風呂の水垢取り効果的なのは?鏡と椅子もすっきり綺麗にする方法

水垢風呂 加湿器の使い方

お風呂場の水垢、ゴリゴリと白い汚れが溜まってしまって取れない!!
という方いませんか??

磨いても磨いても、すっきり取れないプレスチックの椅子や鏡の水垢も、
すっきり取れる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

風呂の水垢取りには何が効果的?

風呂の水垢取り。
サボっていると、白く塊になって、こすってもこすっても取れない状況に。

こうなってしまっては、削るしかないという意見も多いですが、ちょっと待って。
削ると、表面に傷をつけることになりますが、そうなると汚れがその場では落ちても、次にもっと深いところまで汚れがつく可能性が上がります。

掃除は、力を入れないのがコツ。
では、するっと水垢汚れを落とすにはどうしたら良いのでしょうか??

水垢汚れは、石鹸カスや、水道の塩素などの成分が固まってできたものです。
つまり、この汚れはアルカリ成分なので、落とすには酸性成分の洗剤が効果的。
アルカリ性を酸性で中和することで汚れが落ちるのです(酸性の汚れにはアルカリ性が効果的なのと同じ理由です)

アルカリ性の汚れを落とすには、酸性の洗剤を使いますおすすめはクエン酸

クエン酸がない場合など、家になる酸性のもの、お酢やレモン汁などでも代用可能です。
ですが、匂いが残るので、クエン酸の方が使いやすいです。
私の経験ですが、クエン酸が切れていたので、お酢を代わりに使ったら、、、見事に家族からブーイングが出たことがあります。
(1、2日ほんのり匂いだけなのですが、子供には嫌な匂いのようです)

水垢掃除用には、200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かして、それを吹きかけてマイクロファイバークロスやメラミンスポンジで磨けばOK。
こびりついていない水垢ならこれで十分すっきりと落ちますよ。

 

スポンサードリンク

風呂の水垢 鏡の汚れがすっきり取れる方法

「風呂場の鏡がまっ白になっていたり、水垢のヒョウ柄で見えない状態になっている〜〜!!!」
ガラス用のクロスなどで磨いても磨いても、全く綺麗にならないという声も多いです。

このひどい水垢も、クエン酸ですっきり落ちます。

ただし、汚れのこびりつきがひどいので軽く拭くだけではダメ。
汚れがひどい時は、クエン酸水を吹きかけて、キッチンペーパーを貼って、クエン酸パックがおすすめです。
乾いたら、マイクロファイバークロスなどで拭き取りましょう。

クエン酸が水垢をうかして落としやすくします。
1度でスルッと落ちなくても、何回か繰り返すと、もとどおりの綺麗な鏡になります。
汚れが落ちにくいという場合は、それだけ汚れがたまってしまったということ。
1度で落ちない汚れは、1度で落ちる量ではないということなので、回数を重ねることで、汚れも落ちやすくなります。

ぜひ、試してみて下さいね。

風呂の水垢 椅子の汚れを落とすには?

椅子の汚れも、こびりついて落ちないですよね。

この椅子の汚れも石鹸カスと水垢なので、クエン酸が効果的です。
鏡と同じく、クエン酸パックで落ちます。

キッチンペーパーをクエン酸に濡らし、椅子に貼り付け、数時間おき、その後軽くこすり洗いをします。

汚れの気になるものが少ない場合は一個ずつ掃除してもよいですが、まとめて掃除をすることもできます。
例えば、我が家では、お風呂後のお湯にクエン酸を入れて、浴槽に鏡(取り外しができるので)、洗面器、椅子を放り込み、漬け込み洗いをする時があります。
漬け込んでいる時は他の家事をします。
1、2時間後、少しこするだけでピカピカになり、時間も手間も一石二鳥。
合わせて浴槽掃除もすれば、明日の家事も少し楽になります。

 

まとめ

クエン酸を使った水垢掃除、参考になりましたか??

お風呂に限らず、水垢汚れにはクエン酸が効きます。
水道の蛇口などの水垢も試してみてくださいね。

ちなみに、重曹だとダメなのというご質問もあるようですが、
お風呂掃除の皮脂成分に対する汚れ(お風呂の残り湯の湯垢の汚れなど)には、重曹は効果的ですが、水垢は落とせません。

普段の掃除では、浴槽や床などを重曹水で磨いた後、水垢が気になる部分(蛇口、シャワーヘッド、鏡、椅子)などはクエン酸で磨くのがおすすめ。

ぜひ、試してみてくださいね。

【関連記事】
加湿器の掃除の仕方を徹底解説。正しいお手入れ方法と頻度とは?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました