赤ちゃんがいる場合冬の暖房はつけっぱなし?寝室の暖房はどうする?

赤ちゃん暖房冬 加湿器の使い方

赤ちゃんが生まれ、冬を迎えるにあたり暖房器具をどうしようかと悩むママは多いと思います。

赤ちゃん雑誌を見ると「暖房は快適な室温になるようにつけっぱなしにした方が良い」などの意見もあったり。

そうすると、寝室の暖房をどうするか、また節約の面でも気になるところだと思います。

実際、赤ちゃんがいる家庭の暖房はみなどうしているのでしょう??
先輩ママさんの体験談から、赤ちゃんがいる家庭での暖房対策をまとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんがいる家庭は冬の暖房はつけっぱし?!

赤ちゃんがいる場合、冬の暖房はどうしたら良いのか悩みますよね。
病院に聞いたり、赤ちゃん雑誌を見ると、割と「快適温度でつけっぱなし」を推奨してることが多いのですが、実際にはどうしているのでしょう?

ネットでのアンケート等を確認したり、周りのママさん達に聞いてみたところ、、、

寒冷地などの場所や、建物の構造にも差はありますが、赤ちゃんがいても冬の暖房をつけっぱなしにしているのは少数派でした。

氷点下になる寒冷地以外は、つけっぱなしにしている家庭はかなり少ないようです。
使用している暖房器具にもよりますが、暖房器具を使用すると、部屋の換気や乾燥対策も必要になるので、特に寝ている間は消している家庭がほとんどです。

また、赤ちゃんは基本的に体温が高いもの。室温が高い上に厚着をさせてしまうと、熱がこもってしまいます。高い室温の場所で、冬に厚着させると、汗疹が出来てしまう赤ちゃんもいます。

それに、赤ちゃんは寒ければ、泣いてしらせてくれます。
「寒いかな・・・」と先回りして暖房はつけず、まずは着るものや布団等で調整してみると良いでしょう。
それでも対応できない程室温が下がる場合は、暖房器具をつけることを検討するのがおすすめです。

赤ちゃんがいる寝室の暖房はどうしてる?

赤ちゃんがいる寝室の暖房は、みなさんどうしているのでしょうか?

寝室の暖房対策はどうしてる?

寒冷地などでつけっぱなしにしている方の多くは、オイルヒーターを利用しているようです。

オイルヒーターは、空気が汚れがないので、つけっぱなしでも安心というのが理由です。
しかし、オイルヒーターは室内全体の温度をあげるのには不向き。室温をあげるのに時間がかかり、そのため電気代がかなり高くなります。
ですので、寝始めは、暖房効率の良いエアコンなどで部屋を温め、その後に、オイルヒーターで保温する方法を採用している方も多いようです。

しかし、寝室の暖房を付けっ放しの家庭は少ないです。
寒冷地ではない場合は、布団など、暖房器具以外での暖房で対策を取っています。

暖房器具以外の暖房対策

暖房器具を使わない暖房対策も色々とあります。
特別寒い部屋など、付けっ放しじゃないとダメな場所以外なら、十分対応できます。

スリーパー

寒いなら、布団で厚着をさせればOK。ただし、赤ちゃんは布団を蹴っ飛ばすので(汗)、外れないスリーパーが大活躍です。

これは我が家でも赤ちゃんから3歳ごろまでたっぷり使いました。
スリーパーを着せていれば、布団を多少蹴っても問題はありません。夜中の授乳もスリーパーを着せたまましていました。薄手で暖かいものを選ぶと良いでしょう。

湯たんぽ

湯たんぽは、寝始めの布団を温めるのに使います。寝る時間の少し前に入れて、布団がほかほかとなるようにセットしておきましょう。
寝てから布団に寝かす時、布団がひんやりしていると、びっくりして起きたりすることもあるので、そういった対策にもおすすめです。

寝る時には抜いて下さいね。入れっぱなしにしていると、低温火傷になるので忘れずに気をつけましょう。

加湿器

部屋を加湿すると体感温度が上がりますし、風邪などのウィルス対策にもなります。
特にエアコン等の暖房をつけている場合は乾燥するので、加湿は必須です。

我が家は加湿器を暖房代わりに使っていました。加湿すれば十分暖かかったからです。
ただし、機密性が高い住宅の場合、加湿器だと湿度が上がりすぎることもあるのでそこは注意。
適正湿度は40から60%。60%以上になると、湿度が上がりすぎて、カビ、ダニの原因となりますので、加湿しすぎないように気をつけましょう。

加湿器について、効果的な利用方法などはこちら
加湿器はどこに置く?意外と多いダメな置き場所を避けて効果的に使う

夜間授乳時は、ハロゲンヒーター

我が家では、加湿器とスリーパーが大活躍でした。
さらに、夜間の授乳が寒い場合は、ハロゲンヒーターをつけていましたね。
熱の温まりが早いので、「寒い!!!」と思ったらつけて、とても快適でした。
お風呂を入れる時、脱衣所で待機させる時にも使ったりして便利だったので、おすすめですよ。

赤ちゃんの顔が冷たい時

暖房をつけた方が良いかな??と心配する理由に、
「寝ている時に、布団から出ている顔や手などが冷たくてびっくりした」
という意見もあります。
しかし、これは温度調節をちゃんとしている証拠
ですので、あまり心配する必要はありません。

赤ちゃんは弱いようで、ちゃんと環境に順応します。
過度な環境調整はその順応力を衰えさせることもありますので、暖房についても程々にするのが一番です。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんがいる家庭でも、暖房つけっぱなしは結構少ないです。
「赤ちゃんがいる家庭は暖房代は目を瞑る」という意見もありますが、極度に寒くない限り、他の暖房方法で対策は可能。

もちろん、凍えそうな環境なのに、暖房をつけずに我慢する必要はありません。ですが、快適すぎるのも赤ちゃんの成長によくないようなので、程々を心がけて冬を乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました