いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

お彼岸を英語で説明しよう 「おはぎ」を英語でどう説明する?

      2015/10/19

お彼岸過ごしやすい季節になって来ましたね。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、外国の方にお彼岸を英語で説明するとどうなるのでしょう?

お彼岸の風習、お墓参り、おはぎについても、わかりやすい英訳文をまとめてみました。

スポンサードリンク

お彼岸を英語で説明しよう

まず、お彼岸とは何なのか、ちゃんとした意味を確認しましょう。

お彼岸は、春のお彼岸と秋のお彼岸があります。春のお彼岸は、春分の日(3月21日頃。その年により変動)、秋のお彼岸は秋分の日(9月23日頃。その年により変動)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間となります。
仏教では、生死の海を渡って到達する「悟り」の世界を彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。
そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養としてお墓参りをするようになりました

つまり、平たく言えば、西の彼岸は「あの世」、東の此岸は「この世」で、「あの世」への道が近くなる秋分と春分の日にご先祖様の供養をするようになった、と言うことですね。
ちなみに、インドなどの他仏教徒の国ではお彼岸の風習はなく、日本独自の風習です。
お彼岸の時期は、ちょうど春の種まきや秋の収穫と重なります。そのため、自然に対する感謝や豊作への祈りが、ご先祖様に感謝する気持ちにもつながり、お彼岸を大切な行事とすることになったと考えられています。

では、英語でお彼岸について説明してみましょう。

お彼岸を英語で説明する

Higan means equinoctial week, a seven-day period surrounding the Vernal Equinox Day or Autumnal Equinox Day.
(お彼岸とは、春分の日まとは秋分の日と中日とした前後7日間のことです。)

It is said that the time to see again one’s own ancestors who have passed on to the next life
(お彼岸の期間には、来世に去った先祖に、再び会えるとされています。)

Therefore, people in Japan visit their family graves and hold a memorial service by offering flowers, incense and Ohagi,sweet made with a sticky rice ball covered by red bean paste for them.
(そのため日本では、お彼岸にお墓参りをして、花や線香、おはぎなどのお供えをします。)

・Vernal Equinox Day 春分の日
・Autumnal Equinox 秋分の日

お彼岸の時期、お墓詣りをして先祖供養をすることなどを簡単に説明しました。


スポンサードリンク

お彼岸のおはぎ英語では?

お彼岸に備えるおはぎを英語で説明してみましょう。

お彼岸のおはぎを英語で説明する

Japanese people offer ohagi, bean cake, to the Buddha.
(秋分の日にはおはぎを仏様に供えます。 )

Generally, ohagi is a sweet made with a sticky rice ball covered by red bean paste.
(おはぎは、一般的にはもち米を蒸して丸め、あんこで包んだお菓子です。 )

Azuki beans which is material of the red paste is believed that it can shut unhappiness away. That is why they eat it on the day.
(あんこの材料であるあずきは、不幸を遠ざける力があると信じられており、これが、彼岸におはぎを食べる理由です)

お彼岸

まとめ

スポンサードリンク

いかがでしたか?
ちなにみに、暑さ寒さも彼岸まで、と言う表現は、
「Summer heat or winter cold doesn’t last after the equinox.」
で表現できますよ。

 - イベント ,