いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

沖縄子連れにおすすめの観光スポットとアクティビティ 雨でも遊べる場所

      2017/06/12

沖縄子連れで行く方におすすめ、観光スポットとアクティビティ情報をまとめました。

計画中のママさんパパさん必見!
沖縄大好き管理人、子供が生まれてからも毎年沖縄に行っています。
子連れにおすすめ、子供も喜ぶ大人も楽しい観光スポットやおすすめのアクティビティ、さらに雨の場合でも楽しめる場所などを体験談も含めご紹介します。

ぜひ、観光プランを立てる時に役立て見てくださいね!

スポンサードリンク

沖縄子連れにおすすめの観光スポットは?

沖縄旅行に行く時、子連れ、赤ちゃんから小学生低学年位までを想定したおすすめ観光スポットをご紹介します。
子供はもちろん、大人も楽しめますよ。

 

まずは、南部の観光スポット↓↓

おきなわワールド

玉泉洞(鍾乳洞)、沖縄のエイサーなどが楽しめるので、子連れにもおすすめの観光スポット。
3歳、2歳の子供を連れて行った時は、エイサーや、琉球王国の町並みを歩くだけでも雰囲気があり、期待以上に楽しめました。

玉泉洞は小さい子などは怖がったりしますので、様子を見ると良いでしょう。それ以外にも琉球王国の町並みもあり、のんびりと過ごせるので、小さいお子さんでも十分楽しめます。

大人には、地ビールなどもあるので、お酒好きにもおすすめ。とっても美味しかったですよ。

 

ガンガラーの谷

沖縄ワールドの横にある探検ツアーですが、小学生くらいの子連れにもおすめの観光スポットです。
鍾乳洞だった場所が亜熱帯の森を歩く神秘的なツアー。
結構歩くので、歩けない赤ちゃんや幼児の場合は「抱っこ〜」となるかもしれないので、ちょっときついです(逆に体重が軽い小さい赤ちゃんの方がおすすめ)。
歩けないうちは、鍾乳洞の入り口のケイブカフェなどで雰囲気を味わうのもおすすめです。

 

ウミカジテラス

沖縄の那覇空港近く、瀬長島にできた施設も子連れにおすすめの観光スポット。
美しい海と飛行機の離着陸が見れて、絶景です。行き帰りの合間時間にカフェでのんびりしたりできます。

 

この他に、道の駅いとまん、あしびなー(アウトレット)なども子連れには行きやすいです。あしびなーは夏休みや土日には子供向けの遊具(汽車やふわふわバルーンなど)が設置されるので、親は買い物して、子供を遊ばせることもできます。

最近では斎場御嶽も観光スポットとして紹介されていますが、ここは神聖な場所なので、本来は興味本位で行く場所ではないそうです。
特に小さいお子さん連れには不向き。行ってもあまり面白くないですしね。

あ、沖縄ワールドやガンガラーの谷へ行ったら、帰りは、ぜひ、奥武島で天ぷら(中本天ぷら店)を買って帰ってくださいね。めちゃくちゃ美味しいですよ!

 

次の沖縄子連れにおすすめの観光スポットは

那覇近辺↓↓

首里城

沖縄へ初めて行くなら外せない観光スポット、もちろん子連れにもおすすめです。石段があるので、ベビーカーより抱っこの方がおすすめです。
茶室でお茶が出来るので(さんぴん茶と琉球菓子のセット)、我が家は毎回ここで一服しています。

 

国際通り

国際通りは沖縄のお土産屋通りで、有名な観光スポットです。

ただ、雰囲気は賑やかで楽しそうですが、買い物がないなら時間をかけて見るものもないかなと思います。
お菓子類のお土産は安いですので、お土産を買うなら国際通りがおすすめです)
観光スポットとして行くなら、牧志の公設市場を除く方が面白いので、子連れでもこちらの方がおすすめです。

 

