宝塚のチケットを交換 おけぴネットの上手な使い方

宝塚チケット交換 宝塚チケット

宝塚のチケットは取りにくいです。
抽選で申し込みしても、ただでさえ当たらないチケット、さらに希望の公演がどんぴしゃで当たるなんてことはレアケース(汗)。

そんな時に役立つのか、チケット交換・譲渡サイトのおけぴネット。

都合が悪くなって行けなくなった場合や、他に観たい公演などがある場合、手持ちのチケットを交換してもらうことができます。
上手に利用すればとても便利なおけぴネット。
利用方法をまとめました。

スポンサードリンク

おけぴ ネットとは?

おけぴ ネットとは観劇やコンサートのチケットの譲渡、交換サイトです。
譲渡の場合は、定価譲渡
取得に関わった手数料等も一切上乗せは禁止、額面のみの取引になります。

会員登録は無料(有料の場合は管理画面が充実していたり、探しているチケットのアラート機能などが使える)、会員以外でも使うことが可能です。

チケットと代のやりとりは代行してくれるサービスもありますが、使わなければ個人間の取引となります。

利用のメリット

利用のメリットは、掲載数の多さと定価でのやりとりが可能なことと、無料ですが会員制度があるので、ツイッターほどの全くの個人間取引にはならずに済むところ。

宝塚の場合、バウホールや別箱、全国ツアー公演は通常だとほとんど手に入りません。
おけぴをうまく使えば、観たい公演と交換して観劇することも可能です。

宝塚歌劇団はおけぴ利用は推奨はしておりませんが(リセールはチケトレ、チケットは自身での観劇を前提としている)、昨今のチケ難状況では、利用しているヅカファンは多いです。

利用のデメリット

会員登録制度はあるものの、機能としては掲示板なので、取引は個人間のやりとりになります。
トラブルはゼロではないですし、トラブル発生時もおけぴが介入してくれることはありません。(会員登録は取り消しされますが、メールアドレスでの登録のため、別アドレスで登録することも可能)
ちなみに、トラブルとは、

  • チケットが送られて来ない
  • チケットを転売された

など。
宝塚の場合は、送られて来ないなどのケースは稀で、そういったトラブルはあまり聞きません。
ですが、交換した後、チケットを転売され、友の会から警告が来てしまったという話もあります。

こういったデメリットはやはりありますので、抵抗がある場合は、おすすめはしません。

宝塚のチケットを交換する

メリット、デメリット、それぞれありますが、宝塚の場合、年齢層がやや高め、収入面でも高い方が多いので(傾向として)、他のコンサート等の取引よりも安心度は高めと言われています。

交換をする場合は、

  1. 差額精算(高額の場合は振込後に発送、少額の場合は同封するなど相談する)
  2. 手渡し、または郵送の場合は同時郵送
  3. 郵送方法は相談の上同じに、基本は簡易書留、レターパックプラスなどの受取確認の出来るもの)

などを相手と相談して、やりとりをします。
送付前に希望される場合はチケットの写メを送る場合もあります。

スポンサードリンク

交換を成立しやすくするには?

交換を希望していても、交換が成立しない場合ももちろんあります。
そういう時は、交換の条件が狭すぎたり、交換の内容が釣り合ってなかったりする場合がほとんどなので、掲載内容を見直すと良いです。

どうしてもこの条件じゃないとダメ、という場合以外は条件を広めに設定しておくのがおすすめです。

人気のチケットなら幅広く交換ができる

  • トップ退団公演千秋楽・前楽
  • 通常公演千秋楽、新人公演
  • トップ退団公演の初日、休日路線スターの退団公演の千秋楽
  • タカラヅカスペシャル
  • 別箱公演
  • 全国ツアー
  • バウ公演

チケット入手の難しさと同じで、チケ難公演を手持ちにしてるほど、交換は成立しやすくなります。
日程的には千秋楽が一番人気で、次に初日と土日、日程的に一番弱いのは平日になります。
また、宝塚より東京公演の方が人気です。
全国ツアーは梅田、東京方面は人気、地方は余りやすくなります。
別箱、バウ公演も主演スターの人気度、作品の面白さによって人気度は変わります。

条件は幅広く

当たり前のことですが、条件は幅広く設定した方が問い合わせされやすいです。
また、席も同等席じゃないとダメとしすぎない方が良いです。

私は、関東公演のチケットを関西方面に交換してもらうことが多いので、結構成立します。
席はより前だといいなーとは思いますが、条件は基本は同じくらいの席か少し後方だったり、場合によっては「どこでも」とすることも多いです。
そして、高望みしすぎない方が問い合わせも多いですし、不思議と良席と交換してもらえるような気がします。

 

人気公演から通常公演への交換、東京公演の土日から、宝塚公演の平日の場合は、多少前方席を希望しても成立することが多いですが、それはつまり、逆は成立しにくいということ。
手持ちが宝塚の平日公演なのに、土日で同じくらいの席、というのは成立しないことの方が多いです。

宝塚公演から東京公演、平日から休日の場合は、少し後方座席にするなど、条件は緩めましょう。

 

各組の新人公演は欲しい人が多く、通常公演と交換を希望する場合は、前方席と交換してもらったり、千秋楽(通常公演の)と交換してもらったこともあります。
あと、東京を宝塚公演に交換してもらう場合は、数列前を希望しても大丈夫なことが多いです。

 

どうしても欲しい公演がある場合は、こちらを複数枚にして相手1枚と交換してもらうこともあります。
例えば、平日のそこそこ良席2枚を土日の同等席1枚に、とか。
ただし、複数枚にするからといって、1階24列2枚を、1階15列より前1枚、という条件は無理です。
多ければ良いというわけではないので。。。こんな記載していたら、「取引したくない」と思われてしまう可能性もあるので、やめておいた方が良いかも。あまりに高望みな掲載は避けられることもあるので、気をつけましょう。

 

プロフィールも一言書く

あと、会員登録でプロフィール欄にひとこと書いておくのも良いかなと思います。
どの組が一番好きかなど。
1、2行の内容でも、なんとなく人となりは出るので、相手の安心材料になるかと思います。

以前、交換で問い合わせした時、複数問い合わせされていたのでダメかなと思ったのですが、「組ファンの〜〜〜さんにぜひ。」と返事を頂いたことがあります。他の問い合わせ内容は分からないので、判断はできませんが、自己紹介欄に記載があった方が心象は良いような気がします。
(問い合わせされた場合も、どういった人なのか私は確認しますので)

 

プロフィールは少しあった方が良いかなとは思いますが、問い合わせ時の自己紹介は不要です。文面が丁寧で、常識があるのがわかれば十分。逆に、あれこれ自分語りされると、引かれる可能性が高いので、ここでのアピールは不要です。

まとめ

おけぴネットの使い方、参考になりましたか??
自分の欲しいチケットの交換先、交換条件は、他掲載をみて、これくらいなら問い合わせしてもらえるかな、チケット持っている人いるかな、と判断するのが良いでしょう。

あと、劇団もあくまでもチケットは自分で観劇するのが前提としておりますし、交換のためにチケットを確保するという行為は本末転倒です。
おけぴ利用も清く正しく行いましょう。

 

▼関連記事▼
宝塚のチケットが取れない!それでも観劇したい人必見のチケ取り術

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました