いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

海外旅行あると便利な持ち物&飛行機の機内であると便利な持ち物

      2016/10/21

海外旅行便利持ち物初めての海外旅行に行く人におすすめ!

海外旅行好き口コミから「これは持っていくと便利!」な持ち物をまとめました。
機内持ち込みでのあると便利な物も合わせてご紹介。
是非、旅行前にチェックしてみて下さいね。意外な発見があるかもしれませんよ??

スポンサードリンク

海外旅行便利な持ち物

初めての海外旅行、荷造りリストはできていますか?

旅行は荷物が少なくするのが鉄則といえど、勝手の違う海外では普段あるものがなかったりと戸惑うこともあります。
そんな「これがあれば・・」や「持ってきてよかった!」という経験を沢山した海外旅行好きさんの口コミから、持って行って損はない海外旅行便利グッズをご紹介します。

ビニール袋

スーパーの袋、ビニール袋、ジップロックなどなど。
洗濯物の小分けはもちろん、食べかけのおやつをしまったり、化粧品類をしまったりと何かと使えます。現地で買い物してももらえますが、日本の方が丈夫で使いやすいです。

ティッシュ類

ティッシュ、ウェットティッシュは何かと使うので多めに。ウェットティッシュは水に流せるタイプだとさらに良いです。
トイレにティッシュを流せなくて、脇のゴミ箱に入れる国は多く、これは日本人には結構抵抗があります。また、トイレにティッシュがない場所も多いので、ポケットティッシュは1泊に1個以上はもっていると安心です。
また、旅先で食べ歩きをする場合、ウェットティッシュは必須。ハワイなどは手で食べるフードが多いので、あると便利ですよ。

飲みなれている薬を持っていきましょう。欧米などの場合、錠剤も大きく、作用も違うので(体格の差で)、日本の物が安心です。
丈夫な人でも、慣れない環境で不調になることもあるので、特に、鎮痛剤、下痢止めは必須。

予備の靴、ビーチサンダル、スリッパなど。現地調達しようにも、サイズが合わない場合が多く、探すのに手間がかかるので、持って行った方が良いでしょう。
特にスリッパは機内でも必須です。

洗濯物ロープ

100均で売っている洗濯バサミがついたロープ。下着類を洗って干しておく際に、洗濯物干しがない場合もあるので、あると便利。

洗面器

旅慣れた人ほど「絶対便利!」というのが洗面器。
海外のシャワーは水圧が弱いところが多いので、洗面器があるとお湯を貯めてしっかり洗えるので便利です。
持っていく時、壊れ物を洗面器の中に入れ、洗面器を緩衝材代わりにすると、かさばらず一石二鳥です。

熱さまシート

突然の発熱対策、日焼け後の肌の鎮静、歩き疲れた足裏に貼るなど応用がきく便利グッズ。

せんべい

食事が取れなかった時の非常食。海外は閉まるのが早かったり、お休みだったり、食事が思うように取れなかったりすることもあります。
そんな時に食べやすいお菓子は便利。また現地へのお土産としても使えます。

サイズ変換表

買い物をする場合、服や靴の換算表があるとかなり便利です。日本のサイズ表記とはまったく違いますし、重さや長さもlb(ポンド)やインチです。
パッと見れる変換表があると、電卓で計算も不要、さらに間違いもありません。
一枚メモを持っておくとかなり使えます。

パスポートケース

パスポート・搭乗券・カード(マイルカードなど)・預け荷物引換券、ボールペンなども収納できるケース。
私は無印で購入しましたが、一人で海外などの場合は必須。友達に荷物を預けてがさごそとカバンをあさったり出来ないので、一人旅の場合はかなり便利でした。
防犯ように、首から下げるタイプもありますが、現金を毎回ここから出すのはNG。警戒心丸出しで、いかにも観光客という感じになり、現地の人に呆れられます。
通常の観光地であれば、現地に馴染んでいるように見せるのも防犯対策になります。
詳しいパスポートの携帯の仕方や、おすすめのケースなどはこちらを参考にして下さいね。
海外旅行でパスポートケースは必要か?機能的なのは?選び方は?

この他、南国に行く場合は、日焼け対策グッズは必須ですね。日焼け止め、サングラスなど。
また、エコバッグなども1つあると、荷物が増えた時に便利ですよ。

スポンサードリンク

海外旅行機内であると便利な物は?

海外旅行、移動中の機内で持っていると便利なものをまとめした。

寒さ対策

高度が高くなると機内は寒くなります。ブランケットも配ってくれますが、それでも寒い時や、最悪空調が壊れてしまった場合に備えて、寒さ対策はしておいた方が良いでしょう。
→使い捨てカイロ、ストール(ブランケット)、腹巻、レッグウォーマー

リラックス、むくみ対策

長時間のフライトでは、エコノミー症候群、足のむくみなどが出やすくなるので、要注意。
足元を解放し、さらにむくみを予防する靴下などで事前に対策するとかなり違います。手のひらサイズのマッサージグッズなどもあるとさらに◎。
→スリッパ、着圧ソックス、マッサージグッズ(コロコロやゴルフボールなどでも)

安眠対策

フライト中にしっかりと寝ておけば現地について即行動出来ます。
→枕、耳栓、アイマスク

乾燥対策

機内はかなり乾燥します。喉を痛めると風邪の元にもなるので注意。
また、女性の場合、肌の乾燥は気になりますので、乾燥対策として化粧水は持ち込みするのがおすすめです。スプレータイプのでも良いですが、おすすめは化粧水をしみこませたコットン。
これなら機内の液体持ち込み検査の対象にもならないので、面倒な対策は不要です。
→マスク、化粧水、リップクリーム、目薬

 

ちなみに、私の場合、ほぼすっぴん状態で乗り込み、機内でローションパックをして、睡眠。
到着近くに化粧をして、出来上がった状態で機内から出るビフォーアフターショーをしています(笑)。

航空会社によっては、アイマスクや耳栓などはアメニティとしてもらえるところもあります。
必要に応じて用意すると良いので、HPなどをもう一度確認してみはどうでしょう??

まとめ

いかがでしたか?
便利グッズを持っていくことで、海外旅行を快適に楽しむことができますよ。
記事を参考に準備をしっかりして、楽しい海外旅行にしてくださいね。

スポンサードリンク

また、貴重品の管理方法
海外旅行貴重品のベストな管理方法とは?持ち歩きする時はどうする?
は完璧ですか?
念のために、旅行前に確認しておいた方が良いかもしれませんよ?

 - 旅行・スポット ,