いちみのまとメモ

なるべく毎日更新するまとメモ

二日酔いは絶対にしない!予防する薬と食べ物 飲んだあとにすることとは?

   

お酒を飲むことが多い時期。
二日酔いしないように対策を考えられている方は必見!

お酒を飲んだ次の日に後悔しない二日酔い予防方法をまとめました。
飲む前の予防が一番効果あり!是非是非、試してくださいね。

スポンサードリンク

二日酔い予防に効果のあると口コミで人気の薬は?

二日酔いを予防する前に飲む薬、栄養ドリンク類はたくさんありますね。
ですが、ぶっちゃけ、どれが一番効くのか気になるところ。

もちろん、個人差はありますが、口コミで「効果があった!」と人気のものを選びました。

二日酔いを予防におすすめの薬
・ハイチオールC
・ヘパリーゼ
・ノ・チカラ
・セキュリティーフィールベター
・黒丸
・ウコンの力

人気なのはハイチオールC。水商売の方が多数愛用しているそうです。飲む前(2〜30分前)に飲んだり、飲酒後すぐに飲んだり、また、飲み忘れて二日酔いで辛い時にも症状を緩和する効果があるので、常備しておくと便利です。
また、ヘパリーゼは高いキングが人気ノ・チカラも二日酔いで辛い時には効果が高いとの口コミが多数です。
セキュリティーフィールベターはドラッグストアやコンビニには売っていませんが、海外で二日酔防止ドリンクとして人気とのことで、試してみたい場合は事前にネットで購入しておくのが良いでしょう。
黒丸は二日酔いの症状を抑える成分が配合された薬ですが、予防のためにお酒を飲む前に飲んで効果を感じている人も多いそうです。
ウコンの力は二日酔の予防薬として人気ですが、効果があった人、なかった人の差が激しいです。
高いものは効いたけど、普通のはダメだったという人もウコンに効果を感じなかった人は、ヘパリーゼやノ・力を試す人が多いようです。二日酔い予防

二日酔い予防に効果のある食べ物は?

二日酔いしないためには、お酒の飲み方に気をつけるのも大事です。

二日酔いは急激にアルコールを吸収した場合に起こります。

お酒を飲む時は、空腹をさけアルコールの吸収速度をゆるめる食べ物を食べて、二日酔いを予防しましょう。

二日酔いを予防する食べ物
・肉類、魚類
・チーズ類
・ナッツ
・ゴマ
・柿
・梅干し
・柑橘類(レモン、グレープフルーツ)

脂肪分の高いものは、アルコールの吸収を遅らせます。
二日酔い予防として「飲む前に牛乳を飲む」も同じ理由からですが、牛乳よりも肉類などを摂取した方が脂肪分が高いのでアルコールの予防効果は高いです。
柿は飲む前に食べると二日酔い防止になります。
梅干しに含まれるクエン酸はアルコール分解の働きがあるため、こちらも効果的。
二日酔い防止のため、お酒も、焼酎の梅やレモン割り、グレープフルーツのチューハイなどを選ぶのはおすすめです。

何より一番悪いのは、空腹状態での飲酒。
二日酔いを予防したいのなら、つまみを食べながらゆっくりとお酒を飲みましょう。

スポンサードリンク

二日酔い予防にする飲んだ後にすることは?

飲む前の予防、飲んでいる最中にも予防、さらに、飲んだ後にも予防すれば、二日酔い予防はバッチリです。
(飲む前と飲んでいる最中の予防を忘れても、飲んだ後すぐの予防を忘れなければ、二日酔いになる可能性は下げられますよ)

二日酔い予防に飲んだ後にすることは
・二日酔いを予防する薬を飲む(ウコン、ヘパリーゼ、ハイチオールCなど)
・水分補給をたっぷりとする(スポーツドリンクなど)

基本は、飲む前のケアと同じことをして、水分をたっぷりと取ることです。
アルコールによる利尿作用で脱水を起こしやすいですし、アルコールの分解を促すためにも水分補給はたっぷりとしましょう。
(お酒だけ飲んで水分補給をしないと逆にむくみやすくなるので女性は要注意)
吸収率の良いスポーツドリンクがおすすめです。
また、アルコール分解効果のある緑茶やグレープフルーツジュースは利尿作用も高いので、コップ1杯程度にしておきましょう。水分補給としては水、スポーツドリンクが一番です。二日酔い予防

まとめ

いかがでしたか?
泥酔しちゃうと忘れちゃいますので、やはり飲む前にケアするのが一番かなと思います(笑)。

予防を忘れてしまって、二日酔いになってしまった場合は、こちらも参考にしてくださいね。

二日酔いのつらい頭痛に効く薬は?飲み物は何が良い?すぐ効く解消方法は?

スポンサードリンク

お酒はほどほどに楽しみましょう〜。

 - 生活howto ,