いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

浴衣が暑い時に 暑さ対策と汗の対策で涼しくできる!

      2017/05/05

浴衣は可愛くて着たいけど、暑いので着るのが億劫という方に、
おすすめの暑さ対策と汗対策。

涼しいと思う位効果のある暑さと汗対策。
これで、花火大会の浴衣も快適間違いなし!

スポンサードリンク

浴衣は暑い!?

浴衣は暑いから着たくない、という人は結構多いですよね。

体を覆う布の面積が広いので、ノースリーブにショートパンツに比べると確かに暑いです。
それはしょうがないことですが、工夫次第で浴衣を涼しいとすることもできます。

まず、これから新しい浴衣をと思っているなら、浴衣生地にも気をつけましょう。

昔から涼しい生地といえば、麻。
ですが、麻だけだと透けやすいので、綿麻が一般的です。

また、最近では高機能素材の浴衣も増えています。

東レのセオアルファや

 

帝人のカルキュロなど。

ポリエステル素材ですが、吸湿速乾の高機能素材なので、涼しいです。
シワにもなりにくいし、手入れも楽。
値段的にはカルキュロが手頃なのでおすすめ。

普段から着物を着る友人は長襦袢(着物の下に着る肌着)を全てセオアルファにし、夏でも着物を楽しんでいるそうです。
本当に暑さを忘れる位なので、浴衣は暑いから着たくないと思っている方は要チェックの素材です。

 

浴衣の暑さ対策は効果的に

浴衣の暑さ対策、素材以外にも着るときに涼しく着れる効果的な方法があります。

暑さ対策① 肌着を着る

暑いからといって、浴衣を素肌に直接着るのはNG。
生地が体に張り付いて不快感が余計に増します。
また、浴衣の汗染みを作る原因にもあるので、肌着は絶対に着ましょう。
専用の肌襦袢や和装スリップじゃなくても、上はキャミソール、下はレギンスなどで代用可能です。詳細はこちら「浴衣インナー女性の場合 必要なのは?代用するなら?」を確認してみてくださいね。

 

暑さ対策② タオル補正

浴衣を美しく着るために胴回りにタオルを巻いて補正をしますが、これがあるとタオルが汗を吸い取るため暑さ対策としても有効です。

 

暑さ対策③ 衣紋をしっかりと抜く

衣紋(襟)を抜くのは、美しい浴衣姿のポイントとしても大切です。
また、首元を開けることで暑さ対策にもなります。暑い時はこの抜いた襟、首元に扇子で風を送ったり、保冷剤を当てたりすると涼しくなります。
顔の汗を抑えるので、メイク防止にもなりますよ。

 

暑さ対策④ 保冷剤と扇子

保冷剤を数個持ち歩き、首元を冷やしたり、帯の中に入れたりするとひんやりとして気持ちが良いです。
さらに、扇子で仰いで風を送ると涼しい風が入り暑さも和らぎます。
仰ぐのは、首の後ろや脇などが肌に風があたり涼しいです。

 

しっかり暑さ対策をすると、浴衣は快適です。
さらに、見た目も涼しげで、着こなしも粋な雰囲気になりますよ。


スポンサードリンク

浴衣を着て汗が心配な場合

浴衣の汗染みが気になる、汗かきだから心配という場合もあります。

暑さ対策でもご紹介した、肌着を着ることとタオル補正は必ずしましょう。
汗をかいてもタオルと肌着が吸うので、肝に汗染みをつくることはありません。

脇汗が心配な場合は、汗脇パットがついた肌着を着るとよいでしょう。
また、素材も吸湿速乾なら着てる間も快適でおすすめです。

また、着た後の洗濯は、こちら「浴衣の洗い方 家でする場合 洗濯機は?干すハンガーはどうする?」を参考に。

スポンサードリンク

これで、浴衣が暑い日でも、暑さと汗の対策はバッチリですね。
暑い日でも快適に浴衣を着て、楽しんでくださいね。

 - ファッション・美容 ,