いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

七五三母親の服装 おしゃれに見えるスーツ、ワンピースの選び方

   

七五三母親服装七五三を今年迎えるママさん、何を着て行こうか迷っていませんか??
母親の服装、おしゃれに見えるコツをまとめました。
ぜひ、洋服選びの参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

七五三母親の服装おしゃれに見えるのは?

七五三の主役は子供。
母親は脇役。
そんなことは承知していても、家族写真も撮ることだし、少しでもおしゃれに見えるようにしたいと思うなが女心ってもんです。

そんなママ必見。
「七五三におすすめの母親の服装の選び方」をご紹介します。

ポイント① お子さんの服装に合わせる

七五三は家族内のお祝いごとのため、服装の決まりはありません。
実際、お参りのご両親の服装はフォーマルもカジュアルもどちらもいます。
ですが、お子さんが着物を着る場合、親側もそれなりのフォーマル感を出した方が良いでしすが、お子さんがスーツやワンピースなどの場合は、ややカジュアルダウンした方が全体のバランスが良くなります。

 

ポイント② お子さんの着物の色味に合わせる

お子さんが着る着物の色が決まっている場合は、その色味を意識して服を合わせると良いです。
着物の色が淡い色味の場合、母親の服装も薄い色(ベージュなど)となると、ぼやけた印象になることもあるので注意。
ただし、写真撮影の際に衣装を決めるので、まだ着物の色がわからない場合などもあります。
そんな時は、女の子の場合は明るめの着物を選ぶ傾向があるので、紺や明るめのグレーなどのややシックな色味にアクセサリーなどをプラスする、男の場合はダーク系の着物が多いので、明るめのパステルカラーのスーツを選ぶなどするとバランスがよくなります。

 

ポイント③ ご主人の服装に合わせる

ご主人が暗めのスーツを着る場合、母親も黒のフォーマルウェアだと重くなりすぎるので注意しましょう。
また、ご自分がややカジュアルダウンする場合(きれいめだけどフォーマル感が少ない服装の場合)は、お子さんが着物、ご主人がスーツだとバランスが悪くなるので、母親の服装をスーツ等にするか(フォーマル度をあげる)、逆にご主人の服装をカラージャケットにパンツなどでカジュアルダウンするかして、バランスを取るようにしましょう。
ご主人のネクタイとスーツの色を合わせたりすると、おしゃれで素敵です。

 

七五三の親の服選びで大事なのは、家族の服装のバランスです。
和装は大変だけど、着た方は「大変だったけど、家族写真としては一番のお気に入りになった」という意見なのに対し、子供の世話で大変だからとカジュアルにしたら「なんか浮いてる、写真もちぐはぐな感じで後悔した」という意見も多いです。

せっかくの機会ですし、特に写真を残すなら、その時はお子さんに合わせてフォーマル度をあげた方が絶対に良いです。
お子さんが着物なら、お父さんはスーツ、お母さんもスーツやワンピースなどが一番しっくりきます。

手持ちでなんとかと思う部分もありますが、フォーマルなスーツやワンピースは今後も着る機会が増えてくるので(入園、入学式など)、この機会に揃えておくと何かと使えて便利ですよ。


スポンサードリンク

 

七五三母親のスーツの選び方のポイント

七五三でスーツを着る場合は以下のポイントで選んでみると良いでしょう。

スーツはできればスカートで

普段パンツが多い場合、パンツスーツが良いと思うこともありますが、スタジオで写真を撮る場合、たいてい座って撮るので、スカートで足をななめにした方が見栄えが良いです。
また、フォーマル度で言うとスカートの方が高いので、今後のことを考えると選ぶならスカートが良いでしょう。

 

ブラックフォーマルは避ける

ブラックフォーマルは冠婚葬祭なので、マナーとしてはOKですが、写真で残るとなると暗くなりがち。
シックなイメージにする場合、色は明るめのグレーやネイビーなどの方が使いやすいです。
着物が濃いめ、柄がはっきりしたもの場合は、明るめの色の方のスーツもおすすめです。

 

ジャケットで使いやすいのはノーカラー

テーラードよりもノーカラーのジャケットの方が使い勝手が良いです。
テーラーはカチっとした雰囲気なりますが、ノーカラーは上品なイメージでより母親らしさが出ます。
また、一般的にノーカラーの方がジャケット丈が短く、スカートやワンピースとの相性もよく、またカジュアルダウンして着回しがしやすい物が多いです。

 

主役はお子さんなので、子供を引き立たせるというのを意識すると良いでしょう。
たまに、お子さんより目立った服装の方がいますが、写真を見た人に「お母さんがんばりすぎ、、、」という印象を持たれる可能性大です(汗)。

 

七五三母親のワンピースの選び方のポイント

スーツではなく、ワンピースでも七五三の母親の服装としてはOKです。

カラーはスーツと同じく、黒以外のシックなネイビーやグレー。
また、明るめのパステルカラーでもOKです。

素材として気をつけるのが、結婚式などで着るようなタイプの柔らかいシフォン系のもの。
11月という気候にも不釣り合いな印象になるので、こちらは避けた方が良いです。
選ぶならシャンタン素材など、しっかりとした生地のものに、七五三の場合はジャケットをプラスするようにしましょう。
ワンピースの羽織りものは、七五三ならジャケットが一番です。
カーディガンだとカジュアルな印象になりがち。
丈が短くボレロに見える感じであるならまだいけるでしょうが、全体の印象でフォーマル感を出すのは難しいです。

また、スカート丈にも気をつけましょう。
写真は座って撮ることが多いので、短いと膝が見えてしまいます。
スカート丈は膝下になるものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

七五三の服選び、大事なのは
・家族のバランス
・主役である子供を引き立てる
・上品さ

です。
お子さんが主役ですので、親は一歩下がって上品な雰囲気のものを選ぶと素敵ですよ。

スポンサードリンク

良い七五三参りになりますように。

 - ファッション・美容 ,