いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

おせち子供が食べない時におすすめ 子供向けレシピで食べやすくする

      2017/10/11

お正月のおせち料理、行事ごとは大切にしたいから手間をかけて作ったのに、子供が食べない・・・・。

子供あるあるなことですが、頑張って作ったママからすると、結構凹みますよね(汗)。
そんな時にヒントになる、子供が喜んで食べる、子供向けのアレンジおせちレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

おせち子供が食べない時はどうする?

お正月といえばおせち料理ですが、子供がおせち料理を食べない、嫌がる、というのは結構多いです。

私自身も子供の頃のことを思い出しては「好きじゃなかったなぁ」となります(汗)。
野菜中心の和食なので、特に現代食に慣れていると難しいかもしれません。

子供がおせち料理を食べない時の対策として、有効な方法は

  • 具材を変える
  • 子供が好む味に変える

など。

例えば、子供にはハードルの高い田作り、昆布巻きなどは少量にして、代わりに子供には好きなもの(ハムやソーセージ)を入れるのはどうでしょうか??
市販品おせちには、ハムやローストビーフが入っているものも多いので、自宅の手作りおせちにも入れるのも、特に問題はありません。

また、伊達巻をいつもの卵焼き、紅白なますを大根とカニカマでつくる、栗きんとんにバターを足してスイートポテト風、田作りはアーマンドをまぶしたり、子供が好む味付けに一工夫を。
お煮しめをコンソメ煮に変えたり、中華風に変えたりするのも良いでしょう。

嫌いな味のものを無理やり食べさせるよりも、好きな食べ物をお重に入れて、「おせち風」にして、お正月気分を味わう方が、子供も親も楽しめます。好きなものの中に、苦手なものを一口食べるだけでも十分えすし、また、食べなくても、おせちの由来を話ししてあげるだけでも、十分食育になります。

 

おせち子供向けに作る時のレシピ

おせち料理、子供向けに、子供が喜ぶアレンジの仕方、レシピをご紹介しましょう。

市販品のおせちも洋風、中華風など様々。おせちには使われている具材に意味があるので、味付けは好みに変えれば、おせちの縁起担ぎに問題はありません。

 

そのままでは食べにくい、子供が苦手なおせちですが、子供向けにちょっとアレンジしてあげると、喜びます。また、レシピも簡単

子供向けおせちレシピ① アーモンドいりこ

(材料)

  • 乾燥小魚 200g
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • バター 小さじ1
  • ピーナッツ アーモンド くるみ好みの量
  • 水 大さじ3

(作り方)

  1. 小魚をレンジでふたをせずチン。パリッと乾燥するまで繰り返す
  2. ナッツを細かく砕く。カリカリ感を出すなら、フライパンで炒る。
  3. フライパンに調味料を入れ煮立たせたら、①と②を一気にいれ、からめる。
  4. 皿にあけたら、ナッツが小魚につくようにぎゅっと押える。

アーモンドを入れて甘辛くすることで、田作りよりも簡単な上に、子供向けに食べやすくなっています。

 

子供向けおせちレシピ② スイート栗きんとん

(材料)

  • さつま芋 1本
  • さとう 大さじ2
  • バター 大さじ2
  • 天津甘栗 8ケ

(作り方)

  1. さつまいもを茹で(レンジでチンでも)、あついうちに砂糖、バターを入れる。
  2. 形を整えて、天津甘栗を飾る。

天津甘栗を使うので甘さ控えめで簡単。バターを入れることで洋風になり、子供にとって食べやすい味になります。

 

子供向けおせちレシピ③ カニカマで紅白なます

(材料)

  • 大根直径 6㎝位
  • カニカマ 1パック(90g程度)
  • 粉末寿司酢 大さじ1~2
  • 砂糖 適宜

(作り方)

  1. 大根は細く千切りにし、スチーマーでレンジで2分(600W)
  2. カニカマをほぐし、フライパンで少し焦げめが付く位に炒める
  3. フライパンに①をいれて、水分を飛ばすように軽く炒め、粉末寿司酢、砂糖を入れる。

人参の代わりにカニカマを使い、さらに炒めることで風味がアップ。子供ウケする味になりますよ。

 

子供向けおせちレシピ④ 洋風マヨごぼう

(材料)

  • ごぼう 1.5本(150g)
  • カシューナッツ 30g
  • すりごま 大さじ3
  • マヨネーズ 大さじ1.5
  • さとう 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • しょう油 小さじ1
  • 和風だしの素 小さじ1/4

(作り方)

  1. ごぼうを洗い、3〜4cmの長さに切り、酢水につける
  2. お湯でカリカリ歯ごたえが残る位に茹でる
  3. カシューナッツを砕き、ごま、マヨネーズ、砂糖、酢を混ぜ合わせ、ごぼうに和える。

たたきごぼうだと食べなくても、マヨネーズであえだけで、子供には一気に食べやすい味になります。

 

定番おせちの味付けに、一工夫するだけで子供が喜ぶ味に簡単になります。
我が家はこのアレンジレシピに、お煮しめ(筑前煮)、卵焼き、ローストビーフやハム、彩りにプチトマトやブロッコリーを入れていて、おせちは出来上がり。

おせちが余ってしまった、、、という時にも便利なレシピなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

おせち料理、子供が食べない時の対策まとめ

おせち料理、子供が食べない時に、子供向けにアレンジするレシピ、参考になりましたか??

おせちは縁起物。
とはいえ、美味しいと思わずイヤイヤ食べるのも、寂しいですよね。
子供が小さいうちは、少しだけ一工夫、手間を加えて食べやすくしてあげましょう。子供は年齢とともに味覚も変わりますので、そのうち食べれるようになります。

せっかくのお正月、家族みんなでおせち料理、楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

子供がおせちの意味を聞いたら、こちら「おせちの由来と意味は?英語で説明するとどうなる?海外で食べる方法」が役に立ちますよ。

 - 生活howto ,