いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

冬は鍋!子供が喜ぶのは?具材で子供におすすめは?子供が食べない時の工夫

      2016/01/10

鍋が美味しい時期ですね。
野菜もたっぷり、準備も簡単なので、主婦の味方の万能料理ですが、子供にはウケが悪かったりも・・・。

子供が喜ぶ美味しい鍋やおすすめの具材、さらに食べなかった時の対策などもまとめました。
家族みんなで鍋を楽しみたいなという方、良いアイデアが見つかるかもしれませんよ?

スポンサードリンク

冬は鍋!子供が喜ぶのは何鍋?

冬は鍋の時期。

大人で鍋が嫌いという方は少ないですが、子供にはなかなかウケが悪く、小さいお子さんがいる家庭では鍋の登場が少なかったり
ということも。

家族みんなで美味しく食べられる鍋料理、子供が喜ぶのはどんな鍋なのでしょう??

子供に人気の鍋① トマト鍋

洋風のトマトシチュー味で、子供には食べやすい味です。締めにパスタを入れたり、チーズとご飯でリゾット、卵とご飯でオムライスにしても。

【トマト缶で作る簡単トマト鍋レシピ】
材料
トマト缶・・・ 1缶
水・・・ 3カップ
顆粒コンソメ・・・ 6g
砂糖・・・ 大さじ1
塩・・・ 小さじ1
酢・・・ 大さじ1/2
ケチャップ・・・ 大さじ2

材料を鍋に入れ、火にかける

子供人気の鍋② カレー鍋

カレーが嫌いな子は少ないですよね。鍋も大好きなカレー味なら食べる率は高いです。締めはうどんでカレーうどん、ご飯でカレーリゾット(チーズを追加も美味しい)しても。

【カレー鍋レシピ】
だし昆布・・・ 5✖︎10cm2枚
水・・・ 5カップ
出汁パック・・・ 1パック
カレールー・・・ 4片
出汁醤油(醤油)・・・ 大さじ2
みりん・・・ 大さじ1
酒・・・ 大さじ1
砂糖・・・ 小さじ1

水にだし昆布を入れ火にかける、沸騰する直前に昆布を取り出して出汁パックを入れて5分沸かして出汁を取る。
出汁が取れたら、その他の材料を入れる。

子供に人気の鍋③ 塩ちゃんこ鍋

鶏ガラ、塩を効かせたちゃんこ鍋。締めはラーメンがおすすめです。鶏ガラはあれば手羽元などでスープを取るとさらに美味しいです。にんにくを足して風味たっぷり、大人は食べる時に柚子胡椒を追加してもおすすめです。

【塩ちゃんこ鍋レシピ】
水・・・ 750cc
酒・・・ 150cc(できれば日本酒、料理酒の場合150cc)
鶏ガラスープの素・・・ 大さじ1
塩・・・ 4〜5g(ミネラル豊富な美味しい塩で!!)
にんにくすりおろし・・・ 1片
生姜すりおろし・・・ 少々
みりん・・・ 大さじ2
醤油・・・ 大さじ1/2
ごま油・・・ 小さじ1
玉ねぎ・・・ 1/4

玉ねぎ以外のスープの材料を入れ、煮立たせた後に冷ます。冷めたスープに玉ねぎの薄切りを入れる。玉ねぎは甘み出し用です。

子供に人気の鍋④ 白菜と豚バラミルフィーユ鍋

白菜、豚バラを交互に重ねた鍋。豚バラからの出汁が出て白菜が美味しいです。コンソメの出汁、カツオと昆布、みりん、醤油の和風出汁の両方OK。

【ミルフィーユ鍋レシピ】
粉末出汁・・・小さじ2
水・・・ 300〜500cc

白菜と豚バラを交互に重ねる。4〜5cm位にカットし、鍋に並べ、粉末出汁を水を入れて蓋をして煮る。

大根おろしでデコ鍋、なんてしてみてはいかがでしょう?子供の食事は見た目も大事、見た目でテンションあげたら普段食べないものでも食べてくれることも多いです。

子供鍋

子供は味のしっかりした物を好みます。また、和風より洋風の味の方が好みの子が多いです。味噌や醤油味より、トマトやカレー味が好きですし、塩ちゃんこはラーメンスープに近いので食べやすいようです。
水炊き鍋にポン酢などは、野菜好きの子でもあまり食べてくれないことが多いです。
子供向けに鍋を作る場合、味がしっかりとした鍋スープにし、具材にしっかりと味がつけてあげましょう。

鍋の具材子供にはこれがおすすめ!

鍋料理は、スープに寄らず、具材はどんな物でも割と合うのが良いところ。

鍋の具材で子供が喜ぶのは

・ソーセージ
・水餃子
・肉団子
・マロニー
・はんぺん、かまぼこ
・らーめん
・うどん
・こんにゃく

 

など
普段から子供が好む物は、鍋でも人気ですね。また、味がしみ込みやすい物がおすすめです。
また、いろいろ試しに入れてみるのも、発見があって面白いかも知れませんよ?

スポンサードリンク

鍋をしたのに子供が食べない時

鍋をせっかく作ったのに、子供が食べない、決まった具材しか食べない(野菜を食べて欲しい)時などの対策をご紹介します。

対策① 野菜は薄切りにする

ピーラーで薄切りにすると、他の具材と一緒に知らぬうちに食べることが多くなります。味もしみ込みやすくなります。
また、カレー鍋やトマト鍋に玉ねぎの薄切りやはみじん切り、ちゃんこ鍋などの場合は、大根おろしを入れると、締めの雑炊の時に一緒に野菜を取れるのでおすすめです。

対策② 野菜を細かくして肉団子に混ぜる

ミンチ肉で肉団子を作る、もしくは水餃子を作る時に、野菜をたっぷり入れ込んでしまいましょう。トマト鍋にニョッキを入れるのも良いですよ(煮崩れに注意)。

対策③ 出汁を変える

和風出汁で食べなかった時の対策で、鍋出汁の味に変化をつけるためにバターを入れたりすると子供は食べやすくなります。また、完全に味を変えるなら子供の分だけ取り分けしてカレールーを入れたり、シチュールーを入れて味を変えたりも。
トマト鍋ならビーフシチュールーでも良いですね。二日目の鍋出汁の活用としてもおすすめの方法です。子供鍋

まとめ

スポンサードリンク

子供の好き嫌いには頭を悩ませがちですが、一緒に楽しく食卓を囲むのも大事ですよね。
鍋はそれができるメニュー。
早速、今日の夕食は鍋にしてみてはいかがですか??

 - 生活howto ,