那覇の国際通りは沖縄土産を調達のために、帰りに寄るのが多いです。飛行機の時間によって前後那泊することもありますが、那覇には美味しい食事処も多く、便利ですね。
無人島ツアーや水中観覧船の「オルカ号」はとまりんなどから発着しているので、那覇観光の一つにいれるのもおすすめです。

 

続いては沖縄中部の子連れにおすすめの観光スポット。

中部↓↓

琉球村

沖縄恩納村にある観光スポット、体験型のテーマパークです。
沖縄の琉球衣装で写真を撮ったり、シーサー作りなど、様々な体験が一箇所でできます。

子供も喜ぶという点では、子連れにはおすすめではあるのですが、体験には別料金がかかるので、あれもこれもとしていると結構お金がかかるので、が、我が家的にはなかなか足が向かないところです(笑)。
同じような体験施設で「むら咲きむら」もあります。こっちの方が、体験種類は多いです。

 

ビオスの丘

沖縄うるま市にある、観光スポット。幼児から小学生までの子連れにはかなりおすすめです。
水牛にのったり、湖水鑑賞船、カヌーに乗ったりできます。水牛と、鑑賞船は、おじさんの説明がかなり楽しい(笑)。
自然の木で作った遊具がたくさんあり、単純な遊びですが、子供達はかなり楽しかったようです。ただし、影がないので、暑いのが難点。春や冬など、過ごしやすい時期はかなりおすすめですね。

 

お菓子御殿

沖縄の定番お土産の紅芋タルトのお菓子工場が見学できる観光スポットです。
メインスポットとしてはちょっと物足りないですが、出来立てを食べることも出来るので、近ければ、覗いてみると良いでしょう。

 

東南植物楽園

植物に興味がなくても、行ってみると結構楽しい沖縄の観光スポット。
子供も、亜熱帯の珍しい植物を見たり、つりぼりで釣りを楽しんでいました。冬季は夜はイルミネーションをやっているので、夕方以降に訪れるのも良いでしょう。

 

海中道路

沖縄の絶景ポイント、子連れにもとってもおすすめです。

途中で車を止めて、浜辺に降りれます。
子供達はサンゴをひたすら拾っていますが、それだけで楽しいようです(笑)。美しい沖縄を背景に、写真スポットとしてもおすすめの場所です。

 

アメリカンヴィレッジ

沖縄北谷にある総合ショッピングセンターですが、海あり、食べ物あり、スーパーありで、子連れで立ち寄るには便利な観光スポットでもあります。
我が家の場合、近くの沖縄そば「浜屋そば」や、ハンバーガーび「ゴーディーズ」へ行った前後に立ち寄ります。
沖縄のTシャツショップ「ハブボックス」が好きなのと、琉氷(りゅうぴん)の沖縄ぜんざいが専らの目的ですが、ビーチも近いので、子供を遊ばせる組、買い物組に別れるのも良いですよ。
(ちなみに、ハブボックスは国際通り、りゅうぴんは「恩納の駅」にもあります。)

 

イオンモールライカム

沖縄県内最大ショッピングセンターで、観光雑誌には、観光スポットとして大々的に紹介されています。
でも、、、わざわざ沖縄に行ってまでショッピングセンターは行かないです(汗)。雨や、ホテルが近いなどなら立ち寄りますが、観光メインにはしないですね。

 

沖縄中部は、観光施設、特に体験できる工房(ガラス工房や、シーサー作りが出来る陶芸工房など)がたくさんあり、子供向けの施設は多いです。
幼児だと手伝いながら、小学生だと一人でも出来るので、ホテルの近くにあれば寄ってみると良いかなと思います。
赤ちゃんだとちょっと厳しいですが、我が家はどうしてもシーサーのネームプレートが欲しかったので、赤ちゃん、幼児連れで体験に行きました(笑)。
2時間ほどかかりましたが、3歳幼児は小さいプレートの色つけをしながら遊んで待っていましたので、同じくパパママが体験したいって場合もなんとかなると思います。

