いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

お酒に酔わない飲み方、飲み物、弱い人におすすめの飲み方

   

お酒酔わない飲み方お酒に弱い人必見。

お酒に酔わない飲み方、弱くても、飲んでいる風に見えて飲まされない飲み方など、
お酒が弱くても飲み会を乗り越えるコツをご紹介します。

スポンサードリンク

お酒に酔わない飲み方

お酒が弱い。
飲まなければ良いとはいえ、そうもいかない時も多いです。

また、残念ながらお酒に強い弱いは体質の問題。
遺伝子的に決まっているので、努力で改善されるものではありません。
ですが、工夫次第で少しでも酔うスピードを抑えることはできます。

酔わない、酔いにくい飲み方のコツをまとめました。

お酒に酔わない飲み方

・空きっ腹で飲まない
・タンパク質、脂肪のあるものを一緒に食べる
・ちゃんぽんしない(いろんな種類のお酒を飲まない)
・事前に「ハイチオールC」を飲む
・オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類が入ったドリンクを飲む

 

お酒だけを胃に入れないのは、一番大事です。
どんなに強い人でも、空きっ腹で飲むの酔いやすくなります。
タンパク質(豆類、肉類)を食べると、アルコールの吸収を遅らせてくれるので、一緒に食べましょう。

事前にできる対策としては、ビタミンCの摂取がおすすめ。特にハイチオールCが人気です。

 

お酒に酔わない飲み物

お酒に酔わない飲み物とは、

・アルコール度数が低いお酒
・アルコールの吸収を抑える、柑橘類、梅干しなどが入ったお酒

アルコールは、焼酎15~25%、ウイスキー40~55%。
焼酎ベースのドリンクがおすすめ。
焼酎のレモン、梅干し入りの水割りなどを選ぶと、酔わない(酔いにくい)ですし、二日酔い防止にもなります。

また、お酒を飲んだあとに、酔い覚め、二日酔い防止に飲むなら、
グレープフルーツ、オレンジジュース、緑茶などをコップ1杯のみ、その後にスポーツドリンクを。
柑橘類のジュースはアルコールの分解を助けてくれますが、利尿作用も強いので、脱水に。
脱水防止に、吸収率のよいスポーツドリンクを飲みましょう。


スポンサードリンク

お酒が弱い人におすすめの飲み方とは?

お酒の強さは、努力では解決しません。
でも、飲まないとダメな時は、

「飲んでいる風に見える飲み方」

で乗り切りましょう。

お酒が弱い人でも「飲んでいる」ように見える飲み方

方法1 出す
飲んだふりをし、咳き込んで口を拭くふりしておしぼりにひそかに吐く。

方法2 飲むふり
飲むふりをして口の持っていき、お酒をなめる程度でコップを置く。
また、すぐに口の運ぶ。
上記を繰り返し、10回に1回位で一口飲む。
コップを半分ぐらいの状態でお代わりする。

方法3 酔ったふり
周りの酔った人たちと同じテンションで盛り上がり、周りの人を飲ませる。

 

お酒を飲んでいないのをバレないように、陽気に振る舞い、自分は飲まず相手を飲ませるようにしましょう。
周りが酔ってしまえば、飲むふりもしやすくなり、まずバレません。

接待が多い営業マン、水商売の方がやっている小技です。
お酒が飲めないのに、飲まないとダメな時は、試してみてくださいね。

まとめ

お酒が弱いのに、飲む場所にいないとダメというケースは多いです。

スポンサードリンク

いかに、飲ませ上手になるかも、お酒が弱い人の処世術ですので、ぜひその場を盛り上げて乗り切ってくださいね。

 - 生活howto ,