いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

江戸川花火空いてる本当の穴場はどこ?遠くからでも見える場所は?駅の混雑回避はどうする?

      2017/05/15

全国一人出の多い江戸川花火大会を空いている場所からみたいという人必見!

江戸川花火大会の穴場を調べたけど、こんなに情報出てるのに、本当に空いてるの?
という疑問が出てくるのではないでしょうか
昔は穴場と言われていたけど、今はどうなのか、が大事!

ということで、本当に今でも空いている場所を調べました。

大混雑必死の江戸川花火を混雑回避してみたい人は是非是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

江戸川花火空いてる本当の穴場はどこ?

江戸川花火といえば、去年の人出が140万人という、全国一混雑する花火大会,
そんな半端ない人出の花火大会に空いてる穴場なんてあるの?!
と思う方も多いことでしょう。
そこで、今も空いている穴場はどこなのか??調べてみました。

江戸川花火空いてる場所① 市川側の江戸川河川敷(小岩緑地むかい、篠崎緑地むかい)

江戸川花火は江戸川区側が混みます。
篠崎駅から会場へ行く場合は、夕方となると駅から出るのに20分ほどかかる大混雑。
(帰りはすし詰め状態で歩いて1時間以上は当たり前にかかります)
なので、「空いてる」状態で見るなら、千葉側で見た方が確実です。

 

江戸川花火空いてる場所② 篠崎緑地南側(京葉道路付近)&北側(小岩緑地近く)

花火が上がる会場に連なる江戸川沿い一帯を篠崎緑地と言います。
東京ドーム6個分という広さなので、座れないということはありません。
京葉道路付近まで下ると、開始直前の到着でも寝転がって見れる程の場所は見つかります。
さらに、運が良ければ、大迫力の花火を見ることが出来ます。
ただし、篠崎駅から向かうと、駅の混雑に巻き込まれるので、到着と帰宅の時間は注意が必要です。

 

ちなみに、他の穴場と言われている場所ですが、本当に穴場なのか調べてみました。

江戸川花火空いてる場所③ 篠崎公園

穴場だったのは、10年位前まえの話のようです。
現在は、打ち上げ場所に近い土手の場合は前日からの場所取り合戦で、午前中までの場所取りが必要。
当日は16時ごろから篠崎駅や公園までの道もすごい人で駅から出られなくなることもあります。今は15時くらいには現地入りが必要、かつ見え方にこだわらなければ座って見えるかも、と言った場所に。

管理人的には、これは穴場なのか?!って思うレベルの混雑だと思います。。。

 

江戸川花火大会空いてる場所④ 大洲防災公園

迫力ある花火が見られる割に人が少ないと言われる場所です。市川側なので、確かにここは混雑はマシ。
3年前ですが、実際行かれた人の詳細な口コミからもかなり空いていたようです。
混雑して大変との口コミは見つかれないので、現在もまだ空いている穴場と言えるでしょう。

 

江戸川花火遠くからでも見える場所は?

江戸川花火大会を遠くからでも見れる場所があります。

行徳会場

花火は遠くなり臨場感は薄れますが、
ゆったりとした雰囲気で花火観賞が出来、帰りの混雑もマシなので、人混みが苦手な人にはおすすめです

 

タワーホール船堀の展望塔

無料で登れるタワー。
夜景と花火を合わせて見ることが出来、涼しい快適な場所で見たい人におすすめです。

江戸川の河川敷は広く、会場から南北に離れると空いていますが、それでも行き帰りの混雑は必至。
この駅の混雑も回避したい場合には、少し離れた場所から江戸川花火大会を見るのが良いでしょう。


スポンサードリンク

江戸川花火駅の混雑回避の方法

江戸川花火大会は日本一人出が多い花火大会のため、最寄り駅の混雑は壮絶なものになります。
特にすごいのが、都営新宿線の篠崎駅。
こちらは、駅に向かうまでに1時間かかるなんてことはザラです。
少し遠方(関東圏)から来た場合、終電に乗り遅れたと言う話も割と聞きます。

ですので、混雑を回避するには、
終了30分前には駅に着くようにする、歩いて篠崎駅以外の駅を利用する必要があります。
または、結局駅に着くまでに1時間以上もかかるのであれば、時間調整のために会場で待つ、
途中の銭湯で汗を流してから帰宅するなんて意見もありました。

飲食店は住宅街のため少なく、またあったとしても混雑するため、
花火終了後に飲食店に行く場合も、篠崎駅近辺は避けた方が良さそうです。

江戸川花火空いてる本当の穴場 遠くからでも見える場所 駅の混雑回避まとめ

江戸川花火空いてる本当の穴場、いかがでしたか??
混雑を避けて少しでもゆっくり見たいなら、ぜひ、参考にしてくださいね。

また、江戸川花火大会の会場は、河川敷がメインのため、トイレがあまりないため、事前に済ませておくようにしましょう。
あと、街頭がなく、周りが暗いのも江戸川花火の特徴です。
何か明かりになる物を持っていくのもおすすめですよ。

女性で、浴衣を着る場合は、会場が遠く、かなり歩く(混雑に巻き込まれると時間もかかる)ので、浴衣の下駄の靴擦れに注意しましょうね。
絆創膏は必需品、かつ、持てるなら、歩きの間は別のサンダルにするなどの工夫もすると良いでしょう。

スポンサードリンク

では、江戸川花火大会、楽しんで来てくださいね。

 - イベント ,