いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

大掃除を1日で終わらせるには?効率の良い手順と道具のおすすめ

   

大掃除1日で終わらせる大掃除にかける時間がない、という方におすすめ。

1日で終わらせる、効率の良い手順や、便利で役立つ道具をご紹介します。

家を一気に綺麗にするコツが満載ですよ。

スポンサードリンク

大掃除を1日で終わらせるには?

時間がないので、大掃除を1日で終わらせたい!!!

大丈夫!効率よくやれば、可能です。

そのためには、ポイントがいくつかあります。

大掃除を1日で終わらせるポイント① 道具を揃える

道具がないと掃除はできません。
早く終わらせたいからと、「使い古しのタオルと洗剤片手に目についた場所から拭き掃除」というのは一番効率の悪い方法です。
まず、1番初めに道具を買い揃えましょう。

 

家中の掃除するのに、何種類もの洗剤はいりません。
必要なのは、重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウムのみ。
さらに、雑巾としてマイクロクロスファイバー、メラミンスポンジ、キッチンペーパー、を掃除用として揃えましょう。

 

大掃除を1日で終わらせるポイント② 不用品の整理をする

苦手な人にとっては、これが一番大変だったりしますが、まずこれが出て来ないと時間がかかります。
あまりに物が多い場合は、不用品整理だけで1日かかりますので、1日しかない場合は、物の整理をするか、家を掃除(磨く)かのどちらかを優先的に決めた方が良いでしょう。

 

 

大掃除を1日で終わらせるポイント② 掃除場所を決める

リスト化するのがポイントです。
例えば、1日で終わらせる掃除量を考えると、以下のような感じになります。

 

掃除場所一覧(例)

・キッチン
レンジフード、換気扇、五徳、ガス台本体、シンク周り、冷蔵庫、

 

・お風呂
カビ取り、水垢取り

 

・トイレ
床、便器周り、ウォシュレット、水垢取り

 

・洗面
水垢取り、洗濯機の洗濯槽の掃除

 

・部屋
蛍光灯のホコリ取り、窓ガラス、サッシ掃除、移動できる家具の裏のほこりをとる、

 

・玄関
靴箱、ドア、棚、タイル

部屋数にもよるかもしれませんが、1人でもこの量なら朝からやれば、午後の夕方までかからずできます。
では、時短できる効率の良い手順を見ていきましょう。

 

大掃除の効率の良い手順

掃除の基本は、

奥から手前
上から下

です。

さらに大掃除なら、普段しない場所から、いつものする場所の順も追加しましょう。

キッチンの場合、掃除場所が多く、頑張って磨かないと汚れが落ちないと思うかもしれませんが、
汚れに応じた洗剤を使い、漬けおき洗いをすれば、簡単に汚れは落ちます。
つまり、漬け込みさえすれば、後は放置。
他の場所の掃除をすれば良いので、時間はかかりません。

例えば、

効率の良いキッチン大掃除の手順

①冷蔵庫の上やガスレンジの部分に、重曹スプレーを吹き替けて、キッチンペーパーを貼り付ける。

②換気扇、五徳などの取外せる部分はシンクに入れ、熱湯に過炭酸ナトリウムを溶かして漬け込み洗いをする。

③水垢のついた部分にクエン酸スプレーとして、キンチンペーパーを貼り付ける。

④冷蔵庫の中を整理して、中をアルコールスプレーでふいたり、棚の中を整理して拭き掃除をする。

 

①〜③は長時間放置くことで汚れを落ちやすくするので、大掃除の最後に磨けばOK

同時に、

お風呂掃除

①水垢がひどい場所にクエン酸パックをする。

 

②目地のカビにはに過炭酸ナトリウム、重曹、水を(2:2:1)で混ぜたペースト作り塗ってラップする。

③タイルや浴槽に過炭酸ナトリウムをふりまく

 

キッチンと同じく、こちらも放置系。
時間が経ってから、①〜③を拭き取り掃除します。

カビ取りには塩素系のカビキラーよりも、安心なので酸素系漂白剤の過炭酸ナトリウムがおすすめです。

また、この過炭酸ナトリウムは、洗濯槽の掃除にも使えます。
洗濯槽に60度以上のお湯を入れ、過炭酸ナトリウムを1カップ入れて、洗濯槽掃除コースでつけおき洗いをする。

浮いてきた汚れを網じゃくしなどですくい取ってからすすぎをした方が後が楽です。
過炭酸ナトリウムを使うときのポイントは60度以上の高温のお湯を使うこと。こうすることで汚れを落とす力が強くなります。

キッチン、洗面、風呂場を掃除中に、部屋の中や玄関等を掃除

この時も上から下に埃を落として掃除していきましょう。
部屋も普段あまり掃除をしない部屋から始め、
部屋の中では、エアコンのフィルター、蛍光灯のホコリ取りからして、通常の掃除場所へとやっていきます。

水拭きには、重曹水(200mlに小さじ1)を。
効率よくするには、重曹水のバケツに、マイクロファイバークロスをたくさん入れて、絞ったものを10枚ほど用意し、汚れたら新しいものに変えてどんどん拭いていきます。
雑巾を新しく変えて、洗う手間を省くことで、掃除時間の短縮と効率化が図れます。
水を触るのが辛い時期でもあるので、手荒れ防止にもおすすめですよ。

部屋が玄関が終わってから、キッチン、風呂場、洗面等に戻ると、時間の無駄もなく効率的に掃除が終わります。


スポンサードリンク

大掃除の道具おすすめは?

大掃除で使う道具おすすめ、というか絶対必要なものは、

大掃除の道具

重曹
クエン酸
過炭酸ナトリウム
スプレーボトル
マイクロファイバークロス10〜20枚
メラミンスポンジ
水切り
キッチンペーパー
ラップ

洗剤は必須。
作った洗剤を吹きかけるスプレーボトルもあると便利です。

拭き掃除には雑巾よりも、マイクロファイバークロスがおすすめ。
水だけでも汚れ落ちが良いし、繊維の落ちもないです。
効率化のために、枚数は多めに用意しておいた方が良いでしょう。

窓掃除には水切りを。
窓は、重曹スプレーで拭き取り、その後に水拭きすれば綺麗になります。
雑巾だと拭き残しがつきやすいので、水切りでの掃除がおすすめです。

これに使い古しの歯ブラシや、割り箸などを追加すれば完璧。
ご紹介した道具は全て100均で揃います。

ない場合は、まず買いに行ってから掃除を。
1日で終わらせるには、必須の道具たちですよ。

 

まとめ

私は、不用品の整理を12月の頭頃から不用品の整理を初めて、その後、暇な日に一気にこの手順で掃除をします。
年末に限らず、たまにこれだけのことをしているの、汚れはたまりませんので、さらに掃除も年々楽になりますよ。

 

スポンサードリンク

ぜひ、試してみてくださいね。

 - 生活howto ,