着)の襟に入れますが、浴衣にはそもそも入れる場所がないことも多いです。
衿芯必要ってなぜ??と思うレベルなので、必要なし。

 

あったら良いと言っている人もいますが、、、私個人的には上記はなくてもOK
この中で、あると良いかなと言うのは、帯板くらいかな。
柔らかい帯の場合は、あった方が張りが出て、綺麗に着れるので。

ですが、それ以外は不要ですね。
呉服店の着付けセットには、帯板、腰ひも、コーリンベルトなどがセットでありますが、絶対必要なのは腰ひもだけです。
私は着物もきますが、コーリンベルトは使いませんしね。

上記のセットをわざわざ購入する必要はないでしょう。


スポンサードリンク

浴衣で必要なものを代用するには?

浴衣の着付けで必要なものを何かで代用できないか、と考えることもありますよね。
年に数回しか着ない、買いに言っても間に合わないなんて場合は、買うんももったいないですしね。
あるもので代用しちゃいましょう。

・腰ひも
余ったTシャツやシーツなどを細長く切って代用できます。
ただ、買った方が安いし、着付けには必須なので、揃えておいた方が良いですけどね。

・帯板(前板)
厚紙で代用できます。
帯の大きさに切って入れてしまいましょう。

あとは、先述した通り、着物用の下着類は上はブラトップやスポーツブラ、下はステテコで代用OK。
小物類の代用としては巾着はあれば良いですが、夏ですしカゴバックを持つのも可愛いですよ。
あとは、風呂敷をたたんで風呂敷バッグも粋です(大きめのバンダナなどで作ることもできます)。
バッグに関しては、浴衣に似合うバッグを詳しく紹介しています。
浴衣バッグ普段使いしやすいのは?大きめで浴衣に合わない時の対処法

必要か不要かは浴衣や帯の素材にも変わりますし、年に数回のみなら、代用品で様子をみても十分。

浴衣着付け必要最低限なのは?必要なもの女性の場合 代用まとめ

浴衣の着付けに必要最低限なもの、いかがでしたか?

スポンサードリンク

基本的には、浴衣セットを買ったら、追加するのは腰ひも2本(補正するなら3本)で十分なことが多いです。
あれこれ買わなくても浴衣は楽しめるので、ぜひたくさん着て夏のお出かけを楽しんでくださいね。

 - ファッション・美容 ,