でも、動きたい、遊びたい子供連れの場合は、やはりビオスの丘が一番かな。

 

ではでは、最後に沖縄北部の観光スポットを紹介↓↓

美ら海水族館

沖縄といえばここ、子連れ観光にも最高におすすめの場所です。
何度行っても良いなーと思う場所です。チケットはコンビニなどで購入すると2割位やすくなりますが、一番安いのは許田の道の駅。行く前に立ち寄ってみると良いでしょう。また、夕方16時以降に行くと割引になるので、あえて夕方に入るのもありですね。
水族館はもちろん、外にはイルカショーも見れますし、入り口近くには幼児以上向けのアスレチック遊具があるので、遊びだしたら、結構時間を使います。

 

古宇利島

美ら海に行った後、必ず行く沖縄の絶景スポットです。
沖縄の絶景ポイントでも、有名な観光スポットですが、個人的にもかなりおすすめの場所です。泳ぐこともできますし、小さいお子さんの場合は磯遊びもおすすめ。
とにかく、海が綺麗なので、いるだけで癒される場所です。

 

もとぶ元気村

沖縄本部にある体験施設ですが、子連れ向けのアクティビティが充実しています。
イルカと触れ合えるドルフィンプログラムは、身長制限、泳げないとダメなので、小学生高学年位からしか参加できませんが、小さい子供向けの体験もたくさんあるので、子供達は大喜び。予算が許すなら(笑)、あれこれとやりたいプログラムがたくさんあります。

 

パイナップルパーク

沖縄名護にある、パイナップルをテーマにした観光スポット。子連れ向けではありますが、個人的には入場料がかかるお土産施設、というのが感想です(笑)。
パイナップルをイメージした車に乗って園内を見て回ったりできます。「パイナップル食べ放題!」とありますが、イメージは試食品を食べてる感じ・・・。(数ヶ月前行った際は、このパイナップル食べ放題も不作で一時中止中でした・・・)
ただ、子供は喜ぶので、時間調整で行くのは良いと思います。

 

ネオパークオキナワ

こちらも名護にある、観光スポット。

 

沖縄北部の観光は、美ら海行って、古宇利島回るだけでも半日使います。
備瀬のフクギ並木なんかもゆったりして良いですが、動きたい盛りの子供にはこのコースが一番良いですね。
食事は絶品ピザの「花人逢」へ是非寄って欲しいなと思います。混んでますが、めちゃくちゃ美味しいです。
美ら海水族館すぐの海の家も美味しかったです。

 

以上が、実際に管理人が子連れで出かけてよかった、おすすめの沖縄の観光スポットでした。
小さい子連れの場合は、観光スポットは1箇所か2箇所にして過ごすのがおすすめです。あまり詰め込みすぎると親も子供も疲れちゃいますからね。
気になったスポットを1、2箇所位絞ってプランを立てて見てくださいね。


スポンサードリンク

沖縄子連れにおすすめのアクティビティ

沖縄に行ったら、是非やりたいマリンアクティビティ、
小さい子連れだと無理〜、、、って思っていませんか?

私も思っていたんですが、ここ数年で子供向けのアクティビティは増えました。

子連れおすすめアクティビティ① シュノーケリング

沖縄の読谷にある、ダイビングスポット青の洞窟。こちらへのシュノーケリングは2歳から参加可能です。
このファミリーシュノーケリングの良いところは、1家族にインストラクターがついて、子供の調子を見てコースを決めてくれるところ。写真もたくさん撮ってくれるので、かなりおすすめです。
値段は通常のグループシュノーケリングよりも割高ですが、子供が小さいなら、断然ファミリーシュノーケリングがおすすめ。
他の人と一緒だと気を使いますし、子供も大人のペースに合わせるので必死になってあまり楽しめないですしね。

シュノーケリングは冬もできますが、冬は上がった後が寒いので子供には辛いと思います。

 

子連れおすすめアクティビティ② 潜水観覧船

沖縄のアクティビティの定番といえば、グラスボードですが、赤ちゃんや幼児の場合、グラスボートの底を覗くのは意外としんどいです。子連れなら、座ってそのまま見れる潜水型の観覧船がおすすめ。

我が子は、グラスボートも潜水観覧船、両方乗りましたが、断然潜水艦乱戦の方が楽しめました。
グラスボードは、抱っこして、船底が覗けないので、親が大変です(汗)。

我が家は那覇で「オルカ号」に乗りましたが、もとぶ元気村でも見ることができます。
同じ魚でも、船で見るのと水族館で見るのとは違うので、美ら海水族館に行く場合でもおすすめです。

 

子連れおすすめアクティビティ④ シーカヤック

沖縄の美しい海はもちろん、マングローブの中など、ツアーにより好みの場所を選べます。
シュノーケリングは無理でもおすわりが出来る1歳頃からなら参加可能なツアーもあります。シュノーケリングと違って水に浸からないので、冬でも寒くならないのでおすすめです。

 

子連れおすすめアクティビティ③ 磯遊び

せっかく綺麗な沖縄の海でも、小さい子供は海に入るのを怖がる子も多く、結局浜辺で遊ぶだけ、なんてことはよくあります。(我が子も2歳すぎまで海に入れませんでした)
そんな子には海に入らないですむ、磯遊びがおすすめです。ガイドの説明も楽しく、大人も楽しめます。

 

4歳からなら、ほとんどのマリンアクティビティが可能なので、選択肢は広いですね。
シュノーケリングは6歳、3歳の子連れで行きましたが、かなり良かったです。洞窟の暗いのがダメかなと心配していましたが、生で見る魚と洞窟の綺麗さに子供たちも大はしゃぎでした。
2歳以上、冬でなければ、ぜひやってほしいアクティビティです。

冬の沖縄といえば、ホエールウォッチングも観光の定番です。上の子が3歳の時に参加しましたが、結構見れたので、子供も喜んでいました。ただ、一緒に行った姪っ子(2歳)は、意味もわからず、船が怖いと泣いていたので、小さすぎると難しいかもしれません。
幼児連れなら、シーカヤックか、磯遊び、お手軽アクティビティなら潜水観覧船ですね。
オルカ号なら那覇から出航なので、タイミングがよければ移動日に組み込んでみてはいかがでしょうか?

沖縄のアクティビティ、こちらでも探すことができますよ。

アクティビティはできれば事前予約しておくのがおすすめ。
ホテルでも手配はできますが、サイトを使った事前予約の方が安い場合が多いです。

沖縄子連れ観光雨の場合はどうする?

沖縄旅行で、観光プランを立てる時、悩ましきは雨。
台風が心配なシーズンもありますし、冬も結構どんより雨が多いんですよね。

そんな雨でも楽しめる沖縄の観光スポットは

沖縄で雨でも楽しめるスポット

・美ら海水族館
・もとぶ元気村
・パイナップルパーク
・ブセナ海中展望塔
・琉球村
・お菓子御殿

室内施設で、体験型アクティビティがある場所は雨でも大丈夫です。
あとは、雨でも大丈夫なように室内プールのあるホテルを選んだり、が雨対策として有効ですね。

沖縄子連れにおすすめの観光スポットとアクティビティ 雨でも遊べる場所まとめ

沖縄子連れ旅行におすすめの観光スポット情報。

沖縄旅行子連れにおすすめのホテル、格安ツアーははどれ?人気の観光スポット

飛行機子連れの座席のおすすめは?子供のおもちゃのおすすめは?
子連れ沖縄観光プランの参考になったでしょうか。
沖縄は一度行くと病みつきになるので、プランを練って楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク

日差しは強いので、日焼け対策は万全に、またビーチに行く場合はサンゴ礁で足を切らないように、ウォーターシューズは必須ですよ。

 

 - 旅行・スポット ,